出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

(ぬの)とは多数の繊維を薄く広い板状に加工したものを指す。作り方によって織物編み物メリヤス生地)、レースフェルト不織布に分けられ、使用している繊維の種類、織り方、編み方により性質が決まる。古代日本では植物繊維で作られた物のみを指し、絹織物毛織物は「布」とは呼ばれていなかったが、現在は繊維の材質に関わらず布と呼ぶ。衣類装飾などに使用される。歴史上では、貴重な材質の布は、一種の貨幣としても流通した。

歴史[編集]

中国では2200年前の西周にはすでに簡単な織り機が生まれていたとされ、これを使って布が作られた。前漢馬王堆王墓湖南省)からも布や、特に布に書かれた書物である帛書が出土しており、現地で展示されている。

古代中国では税源として布を使ってきた。日本でも飛鳥時代の『大宝律令』において租庸調が定められ、調として布を納めた。この制度は、調布市の地名の由来ともなっている。当時の日本ではは別格のものとされていたため、布の概念には含まれておらず、『大宝律令』でも絹と布は分けて書かれている。また、毛織物木綿も当時の日本では生産されていなかった。従って当時の「布」はなどで作られたものだけを指していた。

代の中国では、各種の綿糸加工器具や織り機が改良され、綿布の加工技術が向上した。特に烏泥涇鎮(現上海市)の黄道婆は紡ぎ車などを改良して高度な織物を織ったと伝えられ、「棉聖」とも称される。

江戸時代琉球王国では人頭税として宮古上布を納めていた。

製造・加工[編集]

布は糸から作られる。従って布を作るにはまず糸を入手する必要があり、古代には糸を作るところから作業が始まる。糸の材料から糸を作るには紡ぐということが行われる。こうしてできた糸を縦横に組み合わせてゆくことを織るという。そのために布のことを織物ということもある。この作業をするための機械を(はた)という。これを使って布を作るのを機織りというので、その機械を機織機ということもある。

このような布は平らで単なる長方形なので、そのままでは使用目的は制限される。たとえば衣服とするにはそのまま巻き付けても良いが、切り離してつなぎ合わせることも可能である。糸を使って布同士をつなぎ合わせるのを縫う(裁縫)という。これはまた、布製品が破れたときなどに修理するための方法でもある。

分類[編集]

編物組織[編集]

織物組織[編集]

基本[編集]

薄手[編集]

厚手[編集]

和物[編集]

その他[編集]

原糸[編集]

比喩[編集]

  • 「布」という言葉は、平らであることを表す建築用語として使われる。
  • 中国語圏では、じゃんけんの「パー」を「」と呼ぶ[1]。「グー」と「チョキ」は「石頭」と「剪刀」で、パーのみが日本や英語圏の「」と意味が異なる。

関連項目[編集]

出典[編集]