太田裕美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
太田 裕美
出生名 太田 弘美
生誕 (1955-01-20) 1955年1月20日(66歳)
出身地 日本の旗 日本 東京都荒川区
学歴 上野学園高等学校
ジャンル J-POP
職業 シンガーソングライター
担当楽器 ボーカル
ピアノ
ギター
活動期間 1973年 -
レーベル ソニー・ミュージック(1974年 - 2006年
Boundee(2009年 - )
事務所 ボイスアンドリズム
共同作業者 なごみーず
公式サイト 太田裕美 sony music

太田 裕美(おおた ひろみ、1955年1月20日 - )は、日本シンガーソングライター。本名・福岡 弘美(ふくおか ひろみ、旧姓:太田)。東京都荒川区出身で、埼玉県春日部市育ち。血液型はA型。夫は音楽プロデューサー・福岡智彦。2男あり。

経歴[編集]

東京都荒川区に出生。両親は愛知県名古屋市の出身[1]。父親はプラスティック関係の工場を経営[1]。3歳時に埼玉県春日部市に転居。幼少の頃から音楽が大好きだったという。8歳の夏にピアノを習い始めて同時期に初めて作曲。小学校時代はコーラス部に入っていた。

1967年4月、上野学園中学校音楽指導科声楽科入学。

1969年、中学3年の時に友人の代わりにスクールメイツオーディションを受け、合格する。受験理由は、大好きなザ・タイガースのジュリー(沢田研二)に会えるかもしれないと思ったため。これにより渡辺プロの東京音楽学院に入ることとなった[2]。同期生には、伊藤蘭田中好子(後のキャンディーズ)らがいた。

1972年(高校3年)の11月、NHKのテレビ番組『ステージ101』のレギュラーグループ「ヤング101」のオーディションを受け、「ショパンのワルツ」をひいて合格する。1973年1月から番組終了の1974年3月まで、ヤング101の一員として『ステージ101』に出演。同期メンバーには谷山浩子がいた。ヤング101時代の友人の姓名判断[3]芸名を本名の弘美から「裕美」へと変更した[3]

1973年12月、NETテレビのオーディション番組『あなたならOK!』に出て優勝。渡辺プロと新人養成契約を結び、西銀座のライブハウス「メイツ」でピアノ弾き語りを始める。

1974年11月1日に「雨だれ/白い季節」でデビュー。キャッチフレーズは「まごころ弾き語り」。デビュー初期はフォーク調で、ピアノ弾き語りの曲が多かった。1975年、日本レコード大賞、日本歌謡大賞等で新人賞を受賞。

1975年12月に3作目のアルバム『心が風邪をひいた日』からシングルカットされた「木綿のハンカチーフ」が大ヒット、翌1976年オリコンチャート4位を記録(1位は子門真人およげ!たいやきくん」)。なお、NHK紅白歌合戦には初登場の1976年から1980年まで、5年連続で出場。

1982年に歌手活動を一時休業、8か月間アメリカ合衆国ニューヨークに単身留学(「八番街西五十一丁目より」で第4回ニッポン放送青春文芸賞優秀賞を受賞)。帰国後には『ニューヨークなんて怖くない』を執筆。また帰国後はディレクターがデビュー時からの白川隆三から、後に夫となる福岡智彦に替わり、テクノポップ調の曲を多くリリースするようになった。このニューウエーブ系路線は、大村雅朗、「4人目のYMO」といわれた松武秀樹銀色夏生(山元みき子)、BaNaNa板倉文ホッピー神山岡野ハジメ杉林恭雄などがサポートしていた。

1984年1月20日(29歳の誕生日)、ディレクター兼プロデューサーの福岡智彦との交際を明らかにする。8月28日、婚約発表。

1985年1月26日、福岡智彦と結婚。1980年代後半からは遊佐未森らへの楽曲提供も行うようになった。

1988年1月発表の弦楽四重奏グループ・クロノス・カルテットのアルバム『冬は厳しく〜弦楽四重奏曲の諸相II』には、太田の朗読がフィーチャーされている。

1996年4月2日、ライブ活動を再開。1998年、ミニアルバム『魂のピリオド』をリリース。

2005年、親交があるミュージシャンAYUOとの連名でアルバム『RED MOON』を制作、ニューヨークのレーベル「ツァディク」から1月20日、50歳の誕生日にアメリカで発表。

2004年から太田、伊勢正三(元かぐや姫)、大野真澄(元ガロ)の3人でユニット「なごみーず」を組み、『アコースティック・ナイト』コンサートを開催している。

2016年8月1日、マネージャーの勇退により所属事務所“ボイスアンドリズム”を離脱[4]

2019年9月18日、乳がんの治療中であることを公表[5][6]

逸話[編集]

  • 実家は埼玉県春日部市で工場と寿司屋を経営していた。8時だョ!全員集合にゲスト出演した時は、たびたびその寿司屋の宣伝をしていかりや長介からツッコまれていた。
  • 中学校1年・四月頃に同級生に「太田さんの声って変だよね」と言われ「私の声は個性的」と認識するようになったと言う。
  • 「学園祭の女王」の異名をとった最初の歌手である。
  • 「木綿のハンカチーフ」は最大のヒット曲で代表曲であるが、“「木綿のハンカチーフ」の太田裕美”というイメージを人々が持ち続けることに複雑な気持ちを抱き続ける。だが、1996年に活動を本格的に再開してから、ファンが長年にわたって「木綿のハンカチーフ」に深い思い入れをもっていることを知り、心境が変化したという。
  • 漫画家秋本治は太田のファンであり、連載初期の『こちら葛飾区亀有公園前派出所』にて頻繁に太田に関するネタを登場させていた。とりわけ第4巻「亀有大合唱!?の巻」は太田のコンサート会場を物語の舞台としている。第3巻の巻末文[注 1]は太田が担当している。最近でも対談を行った。
  • 少女漫画『星の瞳のシルエット』(作:柊あおい)において、アルバム『Feelin' Summer』収録の「星がたり」が使われている。なお同漫画のイメージアルバムには「星がたり」原曲およびインストゥルメンタルバージョンが収録されている。
  • 吉田拓郎の1976年の自著によると、拓郎がよく飲んでいた原宿のパブ「ペニーレイン」の隣に「ライムライト」という居酒屋があり、そこへ太田が天地真理と一緒に来店したのを見たらしい。当時の太田と天地とは同じ事務所(渡辺プロダクション)の所属で、親交があった。
  • 男性的なさっぱりした性格だと言われる。酒豪という噂もあるが、本人は「皆でお酒を飲むときの楽しい雰囲気が好き」といい、決して大酒を飲むわけではないと語っている。
  • 2006年に放送されたテレビ番組では、「太田裕美は歌謡曲アイドル?)〜フォークフォークシンガー)の架け橋的存在」と自らを位置づけた。また2009年読売新聞のインタビューでも、「私とスタッフは歌謡曲とフォークの両方のいいところを、いいとこ取りじゃないんですけど、ちょうど中間点、真ん中の活動をしていこうと決めていました」と語っている。この路線は大ヒットを導き出した一方、アイドル系とフォーク系の仕事の両立を必要とし、活動は超多忙を極めた[7]
  • 渡辺プロダクションが、若者のニューミュージック指向を高めようと立ち上げたNON STOPプロジェクトの一員である(他のメンバーは、大塚博堂桑江知子山下久美子ルイスララ大沢誉志幸大上留利子他)。1970年代、渡辺プロ所属の歌手は、日本テレビ制作の一部番組には出演できない時期があったが、“NON STOP所属”の歌手ということで太田裕美だけは例外で、『TVジョッキー』『どっきりカメラ』などにも度々出演していた(読売テレビ等の系列局制作番組や前出の『TVジョッキー』等、井原高忠が関与していなかった番組にはNON STOPプロジェクト所属歌手以外でも出演できた)。
  • 結婚式の仲人は愛川欽也うつみ宮土理夫妻。少女のころ「花嫁人形」(蕗谷虹児作詞、杉山長谷夫作曲)を唄いながら涙ぐんでいたという。
  • THE ALFEE桜井賢生年月日が同一。太田とアルフィーは同じ年にレコードデビューしている。
  • キン肉マン』の主人公・キン肉スグルが、太田裕美ファンという設定である。
  • アルバム『TAMATEBAKO』(1984年)から『始まりは“まごころ”だった。』(2006年)まで、オリジナル・フルアルバムの発売には22年以上の間隔があった。その間も様々なベストアルバムの発売は相次いだため、「ベスト盤の女王」と自称した。
  • 2010年5月16日、松本隆作詞家生活40年記念コンサートに出演した際、「今の太田裕美があるのは松本隆のおかげ、今の松本隆があるのは太田裕美のおかげ」と冗談めかして発言した。
  • 2010年、自宅に太陽電池を設置。電力会社への売電契約に際して発電設備を「太田裕美発電所」と命名し、所長に就任した。
  • 2011年6月から2016年11月まで、福島県生まれの柴犬「小太郎」を飼っていた。その後、2018年4月から雑種の保護犬「十兵衛」を飼っている。

ディスコグラフィ[編集]

シングル[編集]

発売順 A面タイトル 発売日 作詞 作曲 編曲 備考
1 雨だれ 1974.11.01 松本隆 筒美京平 萩田光雄 デビュー曲。[注 2]
2 たんぽぽ 1975.04.21
3 夕焼け 1975.08.01
4 木綿のハンカチーフ 1975.12.21 筒美京平
萩田光雄
[注 3]
5 赤いハイヒール 1976.06.01 萩田光雄 [注 4]
6 最後の一葉 1976.09.21 [注 5]
7 しあわせ未満 1977.01.20 [注 6]
8 恋愛遊戯 1977.05.31
9 九月の雨 1977.09.01 筒美京平 [注 7]
10 恋人たちの100の偽り 1977.12.21 萩田光雄 [注 8]
11 失恋魔術師 1978.03.21 吉田拓郎 [注 9]
12 ドール 1978.07.01 筒美京平 筒美京平 [注 10]
13 振り向けばイエスタディ 1978.12.05 Jimmie Haskell [注 11]
14 青空の翳り 1979.04.21 来生えつこ 濱田金吾 大村雅朗
15 シングル・ガール 1979.07.21 阿木燿子 宇崎竜童 [注 12]
16 ガラスの世代 1979.10.21 ちあき哲也 太田裕美 萩田光雄 [注 13]
17 南風 - SOUTH WIND - 1980.03.21 網倉一也 網倉一也 [注 14]
18 黄昏海岸 1980.07.21
19 さらばシベリア鉄道 1980.11.21 松本隆 大瀧詠一 [注 15]
20 恋のハーフムーン 1981.03.21 大瀧詠一 [注 16]
21 君と歩いた青春 1981.08.26 伊勢正三 伊勢正三 萩田光雄
22 ロンリィ・ピーポーII 1983.06.22 下田逸郎 岡本一生
亀井登志夫
大村雅朗
23 満月の夜 君んちへ行ったよ 1983.11.21 山元みき子 太田裕美
24 青い実の瞳 1984.05.21
25 雨の音が聞こえる 1984.11.21 筒美京平 板倉文
BaNaNa
[注 17]
26 はじめてのラブレター 1993.05.21 太田裕美 近藤達郎 [注 18]
27 Virginから始めよう 1994.06.22 井上鑑 [注 19]
28 ファーストレディになろう 1996.03.21 奥山六九 GONTITI 羽毛田丈史 [注 20]
29 パパとあなたの影ぼうし 2001.05.23 こんのひとみ [注 21]
30 初恋 2009.04.22 太田裕美 伊勢正三 佐藤準 [注 22]
31 金平糖 2011.12.21 吉川正夫
太田裕美
松岡モトキ [注 23]

スタジオ・アルバム[編集]

  1. まごころ(1975年2月1日)
  2. 短編集(1975年6月21日)
  3. 心が風邪をひいた日(1975年12月5日)
  4. 手作りの画集(1976年6月21日)
  5. 12ページの詩集(1976年12月5日)
    • 12曲すべて作曲者が異なる。
  6. こけてぃっしゅ(1977年7月1日)
    • A面が"GIRL SIDE"、B面が"LADY SIDE"と称される。
  7. 背中あわせのランデブー(1978年2月25日)
    • A面はすべて吉田拓郎作曲、B面はすべて太田裕美作詞作曲であることがタイトルの由来。
    • 1977年12月発売予定だったが、本人の喉の調子が悪く、レコーディングと発売が延期された。
  8. ELEGANCE(1978年8月1日)
  9. 海が泣いている(1978年12月5日)
    • ロサンゼルスでレコーディングを行った。
  10. Feelin' Summer(1979年6月1日)
  11. Little Concert(1979年12月5日)
  12. 思い出を置く 君を置く(1980年7月1日)
  13. 十二月の旅人(1980年12月21日)
    • 当初は『海に降る雪』というタイトルを予定していた。急遽「さらばシベリア鉄道」を収録することになり、タイトルも変更された。
  14. ごきげんいかが(1981年8月1日)
  15. 君と歩いた青春(1981年12月21日)
    • 10曲すべて作詞者が異なる。「君と歩いた青春」以外は太田裕美自身の作曲。
    • 翌年の活動休止を控え、本人は「もしかしたら最後のアルバムになるかもしれない」と思っていた。
  16. Far East(1983年3月21日)
    • ニューヨーク滞在から帰国後初のアルバム。A面が"NY side"、B面が"Tokyo side"と称される。
  17. I do, You do(1983年10月1日)
    • 山元みき子を作詞に迎えたテクノポップ路線のアルバム。
  18. TAMATEBAKO(1984年6月21日)
    • 前作の世界をさらに深化させ独特の境地を開いた作品。
  19. 魂のピリオド(ミニアルバム)(1998年7月1日)
    • 松本隆・筒美京平コンビの楽曲を20年ぶりに歌う。
  20. 神様のいたずら(ミニアルバム)(1999年4月21日)
  21. CANDY(ミニアルバム)(1999年11月3日)
    • 松本隆作詞家活動30年記念作。
  22. 始まりは“まごころ”だった。(2006年11月22日)
    • 歌詞カードに隠しメッセージが仕込まれている。

ライブ・アルバム[編集]

  1. Hiromic World/First Live Album(1984年12月24日 東京郵便貯金ホールでのライブを収録、1985年2月25日発売)
  2. Your Sweet Songs Live 2000-2001(2001年、通販、ライブ会場のみで販売)

ベスト・アルバム(アナログ)[編集]

  1. 太田裕美ヒット全曲集(1975年11月1日)
  2. Best of Best 太田裕美のすべて(1976年6月1日)
  3. 太田裕美ヒット全曲集(1976年11月1日)
  4. 決定盤 太田裕美(1977年6月1日)
  5. ヒット全曲集/ヒロミ セレクション 太田裕美(1977年11月1日)
  6. THE BEST 太田裕美(1981年11月1日)
    • 同タイトルのCDと同じ内容

ベスト・アルバム(CD)[編集]

  1. THE BEST 太田裕美(1982年11月21日)
    • 同タイトルのLPと同じ内容
  2. 太田裕美ベスト・コレクション(1986年5月21日)
  3. GOLDEN J-POP/THE BEST 太田裕美(1997年11月21日)
    • ライナーノーツは本人執筆。
  4. 2000BEST 太田裕美(2000年5月24日)
    • 未発表曲「風信子(ヒヤシンス)」を収録。
  5. DREAM PRICE 1000 太田裕美 木綿のハンカチーフ(2001年10月11日)
  6. GOLDEN☆BEST 太田裕美 コンプリート・シングル・コレクション(2002年6月19日)
    • 2009年8月19日にBlu-spec CDフォーマット盤が初回完全生産限定で発売
    • 「木綿のハンカチーフ」オリジナルカラオケを収録。
  7. 太田裕美 Singles1974〜1978(2003年11月19日)
  8. 太田裕美 Singles1978〜2001(2004年3月10日)
  9. 太田裕美 ベスト・オブ・ベスト(2006年10月18日)
  10. 999BEST 太田裕美(2006年10月18日)
  11. 太田裕美 ベスト・オブ・ベスト(2008年7月1日)
    • 2006年の同タイトルとは収録曲も、発売元も異なる
  12. 太田裕美スーパー・ベスト(2009年11月24日)
  13. GOLDEN☆BEST 太田裕美(2011年6月29日)
    • のコピーは「ベスト盤の女王の最新ベスト!」

BOXセット[編集]

  1. 太田裕美の軌跡 〜First Quarter〜(25周年記念盤、6枚組。1999年4月21日発売)
  2. 太田裕美 GIFT BOX(4枚組。77曲収録。2006年11月10日発売)
  3. 太田裕美 オール・ソングス・コレクション(35周年記念盤、25枚組。2008年4月2日発売、2009年2月17日再発売、2010年9月21日アンコールプレス)

童謡アルバム[編集]

  1. どんじゃらほい(1992年4月1日)
    • EPICソニーでは異例の童謡アルバムだった。2004年8月4日に全曲カラオケ付きで『GOLDEN☆BEST 太田裕美 どんじゃらほい〜童謡コレクション』として再発売された。
  2. にほんのうた 第二集(オムニバスアルバム)(2008年7月23日)
    • 「みかんの花咲く丘」を歌う。

NHK みんなのうた[編集]

  1. あじさい
    • 作詞:小沢章友/作曲・編曲:三枝成章
    • 1977年6月-7月放送
    • 『太田裕美の軌跡 〜First Quarter〜』に収録
  2. 僕は君の涙
    • 作詞・作曲:太田裕美/編曲:羽毛田丈史
    • 1998年6月-7月放送
    • ミニアルバム『魂のピリオド』に収録
  3. パパとあなたの影ぼうし
    • 作詞・作曲:こんのひとみ/編曲:羽毛田丈史
    • 2001年4月-5月放送
    • シングル盤として発売
  4. 金平糖
    • 作詞:太田裕美/作曲:吉川正夫・太田裕美/編曲:松岡モトキ
    • 2011年12月-2012年1月放送
    • シングル盤として発売

コンピレーション・アルバム[編集]

  1. 『「いちご白書」をもう一度〜荒井由実作品集』(1997) 5曲目に「袋小路」が収録。
  2. 『シンガー・ソングライターからの贈り物 荒井由実作品集「いちご白書」をもう一度/卒業写真』(2004) 11曲目に「青い傘」が収録。

トリビュート・アルバム[編集]

  1. KUROちゃんをうたう(1998年9月18日)
    • 「Banana Spirit」で参加(西岡恭蔵とデュエット)
  2. 歌鬼2〜阿久悠vs.フォーク〜(2009年2月4日)
    • Disc1「友達よ泣くんじゃない」を歌う
    • Disc2(ラジオ番組「オールナイト・ニッポン」を模した構成)「木綿のハンカチーフ」について語る
  3. A LONG VACATION from Ladies(2009年11月4日)
    • 「FUN×4」で参加
    • 「散歩しない?」の声は大滝詠一
  4. カーペンターズ・フォーエバー(2010年1月13日)
    • 「イエスタディ・ワンスモア」で参加
  5. はっぴいえんどに捧ぐ+(2010年12月15日)
    • 「かくれんぼ」で参加
  6. 山口百恵トリビュート・セレクション(2012年10月3日)
    • 「曼珠沙華」で参加
  7. tutumikko(2014年4月2日)
    • 筒美京平作品のカバー集。デビュー40年記念盤。
  8. 風街であひませう(2015年6月24日)
    • 「外は白い雪の夜」ポエトリー・リーディングで参加
    • 松本隆作詞活動四十五周年トリビュート・アルバム
  9. THE PEANUTS TRIBUTE SONGS(2016年9月7日)
    • 「指輪のあとに」で参加(谷山浩子とデュエット)
  10. One Week(2017年11月8日)
    • 「土曜日の恋人」で参加
    • 女性の何気ない一週間を7曲で描いたオムニバスアルバム。全曲作詞:さくらももこ/作曲:来生たかお。
  11. 大瀧詠一作品集 Vol.3「夢で逢えたら」(1976-2018)(2018年3月21日)
    • 「夢で逢えたら」(1981年6月1日、新宿厚生年金会館でのライブ録音)で参加

他アーティストの作品への参加[編集]

  1. 大滝詠一『A LONG VACATION』(1981年3月21日)
    • 「FUN×4」の「散歩しない?」の声。
  2. オムニバス・アルバム『別天地』(1986年6月21日)
    • 板倉文「ルナチコ」にボーカルとして参加。
  3. 沢井一恵『目と目』(1987年)
    • 「八つのころに」「結婚の夜に」「四十のときに」「目と目」を歌う。
  4. ゴンチチ『マダムQの遺産』(1987年7月22日)
    • 「もう少し ここで」を歌う。
  5. クロノス・カルテット『冬は厳しく〜弦楽四重奏の諸相II』(1988年1月)
    • 「狂った果実」に朗読で参加。
  6. ゴンチチ 『Black Ant's Life』(1995年9月1日)
    • 「口笛ふいて」をチチ松村とデュエット。
    • ゴンチチのシングル「はじめてのシャンプー」(1995年9月1日)のカップリング曲としても収録。
  7. 真心ブラザーズ「この愛は始まってもいない」(2001年5月16日)
    • 表題曲コーラス。
  8. 名鉄リーオ「ありがとうを伝えて」(2004年)
  9. 宮川弾アンサンブル『pied-piper』(2006年10月25日)
    • 「bottles」を歌う。
  10. キンモクセイ『さくら』(2007年3月21日)
    • 「木綿のハンカチーフ」にちょっと変わった趣向で参加。
  11. こんのひとみ『保健室ものがたり』(2008年8月27日)
    • 「光の旅」「ママに会うため生まれてきたの」をこんのひとみとデュエット。
  12. 稲垣潤一『男と女 -TWO HEARTS TWO VOICES-』(2008年11月19日)
    • 「木綿のハンカチーフ」を稲垣潤一とデュエット。
  13. 南佳孝『Dear My Generation』(2018年9月26日)
    • 「トキメイテ」に参加。

スクール・メイツ[編集]

  1. 愛するハーモニー(アナログシングル盤)(1972年)
    • 作詞:長恭子/作曲:R.Davis, R.Greenaway, R.Cock, W.M.Backer/編曲:森岡賢一郎
    • B面「夜明けの海へ」
    • コカ・コーラCM曲。
  2. ベスト・オブ・スクールメイツ〜若いってすばらしい(CDベストアルバム)(2002年8月24日)

ステージ101[編集]

  1. ステージ101ベスト(2001年10月13日)
    • 「荷馬車にゆられて」(西玲子と。太田弘美名義)
  2. GOLDEN☆BEST/ステージ101 ヤング青春の日々(2003年3月19日)
    • 「この広い野原いっぱい」(塩見大治郎、ヤング101と)
    • 「ふたりの急行列車」(木下とも子ヤング101と)
    • 「あなた」(ヤング101と)

ライブ・ビデオ[編集]

  1. Hiromic World(1985年3月21日発売、レーザーディスク、VHS、ベータマックス)
    • 1984年12月24日、東京郵便貯金ホールでのライブを収録
    • 本人曰く「あまり見てほしくないですね。恥ずかしい」
  2. 超・海賊版ライブビデオ 太田裕美弾き語りNIGHT Version 2.O(通販、ライブ会場のみで販売、VHS)
  3. 海賊版ライブビデオ 太田裕美インチキ25周年前夜祭(通販、ライブ会場のみで販売、VHS)
    • 1998年10月29日、新宿ルミネホールACTでのライブを収録
    • 「インチキ」と称するのは、ニューヨーク滞在や育児のため活動休止していた時期もあることによる。
  4. 雨女の恩返し tutumikko 2014 LIVE(2014年8月20日発売、DVD)
    • 2014年3月21日の渋谷区文化総合センター公演、同年5月24日の京都市・呉竹文化センター公演を収録

ゲーム音楽[編集]

  1. 心のたからばこ(「チョコボレーシング 〜幻界へのロード〜」エンディング曲)
    • 作詞:時田貴司/作曲:伊藤賢治/編曲:浜口史郎
    • シングル「パパとあなたの影ぼうし」(2001年5月23日)カップリング曲

その他[編集]

  1. 風立ちぬ (CM Version)
    • 作詞:松本隆/作曲:大瀧詠一/編曲:三宅一徳
    • 大瀧詠一 Cover Book I-大瀧詠一カバー集Vol.1 (1978-2008) -(2010年3月21日)に収録
  2. ひとりじゃないの(feat. 石川ひとみ, 伊藤蘭, 太田裕美, 大島花子, 桑江知子, サエラ, ザ・リリーズ, ラヴァーズソウル, 広谷順子, 中尾ミエ, 松本明子, michiko, 山下久美子)
    • 作詞:小谷夏/作曲:森田公一/歌・演奏:Mプロジェクト
    • 東日本大震災復興支援チャリティーソング
    • 2011年5月25日ネット配信開始
    • オムニバスアルバム「みんなの声(うた)〜若いってすばらしい〜」(2013年4月17日)に収録(ネット配信版とは細部が異なる)
  3. 希望
    • 作詞・作曲:蓜島邦明
    • NHKドラマ「メイドインジャパン」(2013年)エンディング・テーマ(ドラマに登場する架空の大手電機メーカー「タクミ電機」の社歌)
    • テレビ60年記念ドラマ「メイドインジャパン」オリジナルサウンドトラック(2013年2月13日)に収録
  4. 恋のうた
    • 作詞:安田佑子/作曲:宮川彬良[8]
    • NHK連続テレビ小説「ひよっこ」挿入歌
    • 連続テレビ小説「ひよっこ」オリジナル・サウンドトラック2(2017年8月31日)に収録

他の歌手への提供曲[編集]

  1. 中山圭以子「そよ風のベンジー」(1976年7月21日)
    • 作詞:太田裕美/作曲・編曲:宮崎尚志
    • シングル盤として発売
    • 映画「ベンジー」日本語版主題歌
  2. 中山圭以子「アイ・ラブ・ティファニー」
    • 作詞:太田裕美/作曲・編曲:宮崎尚志
    • シングル「そよ風のベンジー」のB面
  3. ザ・リリーズ「春風の中でつかまえて」(1978年3月20日)
    • 作詞:佐田桂子/作曲:太田裕美/編曲:萩田光雄
    • シングル盤として発売、アルバム『思春記』(1978年4月5日)に収録
  4. ザ・リリーズ「ひとりごと」
    • 作詞・作曲:太田裕美/編曲:萩田光雄
  5. ザ・リリーズ「夏の日の恋」
    • 作詞・作曲:太田裕美/編曲:萩田光雄
  6. ザ・リリーズ「高所恐怖症」
    • 作詞:佐田桂子/作曲:太田裕美/編曲:萩田光雄
    • 上記3曲はアルバム『思春記』(1978年4月5日)に収録
  7. アグネス・チャン「シャツとパンツ」
    • 作詞:よこすか未美/作曲:太田裕美
  8. アグネス・チャン「しゃれた気分で」
    • 作詞:麻丘めぐみ/作曲:太田裕美
    • 上記2曲はアルバム『小さな質問』(1983年2月21日)に収録。
  9. 桑名将大「Groovy Night」
    • 作詞:リリィ/作曲:太田裕美/編曲:Masahiro Kuwana & His Friends/ストリング・アレンジ:小島良喜
  10. 桑名将大「Destiny」
    • 作詞・作曲:太田裕美/編曲:Masahiro Kuwana & His Friends
    • 上記2曲はアルバム『WOMANIAC』(1983年3月24日)に収録
  11. ヒップ・アップ「尼寺慕情」
    • 作詞:菅原武彦/作曲:大福敏太/編曲:森岡賢一郎
    • 作曲の「大福敏太」は太田裕美のペンネーム
    • シングル「可愛いひとよ」(1983年8月)のB面
    • ヒップ・アップのメンバー川上泰生がソロで「尼寺慕情」を歌ったシングル盤もある。
  12. 高見知佳「満月の夜 君んちへ行ったよ」
    • 作詞:山本みき子/作曲:太田裕美/編曲:中村哲
    • シングル「怒濤の恋愛」(1985年6月21日)のB面
  13. 小幡洋子「銀の砂」
    • 作詞・作曲:太田裕美/編曲:国吉良一
    • アルバム『PEARL ISLAND』(1985年12月21日)に収録
  14. キリング・タイム「ルナチコ」
    • 作詞:太田裕美/作曲・編曲:板倉文
    • アルバム『別天地』(1986年6月21日)に収録
  15. 小幡洋子「WANNA BE」
    • 作詞・作曲:太田裕美/編曲:佐藤宣彦
    • アルバム『B・I・S・H・O・N・U・R・E YOCO』(1986年6月25日)に収録
  16. ポピンズ「リップ・スキャンダル」
    • 作詞:及川眠子/作曲:太田裕美/編曲:戸塚修
    • アルバム『ランデヴー』(1986年8月27日)に収録
  17. 島田奈美 「眠れる空のVENUS」
    • 作詞・作曲:太田裕美/編曲:山本健司
    • アルバム『Prologue』(1987年7月21日)に収録
  18. 遊佐未森「花ざんげ」
    • 作詞・作曲:太田裕美/編曲:成田忍
    • シングル「瞳水晶」(1988年4月1日)のB面、アルバム『瞳水晶』(1988年4月1日)に収録
  19. 遊佐未森「夢のひと」
    • 作詞・作曲:太田裕美/編曲:外間隆史・遠山淳・遊佐未森
    • アルバム『空耳の丘』(1988年10月21日)に収録
  20. 遊佐未森「空色の帽子」
    • 作詞:工藤順子/作曲:太田裕美/編曲:外間隆史・中原信雄
    • アルバム『ハルモニオデオン』(1989年9月21日)に収録
  21. 松下里美「Telephone Boy」
    • 作詞:太田裕美/作曲:伊秩弘将/編曲:中村哲
  22. 松下里美 「GOOD-BYE GIRL」
    • 作詞:太田裕美/作曲:伊秩弘将/編曲:西本明
    • 上記2曲はアルバム『月に願いを』(1990年8月29日)に収録
  23. こんのひとみ「光の旅」
    • 作詞・作曲:太田裕美・こんのひとみ/編曲:岩田雅之
    • アルバム『保健室ものがたり』(2008年8月27日)に収録
  24. 伊藤銀次「星降る夜に」
    • 作詞:太田裕美/作曲:伊藤銀次
    • アルバム『MAGIC TIME』(2017年10月25日)に収録
  25. 庄野真代「希望のうた」
    • 作詞:太田裕美/作曲:庄野真代/編曲:坂本洋
    • アルバム『66』(2020年7月22日)に収録

出演歴[編集]

テレビ[編集]

NHK紅白歌合戦出場歴[編集]

年度/放送回 曲目 出演順 対戦相手
1976年(昭和51年)/ 第27回 木綿のハンカチーフ 05/24 新沼謙治(1)
1977年(昭和52年)/ 第28回 2 九月の雨 03/24 新沼謙治(2)
1978年(昭和53年)/ 第29回 3 ドール 15/24 内山田洋とクール・ファイブ
1979年(昭和54年)/ 第30回 4 シングル・ガール 03/23 新沼謙治(3)
1980年(昭和55年)/ 第31回 5 南風 - SOUTH WIND - 11/23 新沼謙治(4)
  • 備考として正式な出場回数には含まれないが、歌手デビュー前の1972年 第23回時に、上條恒彦「出発の歌」歌唱時のバックコーラス(「ヤング101」の一員として)を務める形で出演した。

ドラマ[編集]

その他の番組・ゲスト出演[編集]

ラジオ[編集]

  • 1975年4月-1979年3月 ヤングタウン東京(TBSラジオ
  • 1975年12月-1976年4月 ラジオジャック7PM(ニッポン放送
  • 1976年4月-10月 太田裕美のくるくるジョッキー(ニッポン放送)
  • 1976年4月-10月 裕美と明のヒットヒットで大熱戦(ニッポン放送)※プロ野球中継休止時のみ放送
  • 1976年10月-1977年3月 人気爆発!土曜の夜はフォーク電リク(ニッポン放送)
  • 1976年7月-1977年3月 善行け土曜日(文化放送
  • 1977年4月-9月 太田裕美のゴロゴロサタデー(ニッポン放送)
  • 1977年10月-1979年6月 ミュージックフレンドショップ(ニッポン放送)
  • 1977年10月-1978年3月 オコちゃんとデート(日本短波放送
  • 1978年4月-1980年3月 ミュージック・アラカルト(日本短波放送)
  • 1978年4月-1981年3月 太田裕美の公園通り一丁目(渡辺音楽出版)ローカル各局
  • 1980年10月-1981年3月 アンと裕美の翔んでるジョッキー(文化放送)
  • 1981年4月-1981年12月 裕美、ダンシングの翔んでるジョッキー(文化放送)
  • 1981年4月-12月 ヒデキと裕美のサンデーワイワイ広場(文化放送)
  • 1996年10月-1997年3月 太田裕美の電リク 歌のデリバリー(RFラジオ日本
  • 2003年10月-2005年3月 野村邦丸のごきげん!二重丸◎ 木曜日パートナー(文化放送)
  • 2005年4月-2008年3月 ミュージックプラザNHK-FM放送・金曜日第2部)
  • 2007年4月-9月 太田裕美のおいしい噂(文化放送)

CM[編集]

CM出演[編集]

CMナレーション、挿入歌[編集]

映画[編集]

映画 挿入歌など[編集]

  • 2002年「DRIVE」(SUBU監督作品。主演・堤真一)に挿入歌として『袋小路』が使われる。一般社団法人日本映画製作者連盟のホームページでは『袋小路』主題歌/挿入歌とされている。

コンサート活動[編集]

全国縦断夕焼けミニミニコンサートツアー 1975年

まごころこんさあと
  • まごころこんさあとI 1975年6月14日 青山タワーホール
  • まごころこんさあとII 1975年10月25日 九段会館大ホール
  • まごころこんさあとIII 1976年4月18,19日 新宿紀伊国屋ホール
  • まごころこんさあとIV 〜青春の1ページに〜 1976年12月24日 中野サンプラザ
  • まごころこんさあとV 〜今青春のとき〜 1977年3月23〜28日 六本木俳優座
  • まごころこんさあとVI 1977年12月1日 大阪厚生年金ホール, 15日 中野サンプラザ, 23日 名古屋市民会館
  • まごころこんさあとVII 1978年12月15日 中野サンプラザ, 21日 名古屋市民会館, 23日 大阪厚生年金会館
  • まごころこんさあとVIII 1979年12月16日 名古屋・名古屋市民会館, 21日 東京・郵便貯金ホール
  • まごころこんさあとIX 1980年12月15日 東京郵便貯金ホール, 20日 名古屋厚生年金会館, 21日 京都会館第2ホール, 22日 大阪毎日ホール
  • まごころこんさあとX 1981年12月15日 大阪毎日ホール, 17日 東京郵便貯金ホール, 21日 京都会館, 23日 愛知勤労会館

ひな祭りコンサート 毎年3月3日開催

  • 青山タワーホール 1976年
  • 中野サンプラザ 1977年〜1981年
  • 渋谷公会堂 1983年
梅田コマ8月公演
想い出を置く、君を置く
裕美ライフ・ディスコグラフィティー149曲、1980年6月4日〜10日、銀座博品館劇場
7日間の公演で、当時の持ち歌をすべて歌った。
  • PART1 モノ・ミュージカル
  • PART2 光の展覧会
  • PART3 裕美の詩集
  • PART4 シングル・パレード
  • PART5 裕美とあなたと青春談義
  • PART6 マスター・サウンド
  • PART7 想い出を置く、君を置く
Birthday Dream
  • 東京郵便貯金会館 1983年1月20日

娘心はハッピーコンサート 1983年4月〜(22か所)

HIROMIC WORLD I1983年

  • 名古屋勤労会館 12月5日
  • 東京郵便貯金会館 12月18日
  • 大阪厚生年金会館 12月23日
  • 京都会館第2ホール 12月25日

HIROMIC WORLD II 1984年〜1985年

  • 名古屋勤労会館 11月28日
  • 福岡都久志会館 12月3日
  • 大阪毎日ホール 12月4日
  • 金沢市文化ホール 12月6日
  • 京都勤労会館 12月7日
  • 岡山文化ホール 12月10日
  • 高知RKCホール 12月12日
  • 山形県民会館 12月20日
  • 仙台市民会館 12月21日
  • 東京郵便貯金会館 12月24日
First Quarter
My Sweet Songs
雨女の逆襲
始まりは“まごころ”だった

著書・関連著書[編集]

  • 1976年 『まごころ』(ペップ出版
  • 1978年 『まごころパート2 背中あわせのランデブー』(ペップ出版)
  • 1983年 八番街西五十一丁目より(「第四回ニッポン放送青春文芸賞受賞作品集」に収録)(サンケイ出版)
  • 1983年 『ニューヨークなんて怖くない』(写真: 浅井慎平)(シンコー出版)
  • 2000年『太田裕美白書』(PARCO出版)

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 当時のジャンプコミックスレーベルにあった漫画家や文化人による寄稿文。
  2. ^ 第17回日本レコード大賞新人賞受賞曲。当初は「白い季節」がA面候補だったという。
  3. ^ 歴代シングルNo.1の子門真人「およげ!たいやきくん」にはばまれ第1位獲得ならなかったが、85万枚を超すセールスを記録、太田の最大のヒット曲となる。1976年第27回NHK紅白歌合戦出場曲。
  4. ^ 山口百恵の最大のヒット曲「横須賀ストーリー」に阻まれ、最高順位はまたしても2位。お蔵入りとなった別バージョンが存在する(『太田裕美の軌跡 〜First Quarter〜』に収録)。
  5. ^ 映画「車椅子の青春」制作チャリティー・レコード。
  6. ^ 22歳の誕生日に特例でリリース。本来は21日に発売予定だった。
  7. ^ シングルレコードでは最後のBEST10入り。1977年第28回NHK紅白歌合戦出場曲。
  8. ^ 多くのベスト盤で、編曲者名が筒美京平と誤記されている。お蔵入りとなった別バージョンが存在する(『太田裕美の軌跡 〜First Quarter〜』に収録)。
  9. ^ お蔵入りとなった別バージョンが存在する(『太田裕美の軌跡 〜First Quarter〜』に収録)。
  10. ^ 1978年第29回NHK紅白歌合戦出場曲。B面の「やあ!カモメ」はTBS系テレビドラマ「やあ!カモメ」主題歌。
  11. ^ イントロのギターはリー・リトナーである。当初は「雪待夜」という曲(『太田裕美の軌跡 〜First Quarter〜』に収録)が発売される予定であった。
  12. ^ 1979年第30回NHK紅白歌合戦出場曲。
  13. ^ シングルA面では初めての自作曲。
  14. ^ キリンオレンジエードCM曲。「九月の雨」以来のヒット。1980年第31回NHK紅白歌合戦出場曲。
  15. ^ その後(1981年3月21日発売のLPA LONG VACATION』)で、大滝詠一セルフカバーした。
  16. ^ ストリングス・アレンジ:松任谷正隆。上記『A LONG VACATION』と同一日に発売。
  17. ^ デビュー10周年記念12インチシングル盤。結婚休業前最後の新曲。
  18. ^ 福武書店「進研ゼミ/小学講座」CM曲。
  19. ^ 日本テレビ系キャンペーンソング'94。
  20. ^ 作詞の奥山六九とは夫・福岡智彦の変名。'96メナードレディイメージソング。
  21. ^ NHKみんなのうた』放送曲(2001年4月 - 5月)。
  22. ^ NHK『ラジオ深夜便深夜便の歌タイアップソング(2009年4月 - 6月)。
  23. ^ c/w「心はいつも日本晴れ」「金平糖(カラオケ)」「心はいつも日本晴れ(カラオケ)」。NHK『みんなのうた』放送曲(2011年12月 - 2012年1月)。

出典[編集]

  1. ^ a b 「爆笑シリーズ カネやんの秘球くい込みインタビュー 第四回ゲスト 太田裕美」『週刊ポスト』1979年6月1日号、小学館、 62-66頁。
  2. ^ 食卓ON楽 - 広島エフエム放送 2011年3月4日
  3. ^ a b 「スターの芸名はどうして作られたの 芸名をつけたエピソード」『近代映画』1976年10月号、近代映画社、 168頁。
  4. ^ ご報告。”. 太田裕美オフィシャルブログ「水彩画の日々」 (2016年8月1日). 2019年9月18日閲覧。
  5. ^ “太田裕美、乳がん闘病を公表 7月に手術、8月から抗がん剤治療 45周年イベント控え休養とらず”. ORICON NEWS (oricon ME). (2019年9月18日). https://www.oricon.co.jp/news/2144695/full/ 2019年9月18日閲覧。 
  6. ^ 大切な報告”. 太田裕美オフィシャルブログ「水彩画の日々」 (2019年9月18日). 2019年9月18日閲覧。
  7. ^ 歌謡曲とフォークの架け橋めざして〜太田裕美さん(1)”. YOMIURI ONLINE. 新おとな総研 (2009年5月20日). 2009年5月24日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2009年5月20日閲覧。
  8. ^ 太田裕美、『ひよっこ』で“恋のうた”歌う 終盤の見どころはズバリ「恋」”. ORICON NEWS (2017年8月24日). 2017年8月29日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]