砂アニメ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

砂アニメ(すなアニメ)とは、アニメーションの一つで、を素材として制作される。砂アニメーション、またはサンドアニメーションとも呼ばれる。

概要[編集]

ストップモーション・アニメーションの素材として砂を用いるもので、複数の手法が存在する。

三次元の砂そのものを動かした様子を撮影したもの
立体としての砂の動きを描いた作品。第50回アカデミー賞短編アニメ賞を受賞した『砂の城 (アニメーション)英語版』がその例である[1]
砂を使用して二次元としての絵を描画し、それを動かすもの
キャンバスの上に敷いた砂を使って模様を作り(砂絵)、その模様を変化させる過程を撮影、ないしはスクリーンに投影することで製作される[2]。ただし、厳密にはアニメーションの定義は「フレーム・バイ・フレーム」(コマ撮り)であり、撮影を伴わないサンドアートパフォーマンスは正確にはアニメーションではないともされる[3]
製作技法には、大別して「砂を加える」ものと「砂を取り除く」ものがある[2]。キャンバスの背面に置いた光源から光(暖色系)を当てることで描画される砂を際立たせる[2]

ストップモーション・アニメーション全般に言えることであるが、手作業ゆえ、作るのに時間がかかる。また再現性や練習が難しいという点もある[2]

歴史[編集]

カナダ出身のアメリカ人であるキャロライン・リーフ英語版がその始祖とされる[2]。日本では著名な作家として飯面雅子がおり、テレビアニメ『きまぐれオレンジ☆ロード』(1987年)のエンディングに彼女の作品が起用されたことで、広く知られるようになった[4]

著名な作家[編集]

著名な作品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Watch The Sand Castle at NFB.ca
  2. ^ a b c d e 浦正広「4.サンドアニメーションのシミュレーション」『創作活動支援のための 制作過程の構造解析およびシミュレーション に関する研究 (PDF) 』、名古屋大学博士学位論文、pp.57 - 93、2012年
  3. ^ 東京新聞2014年5月14日版 t-hatsu
  4. ^ 小黒祐一郎 (2010年5月28日). “アニメ様365日 第375回 『オレンジ☆ロード』まとめのようなもの”. WEBアニメスタイル. 2017年3月18日閲覧。
  5. ^ すなあそび(1995) - all cinema

関連項目[編集]