ライトセーバー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
作中に出る4色のライトセーバーのイメージ3D

ライトセーバーLightsaber)は、アメリカ映画『スター・ウォーズ』シリーズで、主にジェダイの騎士シスの暗黒卿が用いる架空の武器。かつては「ライトサーベル[注釈 1]」や、初期の日本語字幕では「電光剣」や「光線剣」と表記されていたこともある。

概要[編集]

物理的外観は全長30センチメートルほどの金属製の柄のみで構成されており、起動すると鍔から長さ1メートルほどの尖形状の光刃が形成される。このプラズマの刃は何らかの物体に接触したときにのみ熱エネルギーを放出し、その物体を溶断する。また光刃を覆うアーク波の作用により、レーザーやビームの類に干渉して弾道をそらしたり、ライトセーバーの光刃同士で切り結ぶことも可能としている。互いにライトセーバーを用いた戦いは往々にして激しい剣戟が繰り広げられるが、人体に命中すればその威力の高さゆえ、決着は一瞬でつく。ただし斬撃と同時に、その傷口も高温で焼灼されて出血が妨げられるため、たとえ四肢などが切断されて戦闘不能に陥ったとしても、それ自体が致命傷となるケースはほとんど見られない。ダース・モールに至っては胴部を切断されて下半身を失ったにもかかわらず、一命を取り留めている。光刃の切断力は、幼いジェダイのパダワンの修行中など、その用途に応じて調節が可能。また『スター・ウォーズ 反乱者たち』においては、光刃の長さを調整する機能があることも判明している。

ジェダイの騎士シスの暗黒卿にとって、ブラスターなどの銃火器よりもライトセーバーを重用する所以は、これを扱う高度な剣術を体得していることも大きな理由のひとつだが、フォースの恩恵による未来予知能力と空間認識能力により、ブラスターなどによる高速の銃撃ですら、弾道を先読みして防御し、更にはそれを敵側に跳ね返せる攻防一体の武器になることが何よりも大きい。そのためフォースの使い手同士によるライトセーバー戦では、単純な剣技の優劣だけではなく、この予知による駆け引きを制することも勝敗を分かつ要因となる。しかしエピソード3のアナキン対オビ=ワンのように経験がフォースを上回りオビ=ワンが勝ったということもある。 だが決して万能ではなく、フォースを使う者によってその能力には個人差があるうえ、身に付けた予知能力と反応速度を上回るほどの高速ないし高密度の攻撃には対応しきれないことも多い。ジオノーシスの戦いにおいて、個々の戦闘能力ならばバトル・ドロイドに遥かに勝るジェダイが、ブラスターを装備したクローン・トルーパーの援軍20万がなければ敗北していたことからも、いかにジェダイといえども、数の圧倒的不利と飽和攻撃には勝てないことを物語っている。

ライトセーバーはしばしばジェダイの象徴として神聖視される。これは前述したように、フォースの加護なくして最大限に使いこなすことが難しいためであり、そのためライトセーバーに習熟することは、フォースとの調和に繋がるとも考えられていた。また、一人前のジェダイとなるためには自力で必要な部品を集め、フォースの導きに従って頭の中に浮かんだ設計図のみで、自分専用のライトセーバーを一から組み上げることが課題となっている。父のライトセーバーを失ったルーク・スカイウォーカーは、ヨーダの助言を得てベン(オビ=ワン・ケノービ)の家に行き、そこにあった資料を元に材料を集め、足りない部品は自ら作って完成させた。よって、自身の持つライトセーバーを粗末に扱うことはジェダイとしての規範に反する行いとされている。『エピソード6/ジェダイの帰還』でルークがダース・ベイダーと戦った後に自身のライトセーバーを捨てる場面があるが、これは粗末に扱ったということではなく、皇帝ダース・シディアスからのフォースの暗黒面の誘惑を完全に乗り越えたことを“非武装”という行動で示したためであった。また、ラストシーンでは身に付けていた。一般に弟子のライトセーバーは、尊敬の表れとして師匠の物に近い意匠形状を持つ。アサージ・ヴェントレスの物がよい例である。ただ、アナキン・スカイウォーカー作のライトセーバーは師匠オビ=ワン・ケノービの物とはあまり似ていない。なおダース・モールは、グリップの両端から光刃が発生する特殊な「ダブルブレード=ライトセーバー(別名:セーバースタッフ)」を使いこなす。ドゥークー伯爵や彼から剣の手解きを受けたアサージ・ヴェントレスが使うライトセーバーは、グリップがやや曲がった独特の形状になっている。

基本的にジェダイの騎士のライトセーバーの光刃は青や緑、シスの暗黒卿は真紅の光刃のものを使用する。だが、ジェダイ・マスターのメイス・ウィンドゥの紫のような例外もある。これは、メイス・ウィンドゥを演じた俳優サミュエル・L・ジャクソンが監督ジョージ・ルーカスに、「大好きな色だし、高貴な色でもあるから」という理由で「絶対に紫色にしてくれ」と直談判し、それをルーカスが了解したためである[1]が、劇中での設定では、他の騎士のライトセーバーに内蔵するクリスタルとは異なる、特殊なクリスタルを内蔵するためと設定された。なお、スピンオフ作品などでは、新共和国時代になると黄・茶・桃色など多彩な光刃のライトセーバーも登場する。また、アナキンはムスタファーでオビ=ワンに敗北するまで、シスに転落後も引き続き青のライトセーバーを使用している。

シスの暗黒卿ダース・シディアスは、ライトセーバーを「ジェダイの武器」と捉えており、あまり積極的には用いない。ライトセーバーを使わずとも、フォース・ライトニングなどを用いて相手を倒せるため、『エピソード3/シスの復讐』で披露したように、自身がジェダイでもトップクラスのマスターら3人(エージェン・コーラーセイシー・ティンキット・フィストー)を瞬殺できるほどの高い剣術を誇るにもかかわらず、『エピソード6/ジェダイの帰還』ではライトセーバーを「ジェダイの武器だ」として、もはや必要としていないことが示唆されている。同様にヨーダも強大なフォースだけで十分戦闘を行えるため、ドゥークー伯爵との戦闘の際に久しぶりにライトセーバーを握った。

ジェダイもシスも所持するのは基本的に1本だけだが、アソーカ・タノやアサージ・ヴェントレスのように二刀流で戦う者や、グリーヴァス将軍のように四刀流で戦う者もいる。ダース・シディアスは予備分として2本所持するが、手練れ二人(ダース・モールとその弟)を同時に相手にした際は、その予備分を含めた二刀流を披露するも、上記の通りライトセーバー戦をあまり好まないためか、戦闘中でも用途が終わる度に光刃を収納していた。

なお、『エピソード1/ファントム・メナス』のカットされたシーンでは「水に浸かるとショートしてしまう」という描写があり、雨天のような場合には使用できても水中のような機械が完全に濡れる状況では使用不能であるという設定があったが、物語の幅を狭めることになるためにこの水に弱いという設定は不採用となった。これを受け、続編の『エピソード2/クローンの攻撃』では、オビ=ワンがカミーノの豪雨の中でジャンゴ・フェットと対戦しており、スピンオフ作品『スター・ウォーズ クローン大戦』や『スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ』テレビシリーズではキット・フィストーやアナキンが水中で使用するシーンがある。分岐式周期起動パルス・クリスタルや、逆流防止弁などの装置が付いていれば水の浸入を防ぐことができ、水中でも使用できる。

エピソード4/新たなる希望』や、その小説版『スター・ウォーズ』(原作:ルーカス、角川文庫出版)では、オビ=ワンが「古い武器だが、今でも銀河の一部の地方では使われ続けている」と述べられている。上記のようにジェダイの騎士にとって重要なものではあるが、ジェダイの騎士だけが使う武器という訳ではなく、シスの暗黒卿も用いる他、単純に剣として使う分には、フォースの素養が低い常人にも使える。ジェダイでない者は、何でも切れることから「ユニバーサル・カッティング・ツール」と呼ぶこともある。また、ハン・ソロがオビ=ワンに対して「爺さん、あんたなかなかの使い手だそうじゃねぇか。最近じゃあんなチャンバラは見掛けなくなったな。」と述べていることから、かつては銀河全体で広く用いられていたことが示唆されている。ダース・シディアスのジェダイ大粛清に際し、銀河帝国でライトセーバーは非合法化され、ライトセーバーに利用可能なクリスタルの採掘も全て制裁の対象になっていったため、生き残った身を隠すジェダイ達はその使用を控えなければならなかった。帝国でライトセーバーの所有を認められたのは、ダース・ベイダーやその配下の尋問官やシャドウ・ガーズマンといった、シディアス自身のダークサイドの配下たち少数に限られていた。なお、『スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ』テレビシリーズ(シーズン2、シーズン5)ではジェダイの武器とされているライトセーバー(および材料のクリスタル)は闇市場にて非常に高価な値段で取引されており、同時にギャングの間では人気の高い武器であるとされている。

構造[編集]

オバマ大統領とライトセーバーのレプリカ

内部構造は動力源である多面体の宝石アデガン・クリスタルやイラム・クリスタルが数個(通常3個まで)内蔵されている。放射口中心から放出されるエネルギー集合体は刃のように見える。クリスタルが単一のライトセーバーは、強度および刃の長さは予め固定されており、複数のクリスタルを使用して製作されたセーバーは外側の装置を回転させ宝石間の距離を調整することにより強度や刃の長さを変えて使用することができる。ジェダイの修行の一環であるライトセーバーの製作は、クリスタルの配列およびカット加工などの作業を全て自分の手で仕上げなければいけない。配列を僅かにでも誤ると、ディアチウムパワーセルの制御に失敗し、作動スイッチを起動した途端にショートしてしまう。

青や緑の刃を持つライトセーバーは主に極寒の惑星イラムで取れた天然クリスタルを使用しており、イラムにはクリスタルの鉱脈とライトセーバー製作のためのジェダイの寺院があったが、寺院はクローン大戦中に独立星系連合の爆破ドロイドによって破壊された。なお、ジェダイが基本的に天然のクリスタルを使用する事が多いのに対し、シスは人工のクリスタルを好んで使用する。その際シスは邪悪な心を込めて作ると言われており、その影響で光刃の色が赤になっている。

人工のアデガン・クリスタルは、1つを生成するのに膨大な工程と相当な労力・技術・時間を要する(一人で作ると、早くても半年ほど掛かる)とされており、修行中のルーク・スカイウォーカーはたった1つのクリスタルを作るのに1年もの歳月を費やしている。なお、シスの生成方法がジェダイと同じであるかは不明だが、元々人工クリスタルを好むこと、一子相伝制で比較的少数で十分なこと、シディアスのようにライトセーバーを特に必要としない者もいることなどから、少なくともジェダイよりは長けているとされる。

部品[編集]

  1. 光刃アーク端子(Blade arc tip)
    光刃エネルギー伝達路(2)を伝ってきた凝縮光エネルギーは、起動と共にここでマイナスの電荷を帯び、アーク放電のようにエネルギーが発流することで、レーザー状の光刃となる。起動時以外は常に流電している。
  2. 光刃エネルギー伝達路 (Blade energy channel)
    循環フィールド増幅器(3)から送られてきたプラス電荷を帯びた光エネルギーから連続的に電流状の光エネルギー作り出し、これを光刃アーク端子(1)へと伝達する。
  3. 循環フィールド増幅器(Cycling field energizers)
    集められた光エネルギーはここでプラス電荷を帯びて光刃エネルギー伝達路(2)に送られる。
  4. 主クリスタル(Primary crystal)
    ディアチウムパワーセル(7)のエネルギーを収束し発光する。ライトセーバーの心臓部であり、このクリスタルの発光色が光刃の色となる。
  5. 焦点用クリスタル(Focusing crystals)
    エネルギー誘導ゲート(6)から反射した光エネルギーの焦点を調節する部分。ここが回転し可動することで光刃の長さ、強度、発光温度などを調節できる。なお、なくても使用は可能だが、光刃の長さは固定される。
  6. エネルギー誘導ゲート(Energy gate)
    主クリスタル(4)から発した光エネルギーを焦点用クリスタル(5)へ反射する。
  7. ディアチウムパワーセル(Diatium power cell)
    ここから発せられたエネルギーにより、クリスタルが発光する。
  8. 不活性パワー絶縁体(Inert power insulator)
    ライトセーバーの外側と内側との間にあり、光刃の放射口以外は全てこれに覆われている。ライトセーバーは起動に関係なく常時ディアチウムパワーセル(7)からエネルギーが発せられているため、これなくして握ることは不可能である。
  9. パワー渦動リング(Power vortex ring)
    ディアチウムパワーセル(7)を覆うように内蔵されており、常にエネルギーが流れている。

特殊な形状[編集]

ダブルブレード・ライトセーバー
ダース・モールサヴァージ・オプレスポング・クレルが使用する、柄の両端から光刃の出る両刃のライトセーバー。柄の長さは通常の倍ほどある。内部の機構は両端部で独立しているようで、一部が破壊されても片刃のみを出すことも可能である。
カーブ=ヒルト・ライトセーバー
ドゥークー伯爵アサージ・ヴェントレスが使用する、柄の湾曲したライトセーバー。手首のスナップを利かせて剣速を増したり、トリッキーな動作が可能。デュエリスト・セーバーとも呼ばれる。
ライトウィップ
スピンオフに登場するシスの女暗黒卿ルミヤが持つ、ライトセーバーのような光を操る長い鞭。
ライトセーバー・ショート
上記のライトウィップに対抗するため、ルーク・スカイウォーカーが作製した短い光刃を出すライトセーバー。クリスタルの数や焦点を変更することで、長さを調節できるセーバーは多いが、最初から短いものは珍しい。
クロスガード・ライトセーバー
主要ブレードに対して45度の角度で放出される、枝のような第2のブレードを持つライトセーバー。第2のブレードは短剣ほどの大きさで、相手のセーバーを受け止め、絡めとることが可能。極めて珍しく作製も扱いも非常に難しい。
ライトセーバー・フラムベルージ
クロスガード・ライトセーバーの一種だが、主要ブレードの他に柄の先端から左右に2本のブレードを発生させる。見た目は十字架のようで、エネルギー刃もやや太く、炎のように揺らめく。柄を回転させながら斬ることで、同時に突き攻撃を行うことができ、鍔迫り合い中も相手を攻撃できる。『エピソード7』に当たる『フォースの覚醒』に登場するファーストオーダーのカイロ・レンが使用する。

用法[編集]

基本的には接近戦用の対人格闘武器であるが、前述したように熟練したフォース能力者が使い手となることで、様々な戦況に対応することができる。ただしそれにも限界はあり、特にジャンゴ・フェットのような早撃ちの達人や、ドロイディカなどの連射砲を備えた相手は不得手とする。

ライトセーバーの刀身そのものは非実体的な刃ではあるが、これを覆うアーク波によって触れた物体の密度に比例した抵抗を生むため、ある程度の膂力が無ければその威力を十分に発揮する事はできず、鍔迫り合いにも相応の応力を要する。また、アーク波の作用によって微妙に回転しており、柄自体も軽くはないため[注釈 2]剣術のように両手で持って構えるのが主流となっている。単に起動して物を切断するだけであれば特に技術は必要なく、『エピソード5/帝国の逆襲』ではハン・ソロがトーン・トーンの腹を裂くのにルークのライトセーバーを使用している。出力を上げれば分厚い特殊鋼の扉などを焼き切ることも可能であり、ジェダイやシスは、しばしば抜け穴作りなどの用途にも使用する。

このように高い汎用性を持つものの、手に伝わる感覚は柄の重さのみで、光刃もアーク波で保護されており輻射熱もないため刃があるという実感が湧きにくく、アーク波の回転作用による独特のバランスもあり、下手をすれば使い手自身を切りかねない。そのため、未熟な者が持つ武器としては甚だ不適当で、人間の反射速度を超えて飛来するビームなどに対しては、フォースによる洞察力と先読みの能力が無ければ対応できない。よって、『スター・ウォーズ』の世界に於いてこの武器をフォースの加護なしに使おうと考える者は殆ど存在しない。ただしグリーヴァスはその数少ない例外であり、彼は生来高い身体能力と格闘センスを備え、さらにサイボーグ化によって電子頭脳によるアシストと痛みへの強い耐性とを得たため、4本のライトセーバーを自在に使いこなすことができる。

幼いジェダイの訓練生は、修行の手始めとして「トレーニング・リモート」と呼ばれる球形の小型器械と視界を覆うヘルメットを使用して、視覚に頼らずにフォースの感覚のみでリモートのビームを弾く訓練を行っており、『エピソード4』でルークもオルデランへ向かうミレニアム・ファルコンの船内でこの訓練を行った。

型(フォーム)[編集]

正史[編集]

ライトセーバーにはいくつかの型が存在しており、正史作品で言及されているのは第三の型と第四の型のみだが、第一から第七の型が存在するとされている[2]。ただし、レジェンズにおけるものと完全に同一なものかは不明。

  1. 第一の型
    シャイ=チョーとも呼ばれる、ジェダイ・オーダーによって開発された最も古く、初歩的な型。他の戦闘技能が開発された後では、他に打つ手がない場合に使用されるようになった。
  2. 第二の型
    マカシとも呼ばれる、優雅な戦闘スタイル。主にシスに属する相手との決闘の際に使用される。
  3. 第三の型
    ソレスもしくはマイノック戦法とも呼ばれる。メイス・ウィンドゥの弟子デパ・ビラバはこの型に拘っていたとされ、その弟子であるケイナンもまたこの型を踏襲している。理由は不明だが、尋問官はこの型に拘ったビラバとそれを踏襲するケイナンを愚かと罵っている。他の著名な使い手にオビ=ワン・ケノービがいる。
  4. 第四の型
    アタルとも呼ばれる。アクロバティックな戦闘スタイルで、ブラスターからの防御に長け、開けた空間での使用に適す。アナキン・スカイウォーカーがジェダイ聖堂で他のジェダイに手本を見せていた。第三の型よりも攻撃的かつアクロバティックで、かつてはオビ=ワン・ケノービも使用していた。
  5. 第五の型
    シエンもしくはドジェム・ソとも呼ばれる。放たれたブラスターを相手に向けて跳ね返し、防御を攻撃に転じさせる。古くはアソーカ・タノのように逆手持ちで利用されていた。
  6. 第六の型
    ニマンとも呼ばれる。ダブル=ブレード・ライトセーバーとフォースを組み合わせた戦闘スタイル。
  7. 第七の型
    ジュヨーもしくはヴァーパッドとも呼ばれる。最も攻撃的かつ予測不可能なフォームで、「フェロシティー・フォーム(獰猛なフォーム)」の異名を持つ。そのためダークサイダーが愛用していたが、ジェダイにも使用されてはいた。攻撃のみに集中し、守備のことは考えられていないが、使い手のスピードや両刃のライトセイバーによって補われている。著名な使い手はダース・モールメイス・ウィンドゥ

レジェンズ[編集]

レジェンズにおいては大きく7つの型が存在。それらはジェダイの歴史と共に無数に編み出され、後のジェダイ達はこれらを正式なフォームとして体系化しており、クローン大戦の頃には以下の7つとなっている。またフォームを用いるジェダイによって、自身の弱点を補完する形で原型となる基本動作に改良を加えられたフォームもある。また複数のフォームを習得しているジェダイも少なくなく、状況に合わせて使い分けることも可能である。

ちなみに、ジェダイは円形を描く様にしながら戦う傾向があり、対するシスは縦に動きながら戦う傾向がある。基本的にジェダイは自分から攻撃することはなく、敵意のある相手からの攻撃を経て初めて攻撃に移るとされる。

  1. シャイ=チョー(Shii-Cho)
    ヤヴィンの戦いから約2万5千年前に、ジェダイの武器がフォースを封じ込めた金属の剣(ダークセーバー)から、ライトセーバーに移行した時に編み出されたもの。別名サルラックの型、決まりのフォーム。
    攻撃や防御等の基本技と、それらの練習法が全て集約された最もシンプルなフォームで、若いジェダイやパダワン達はこのフォームを初めに訓練する。完全に習得すれば無駄のないフォームであるため、熟練したジェダイ(キット・フィストー等)にも使用者が存在する。
  2. マカーシマカシ(Makashi)
    ライトセーバーの使い手同士の戦闘の為に編み出されたフォーム。別名イサラミリの型、競いのフォーム。
    ドゥークー伯爵などシスの暗黒卿が主に使用、フェイント等の剣術に重点を置いており剣捌きの精度は非常に高く、疲労も少ない。ドゥークー伯爵のライトセーバーは湾曲した形状であるため、マカーシの攻撃性・変則性を助長している。
    ジェダイとしては、シスが表舞台から姿を消して以降、実戦で使用する機会を失い、習得する意味が薄くなっていた(例えシスが復活しても、ライトセーバー同士の戦いが起こる可能性は低いとされた)。ただ、師と弟子によるライトセーバーの練習稽古には使用されることはあった。
    またジェダイを憎むシスはジェダイとの戦いを想定し、このフォームを徹底的に修練し発達させ、より強力な剣術を編み出している。
  3. ソーレスソレス(Soresu)
    レーザーを偏向させる訓練の中で生み出された、防御を重視したフォーム。別名マイノックの型、はね返しのフォーム。フリーハンドの人差し指と中指を伸ばして前に突き出し、ライトセーバーを持つ手は大きく後ろに引くという、弓を引き絞ったような独特な構えが特徴である。
    武器の主流がブラスターへ移行すると共にジェダイの中でも広まった。先読みと反射神経を生かしてレーザーを偏向、光刃の攻撃を受け流し、身を守ると同時に反撃するなどカウンターにも長ける。完璧に極めれば集団戦にも対応でき、対ドロイドであれば包囲されても十分通用する。その理論上、この型を真に極めた者を傷つけることは不可能、とすら評される。
    オビ=ワン・ケノービが使用しており、メイス・ウィンドゥに“ザ・マスター(ソーレスを極めた者)”と言わしめるほどの実力を持つ。
  4. アタールアタロ(Ataru)
    全7種の中で最もアクロバティックなフォーム。体術に重点を置いたフォームで、ヨーダ、ダース・シディアス、クワイ=ガン・ジンなどが主に使用する。別名ホーク=バットの型、攻めのフォーム。
    「ヒットアンドアウェイ」という言葉がまさに当てはまるフォームで、全身の柔軟性とフォースを使っての飛び跳ねで目まぐるしく動き回り、全方位から相手に攻撃を行う。アクロバティックな動きにより体格差を補うことができ、威嚇・牽制の効果も高い。しかしながら、それらが通じない相手には甚だ不適切であり、動作の大きさゆえに隙も多く危険が伴うフォームである。
    起点として八双の構えをとることが多い。
  5. シエン(Shien)
    ソーレス・アタールから派生したフォームで、ライトセーバーと力による攻撃を重視している。別名クレイト・ドラゴンの型、粘りのフォーム。
    実戦では先鋒を担うことに向いており、アナキン・スカイウォーカーダース・ベイダー)やプロ・クーンが主に使用する。力強い剣の振りが特徴で、強打や振り抜き、連続攻撃など、力押しで相手の防御を突破し押し込んでいく。レーザーの偏向も、ソーレスより積極的に敵に当てることを意図する。
    防御に重点を置いたソーレスとは互いの長所を潰し合う形になるため、アナキンとオビ=ワンの戦いが長引いた原因の1つとも考える事ができる。『エピソード3』のドゥークー伯爵とアナキンの戦いではドゥークーのライトセーバーがはじかれるシーンがあり、このフォームの特性が垣間見られる。
    ドジェム・ソ(Djem So)
    シエンの変形種の一つであり、圧倒的なスピードと力で相手を制圧する攻撃に特化したフォームである。生物の関節の可動性を活かしてキネティックパワーを高めた強烈な一撃を叩きこむ反面、それを支える足元が疎かになり易い弱点がある。肉体を機械化される以前のアナキン・スカイウォーカーが主に使用していた。
  6. ニマーン(Niman)
    上記の1から5までのフォームを組み合わせ、バランス良く発展させたフォーム。別名ランコアの型、緩めのフォーム。
    修行による負担が他のフォームに比べて軽く、外交官として必要な能力と並行して修練する事が可能であったため、旧共和国の末期においてシャク・ティセイシー・ティンなど多くのジェダイ騎士が使用していた。
    しかし総合力を重視しているためか、呑み込みの早い者でも習得するのに最低10年は掛かる。しかも多くを取り込みすぎた結果、器用貧乏な側面を持ち、クローン大戦の初戦であるジオノーシスの戦いではこのフォームを使っていたジェダイの殆どが戦死し、実戦においては力不足である事が露呈する。
    上述のように一応の形にまで修める上での修行は比較的容易だが、学ぶことの多さから真に極めることは非常に困難である。だがもし完全に極めることが出来れば、一切隙の無い強力無比なフォームであるともいわれており、史上最強のシス卿と名高いエグザ・キューンも好んで使用していたとされる。実際セイシー・ティンは小説版EP3で、クローン大戦を経た当時のジェダイの中でもトップクラスの剣士であったことが明かされており、決してニマーン自体がフォームとして欠陥品だったわけではないことが分かる。また、他のフォームとの連携には向いている。
    旧共和国末期のジェダイの多くがこのフォームを実戦で使いこなせなかったのは、長く続いた平和の末に戦闘よりも交渉術に重きを置く考えがジェダイの中に広がり、上記のように片手間な修行で実戦レベルに至っていない中途半端なニマーンを身に付ける剣士が数多く生まれたことも一因である。
    ジャーカイジャルカイ(Jarkai)
    ライトセーバーによる二刀流や、ダブルブレード・ライトセーバーを扱う。フォームとしてはニマーンに分類される。二刀流のときは片方を攻撃、片方を防御に用いることが多いが、両方を用いて激しい攻撃を繰り出すこともある。
    ジェダイではアソーカ・タノアシャラド・ヘットセラ・ケトーなどが使用し、シスやダーク・ジェダイではダース・モール、サヴァージ・オプレス、アサージ・ヴェントレス、コマリ・ヴォサが使用している。ライトセーバーを複数持ち歩くジェダイもおり、仲間のジェダイが倒されたときなどに、一時的に借りて二刀流で戦うこともある。ダース・シディアスも『クローン・ウォーズ』にて二刀流で戦い、ダース・モールとサヴァージ・オプレスの兄弟を圧倒している。
  7. ジュヨー(Juyo)
    習得の難易度がもっとも高く、あらゆるフォームを極めたジェダイだけが習得し、制御しうる究極のフォーム。別名ヴォーンスカーの型、猛りのフォーム。
    静・動の相反する特性を同時に併せ持ち、身のこなし、太刀筋ともに極めて予測が困難な動きとなる。フォースのダークサイドに肉薄するため、自身が飲み込まれかねない危険な技術である。逆にシスが使うとリスクはなくなるとも言える。ダース・モールが主に使用しており、ジュヨーの達人とも言われている。
    ヴァーパッド(Vaapad)
    メイス・ウィンドゥが自己の弱点を補うために編み出した、ジュヨーの応用技で厳密には型ではない。メイス曰く「わたしがヴァーパッドを編みだしたのは、自分の弱さを補うためだ。あれはわたし自身の闇を、光の武器にそそぐ」。防御を全く顧みない突撃や、高速の連続攻撃を特徴とする。少数戦および短期決戦を想定しており、多勢相手また長期戦には不向きである。
    自らが持つ力を最大限に引き出すため、ジェダイならば本来忌避すべき感情である戦闘の高揚感に身を委ねる必要があり、ジュヨーよりさらにダークサイドに近付いた光と闇の境界線(グレーゾーン)にある技術とも言える。制御には高度な戦闘技術以外に、強靭な精神力と信念が必要。その危険性ゆえ、ヴァーパッドの習得は熟練した最高位のマスターのみにしか許可されていない。習得に失敗した者は破滅して命を落とすか、ダークサイドに堕ちてしまう。
    ダークサイドに堕ちず、なおかつ生きて習得したのは、メイス・ウィンドゥのみ。他の習得者としてウィンドゥの弟子デパ・ビラバ、ヴァーパッドの共同開発者ソーラ・バルクがいるが、両者とも後にダークサイドに堕ちてしまっている。アナキンも感情が昂ぶった際には自然とこれに近いフォームを使用していた(オビ=ワンとの死闘の序盤など)。
    ちなみに、技の名前は惑星サラピンの月にいる獰猛で7~13本の鋭い触角を持つ捕食動物の名前から取られている。

ルーク・スカイウォーカーは、オビ=ワンからシャイ=チョー、ヨーダからアタールの訓練を受け、ダース・ベイダーとの死闘からシエンを経験して使用したが、上記の体系化されたフォームは失われてしまっていた。 後のニュー・ジェダイ・オーダーでは、ダークサイドの戦士として戦った経験のあるカム・ソルサーが、剣術師範「ジェダイ・バトルマスター」となり、ルークと共に「防御の3つの輪」の戦法を生み出した。カムがダーク・ジェダイとの戦いに敗れると、バトルマスターの地位はカイル・カターンが継承し、「ファースト」「ミディアム」「ストロング」という、研鑽されたニュー・ジェダイ・オーダー独自のライトセーバー・フォーム「スタイル」が生まれることになった。 やがて、発見された旧ジェダイ・オーダーの「グレート・ホロクロン」に登場したシン・ドローリグの記録により、本来のジェダイのライトセーバー戦闘法は再発見されることになる。

光刃の色[編集]

前述の記述どおりジェダイは青か緑、シスは赤となっている。ジェダイは人物によって色が異なる。

主なジェダイの光刃の色
スピンオフに登場するジェダイの光刃の色
  • アンヤ・クロー(ダーク・ウーマン) - 紫色(コミック『絶滅』で所持。繊細な装飾がされている)
  • マラ・ジェイド - 赤色。後に青色(ルークから彼の最初のセーバー、すなわちアナキンの作成したライトセーバーを贈られた)
  • レイア・オーガナ・ソロ - 青色。時に赤色(ジェダイとしてはまさに異色だが、ルークが発見したフォースを増強する赤いクリスタル「伝説のカイバー・クリスタル」を用いて作成されたため)。他に、ヴィマ・ダ・ボーダから譲られた1万年前のライトセーバーを使用した。
  • ジェイセン・ソロ - 緑色
  • ジェイナ・ソロ - 青色
  • アナキン・ソロ - 紫色(ユージャン・ヴォング生態系に存在する生物クリスタル「ランベント・クリスタル」を使用したもの)
  • ローバッカ - 青銅色
  • アリーマ・ラー - 銀色
  • インペリアル・ナイト(レガシー時代) - 銀色(組織として統一されている)
  • エグザ・キューン(ジェダイ時代)- 青色。シスに転向後は端に両刃が出てくるように改造し(両方とも青色)、これがダブルブレード=ライトセーバーの元になった

小道具としてのライトセーバー[編集]

  • 『エピソード4』のルークとダース・ベイダーのライトセーバーのプロップは、カメラ用フラッシュの反射板を除いた本体部品を流用して製作された。そのため一部のレプリカメーカーは「フラッシュのレプリカ」と称してルーカスフィルムの承認無しで販売している。
  • 『エピソード6』で使用されたベイダーのライトセーバーのプロップは現在スミソニアン博物館に所蔵されており、この縁で同博物館を舞台にした映画『ナイト ミュージアム2』にベイダーがカメオ出演している。また当時の製作を務めたゲイリー・カーツによって、撮影で使用されたルーク(『エピソード4』)とベイダー(『エピソード5』)のライトセーバーがオークションに出品されたことがあるが、前者は20万600ドル、後者は11万8000ドルで落札された。
  • 同じく『エピソード6』で使用されたルークのライトセーバーのプロップは『エピソード4』公開30周年記念行事として、2007年にスペースシャトルディスカバリーによってミッションSTS-120の際に宇宙へ運ばれた[3][4]
  • 光刃の表現は、『エピソード4』では光反射性のテープを貼り付けた刀身部をモーターで回転させることで発光やフリッカーを表現しており、光が顔やセットに映るという利点があったものの、剣劇時にうまく寸止めしないと破損してしまう難点があった。特にベイダー役のデビッド・プラウズは寸止めが苦手で何本も折ってしまい『エピソード5』から剣劇シーンのみボブ・アンダーソンが演じることになった。また、『エピソード5』以降で見られる起動時のアニメーションがなく、一瞬で光刃が起動している。『エピソード5』以降は刀身に普通の棒を使用し、ロトスコープで1コマずつ光刃の色を描き込み合成する手法が採られている。これは「エピソード1~3」でもデジタル合成になっただけでやっている事は同じである。ちなみに「エピソード1~3」では刀身としてアルミ棒に破片飛散防止のビニルコーティングを施した物を使用したが、あまりの剣劇の激しさに撮影中は1日10本ものペースで交換していたと言われている。
  • ルーカスは剣劇時にも役者の表情を見せる事にこだわり、スタントマンは立てずに役者に訓練を課して直接ライトセーバー戦を演じさせた。ただし前述の様に顔の見えないベイダーはスタントが立てられた他、『エピソード2/3』のクリストファー・リーイアン・マクダーミドはさすがに高齢だったため、一部スタントマンの顔をデジタル合成で差し替える処理が行われた。
  • 独特の動作音(刃音など)は35mm映写機のモーターの回転音とテレビにマイクを横切らせた時に起きたハウリング現象の音などを合成して作られている。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 映画オリジナル版公開当時の日本では、英語読みの「セーバー」よりもオランダ語読みの「サーベル」の呼称が一般的であったため。ちなみに「Saber」は英語読みの場合でも日本語表記は「セーバー」より「セイバー」と表記されることが多いが、「Lightsaber」に関しては「エピソード1~3」公開時頃から、作中字幕や関連商品でも「ライトセーバー」で表記が統一されている。
  2. ^ 『クローン・ウォーズ』の作中では、アナキンからライトセーバーを預かったパドメが「意外と重い」と発言している。
  3. ^ あまり自分のライトセーバーを大事に扱っておらず、オビ=ワンから度々注意されている。一方で、ドゥークー伯爵やバリス・オフィーなど、敵のライトセーバーを奪い取って戦うことも躊躇しない。
  4. ^ スピンオフ作品の設定では、オビ=ワンの最後のライトセーバーは『エピソード4』で彼を討ち取ったダース・ベイダーが回収し、彼の居城である惑星ヴジュンのバスト城に保管され、さらにダーク・ジェダイに盗まれた。後年、アナキン・ソロが冒険の中で発見し、ニュー・ジェダイ・オーダーにもたらされた。

出典[編集]

  1. ^ 『SCREEN』2002年10月号「『スター・ウォーズ エピソード2』50の秘密」
  2. ^ 『Star Wars: Absolutely Everything You Need To Know』p.77
  3. ^ ルーク・スカイウォーカーのライトセーバー、宇宙へ engadget 2007年8月28日
  4. ^ Chewie Hands off Lightsaber to NASA スター・ウォーズ公式ブログ 2007年8月28日

関連項目[編集]