切り紙アニメーション

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
切り紙アニメーションのサンプル(イギリス国立メディア博物館製作)

切り紙アニメーション(きりかみアニメーション)とは、、カード、写真を切って作ったキャラクター、プロップ、背景を使うストップモーション・アニメーションのこと。切り絵アニメーション(きりえアニメーション)、カットアウトアニメーションCutout animation)とも呼ばれる。ユーリ・ノルシュテインがその代表的作家である。

現在では、『サウスパーク』のように、物理的に紙などを切り取るのではなく、スキャンした画像、あるいはベクタグラフィックスコンピュータで処理して作ることも多い。

代表的作品[編集]

映画[編集]

テレビ[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 劇画アニメーションの造語。劇画タッチの切り絵に特殊効果を加えた手法。

出典[編集]

  1. ^ a b c d こども映画館 スクリーンで見る日本アニメーション!(高知県立美術館)
  2. ^ 大藤信郎について -短い評伝-(公益社団法人 映像文化製作者連盟)
  3. ^ Malbus Moma (2015-11-25), Terry Gilliam explains Monty Python animations, https://www.youtube.com/watch?v=SQ7JTB2CaN0 2019年7月23日閲覧。