ロトスコープ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ロトスコープrotoscope)はアニメーション手法、もしくはVFX手法のひとつ。「ロト」と略すこともあり、「ロトする」などとも言う。

ロトスコープ(アニメーション)[編集]

モデルの動きをカメラで撮影し、それをトレースしてアニメーションにする手法。マックス・フライシャーにより考案され、短編アニメーション映画『インク壺の外へ』(1919年)で初めて商業作品に使用された。

1934年にフライシャースタジオが所有していたロトスコープの特許の独占権の期限が切れ、他の会社でもロトスコープの使用が見られるようになった[1]ディズニーアニメーション映画白雪姫』(1937年)、ラルフ・バクシアニメーション映画ロード・オブ・ザ・リング 指輪物語』(1978年)などが有名である。ワーナー・ブラザースルーニー・テューンズメリー・メロディーズでも時折使用され、1939年に公開されたメトロ・ゴールドウィン・メイヤー製作のカートゥーンPetunia Natural Parkでは登場人物であるThe Captain and the Kidsに対してロトスコープが使用された。また『スター・ウォーズ』シリーズに登場するライトセーバーの光刃も、俳優の持つダミーの棒をトレースして描画している。

ロトスコープは未熟なアニメーターでもリアリティのある動画制作を可能にするものとして当初は考案された。しかしフライシャーはむしろ、実写をなぞることでできあがる動きの奇妙さ(単純化を行なうアニメーションにそぐわないリアリティの創出)に注目し、その物珍しさを興行的な売りとすることとなった[2]

一方、ディズニーは逐語的に映像をなぞるのではなく、トレース箇所を選択することにより、キャラクターの動きにリアリティを付与する方向を選んだ(『白雪姫』、1937)。中国やソ連の国営スタジオにおいても、ディズニーの影響から、同様の技法が用いられるようになる[2]

ロトスコープは歴史的に議論の的となっており、実写を用いるがゆえに純粋なる運動の創造ではないという批判をつねに浴びてきた(ラルフ・バクシの実践など)[2]。撮影の手間と機材の用意を考慮すれば、非常に贅沢な制作方法と言えるが、近年はデジタルアニメの技術向上などにより、インディーズのアニメにも時折使用される。

ロトスコープ(VFX)[編集]

映像を合成する手段のひとつで、撮影した映像の一部を切り取ること。ブルーバックとは対照的に、人物と背景を同時に撮影してその間に別の映像を合成する場合、人物と背景を分離する必要があるため、使用される。多くの場合、ひとコマごとに動く物体の輪郭をトレースするので手間が掛かるが、SFX映画を作る上で頻繁に使用されている。この作業を「マスクを作成する」「マスクを切る」という呼び方をするのも一般的である。

出典[編集]

  1. ^ "Reviving an ancient art" The Times (London), August 5, 2006, FEATURES; The Knowledge; Pg. 10. Weblink, see bottom of page
  2. ^ a b c ロトスコープ | 現代美術用語辞典ver.2.0 artscape 2015年10月1日号