サウスパーク/無修正映画版

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
サウスパーク/無修正映画版
South Park:
Bigger, Longer & Uncut
監督 トレイ・パーカー
脚本 トレイ・パーカー
マット・ストーン
パム・ブラディ
製作 トレイ・パーカー
マット・ストーン
製作総指揮 アダム・シュローダー
スコット・ルーディン
音楽 マーク・シャイマン
編集 ジョン・ヴェンゾン
製作会社 コメディ・セントラル
配給 アメリカ合衆国の旗カナダの旗 パラマウント映画
日本の旗 KUZUIエンタープライズ
公開 アメリカ合衆国の旗カナダの旗 1999年6月30日
日本の旗 2000年8月12日
上映時間 81分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $21,000,000[1]
興行収入 $83,137,603[1]
テンプレートを表示

サウスパーク/無修正映画版』(サウスパーク むしゅうせいえいがばん、South Park: Bigger, Longer & Uncut)は、1999年アメリカアニメ映画。アメリカの人気テレビアニメシリーズ『サウスパーク』の初となる劇場版作品である。

概要[編集]

全編ディズニー風のミュージカルで構成されており、『ブレイム・カナダ』(トレイ・パーカーおよびマーク・シャイマン作曲)は1999年のアカデミー歌曲賞にノミネートされたほか、『アンクル・ファッカー』がMTVムービー・アワードの最優秀楽曲賞を受賞した。

ヴェロニカ・マーズ』第1シーズン、第1話においても、(本筋には無関係だが)言及される。

ストーリー[編集]

アメリカの田舎町「サウスパーク」に住む子供たちは、カナダ下ネタ漫才コンビ「テレンス&フィリップ」が大好き。テレンス&フィリップ主演の映画を見たスタンら4人は汚い言葉に染まっていく。そのことに怒ったサウスパークPTAはカナダに猛抗議。抗議運動は全米に広がり、さらには米加の全面戦争に発展する。テレンス&フィリップは戦犯として捕らえられ、公開処刑されることに。それに対して子供たちはレジスタンスを結成し、テレンス&フィリップの救出を計画する。はたして子供たちはテレンス&フィリップを救えるのか。一方地獄では、サッダーム・フセインがサタンを愛人にし、地上の征服を目論んでいた…。

キャスト[編集]

役名 原語版声優 日本語吹き替え
スタン・マーシュ トレイ・パーカー 植田有紀
カイル・ブロフロフスキー マット・ストーン 楠見薫
エリック・カートマン トレイ・パーカー 柳原哲也アメリカザリガニ
ケニー・マコーミック マット・ストーン / マイク・ジャッジ 片山淳子
ランディ・マーシュ トレイ・パーカー 木下隆行TKO
シーラ・ブロフロフスキー メアリー・ケイ・バーグマン 岡田美子
リアン・カートマン 山元はとみ
ハーバート・ギャリソン先生 トレイ・パーカー 谷省吾
ジェローム・シェフ・マッケロイ アイザック・ヘイズ 平井善之(アメリカザリガニ)
マッケイさん トレイ・パーカー 西山隆詞
(歌部分:宮内良
クライド・ドノヴァン 平井善之(アメリカザリガニ)
ジンボ・カーン マット・ストーン 小野坂昌也
ビッグ・ゲイ・アル 長島雄一
(歌部分:宮内良)
サタン トレイ・パーカー 木下隆之(TKO)
サッダーム・フセイン マット・ストーン(「Yourself」表記) 田村勤
テレンス 石野敦士Over Drive
フィリップ トレイ・パーカー 緒方雅史(Over Drive)
グレゴリー マット・ストーン 林真也
クリストフ / モール 田中一成
コナン・オブライエン ブレント・スパイナー 小山力也
ウィノナ・ライダー トディー・E・ウォルターズ 高乃麗
ボールドウィン兄弟 デイヴ・フォーリー 小山力也
飛田展男
カナダ大使 マット・ストーン 木本武宏
ゴーシュ医師 ジョージ・クルーニー 小山力也
トム マット・ストーン 飛田展男
ブルック・シールズ トディー・E・ウォルターズ 高乃麗

スタッフ[編集]

日本語版[編集]

配給[編集]

日本では、テレビシリーズに引き続きKUZUIエンタープライズの配給で2000年8月12日に東京プレミアとしてリリースされた。公開時はテレビシリーズの吹替版の監修を担当した桑原あつしによる字幕版のみだった。2001年7月6日ワーナー・ホーム・ビデオ(現:ワーナー・ブラザース ホームエンターテイメント)からソフトが発売された際に吹替版が制作されたが、声優はWOWOW放送版とは異なり、松竹芸能所属の芸人が担当し、セリフも大阪弁になっている。日本のワーナー・ブラザースにより、大阪弁の方が下ネタが緩和されるとの理由で変更されたという[2]

その後、日本での配給を担当していたKUZUIエンタープライズは、2005年に倒産したため、本作における日本での配給権のみ、KUZUIエンタープライズからワーナー・ブラザース映画へ戻されたが、2019年秋から2020年春にかけて配信されたシーズン15〜22までのNetflix配信版の日本語吹き替えが制作・配信され、以降のシリーズの配信も予定されている時の吹替製作は、バイアコム・ネットワークス・ジャパン東北新社が担当しているため、本作における日本での配給権をワーナー・ブラザース映画から東和ピクチャーズへ、日本での映像ソフトの販売権をワーナー・ブラザース ホームエンターテイメントからNBCユニバーサル・エンターテイメントジャパンへそれぞれ移行する役割分担が行われている。2020年1月16日、ワーナー・ブラザースとユニバーサル・ピクチャーズが北米でのソフト販売と流通事業を統合することを発表。同時に両社での国際ライセンス契約締結に伴い、2020年10月9日より、ワーナー・ブラザース作品の販売権をNBCユニバーサル・エンターテイメントジャパンに移行したため[3][注 2]、本作における日本での共同提供は、NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン、ワーナー ブラザース ジャパン、バイアコム・ネットワークス・ジャパンが担当することになった。

制作スタッフ[編集]

  • 関西弁企画制作:鹿児島光俊
  • 制作協力:松竹芸能/遊気舎
  • プロデューサー:尾谷アイコ(ワーナー・ホーム・ビデオ)
  • 演出:岩浪美和
  • 翻訳:原口真由美
  • 音楽演出:亀川浩未(C・オーグメント)
  • 録音・調整:白井康之(プロセンスタジオ)/伊藤隆文(音響ハウス
  • 制作担当:相原正之/米屋林太郎(プロセンスタジオ)
  • 日本語版制作:ワーナー・ホーム・ビデオ/プロセンスタジオ

挿入歌[編集]

  • 『マウンテン・タウン(Mountain Town)』 – (歌:スタン、ケニー、カイル、カートマン、シャロン&シーラ・ブロフロフスキー)
  • 『アンクル・ファッカー(Uncle Fucka)』 – (歌:テレンス&フィリップ)
  • 『ウェンディの歌(Wendy's song)』 – (歌:スタン)
  • 『イッツ・イージー・ンケーイ(It's Easy, M'kay)』 – (歌:ミスター・マッケイ、スタン、カートマン、カイル、ウェンディ&グレゴリー)
  • ブレイム・カナダBlame Canada)』 – (歌:シーラ・ブロフロフスキー、シャロン、リーアン&ミス・マコーミック)
  • 『カイルのママはビッチ(Kyle's Mom is a Big Fat Bitch)』 – (歌:カートマン&マーク)
    • TVシーズン1の「おしゃべりウンチのMr.ハンキー」でも歌われた曲。
  • 『ブライアン・ボイターノならどうする?(What Would Brian Boitano Do?)』 – (歌:スタン、カイル&カートマン)
  • 『アップ・ゼア(Up There)』 – (歌:サタン・ザ・ダーク・プリンス))
  • 『レジスタンス(メドレー)(La Resistance (Medley))』 – (歌:グレゴリー(ハワード・マクギリン)&サウスパークの人々)
  • 『アイズ・オブ・チャイルド(Eyes of a Child)』 – (歌:マイケル・マクドナルド
  • 『アイ・キャン・チェンジ(I Can Change)』 – (歌:サダム・フセイン)
  • 『アイム・スーパー(I'm Super)』 – (歌:ビッグゲイ・アル)
  • 『マウンテンタウン(リプライズ)(Mountain Town (Reprise) )』 – (歌:サウスパークの人々)
  • 『ブライアンボイターノならどうする?(パート2)』 – (歌:D.V.D.A

受賞とノミネート[編集]

映画祭・賞 部門 候補 結果
アカデミー賞 歌曲賞 「ブレイム・カナダ」
トレイ・パーカー、マーク・シャイマン
ノミネート
ニューヨーク映画批評家協会賞 アニメ映画賞 - 受賞
ロサンゼルス映画批評家協会賞 音楽賞 トレイ・パーカー、マーク・シャイマン 受賞
MTVムービー・アワード 音楽シーン賞 「アンクル・ファッカー」
トレイ・パーカー、マット・ストーン
受賞

[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 1983年から1986年までにかけてワーナーミュージック・ジャパン(旧ワーナー・パイオニア)とワーナー・ホーム・ビデオ(初代)が発売元を担当していた以来となる。
  2. ^ 2020年10月9日以降、発売元のみ当社が、販売はNBCユニバーサルが手掛ける。販売継続と共にワーナー作品で国内アニメ作品を含む初の社名表記となる[注 1]

出典[編集]

  1. ^ a b South Park: Bigger, Longer & Uncut (1999)” (英語). Box Office Mojo. 2010年11月26日閲覧。
  2. ^ ワーナー・ブラザース 2001年上半期ビデオカタログより
  3. ^ ワーナーとユニバーサルがディスク流通事業統合。北米で合弁会社設立へ”. AV Watch (2020年1月16日). 2020年5月5日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]