アクションゲーム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Vg icon.svg

アクションゲーム (action game) は、キャラクターの行動をボタンなどにより直接操作し、すばやくゲーム内の事象を制御する能力を競うコンピュータゲームのジャンルの一つ。略称は英語の頭3文字を取ってACT

概要[編集]

基本的には、ボタン操作によって連動する人間や動物、ロボット、機械などの個体(プレイヤーキャラ)を動かすゲーム全般を指すので、非常に幅広いジャンルを内包する。 さらに、プレイヤーキャラが存在する場所(ステージ)があり、プレイヤーキャラ以外に、ゲームを遊ぶものの意志とは無関係にステージ上を動く存在があり、それらは敵、ノンプレイヤーキャラクター(NPC)、罠などがある。 ロールプレイングゲームとは対照的に、プレイヤーの技術力が直接プレイに影響する。

世界で最も売れた家庭用ゲームである『スーパーマリオブラザーズ』や『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』もこれに属し、ありきたりなテレビゲームのイメージやゲームの王道と言えばこのジャンル(特に横スクロール)を連想する人は多い。

アクションゲームの分類[編集]

アクションゲームの中でも、さらなる特徴によって主に以下のように分類される。 これらは代表的なゲームジャンルでそれぞれが独立したものといえる。 以下のいずれにも分類されないものを特にアクションゲームと呼ぶ。

シューティングゲーム
撃つ(シューティング)」動作がゲーム上の主要な要素となっているもの。「撃つ」という動作の純粋度が高く、それ以外の複雑な要素を多く含まないものを特に指す。まれに、シューティングアクションという混合ジャンルも存在する。ちなみにシューティングアクションは、アクションシューティングとも呼ばれる。
レースゲーム
動かす主体を競走(レース)させるもの。四輪車のレースが多い。その他にも、バイク飛行機人間など、一定のコースを移動する速さを競うことが主目的になっているもの。ごく稀に暴力表現(轢き殺す等)が含まれたゲームがある(カーマゲドンRoadKill)。
スポーツゲーム
実在するスポーツ野球サッカーなど)をモチーフにしたもの。
対戦型格闘ゲーム
武道の試合や喧嘩決闘をモチーフにしたもの。操作する対象(主に人間)が主に2人で戦うもの。ゲームを遊ぶ者が2人以上いることを想定している物。2人で遊ぶこともできる場合が多い。
アクションロールプレイングゲーム
ロールプレイングゲーム(RPG)の要素が入っているもの。アクションとロールプレイングの比率は様々だが、アクション要素が強いが基本はロールプレイングゲームに分類されるものの事を特に指す。
アクションアドベンチャーゲーム
アクションゲームの中でもアドベンチャーゲームの要素が強いものを特にアクションアドベンチャーゲームと呼ぶ。
アクションパズル
これは動かす個体が、ブロックなど無生物が多く、パズルの要素がメインとなるもの。パズルゲームに分類される。
クライムアクションゲーム
主人公となる人物を操作し、殺人窃盗など、犯罪(クライム)行為が含まれるゲームをさす。代表的なものとしては、グランド・セフト・オート(GTA)シリーズや、ポスタルカーマゲドンMafiaDRIV3RTrue Crimeなどがこれに該当する。
ステルスゲーム
対戦アクションゲーム
ドットイートゲーム
ベルトスクロールアクションゲーム

アクションゲームの要素[編集]

上記のジャンルのいずれにも属さないものを特に「アクションゲーム」と呼ぶが、それらの中にいくつかのアクションゲームに欠かせない要素が存在する。

ジャンプ[編集]

アクションゲームはその名の如く、人や物のアクション(動作)をモチーフにしており、その中でも画期的かつ代表的な動作は、ジャンプである。 ジャンプによって、ステージ上の構造とアクションの連動が増し、遊戯性が高まっている。現在までに多くのアクションゲームにジャンプは存在している。

ステージ[編集]

横スクロール (2D) アクションゲーム
サイドビュー(横視点)で、水平方向への移動を操作の基本とし、ゲーム上で表現される空間が2次元(2D)のみであった時代に確立されたもの。この中からジャンプというアクションが生み出された。2D3D問わずこのゲームの派生系を、いわゆるアクションゲームということもでき、英語ではplatform gameまたはplatformerと呼ばれる(en:Platform game)。
3Dアクションゲーム
前後左右、上下への移動ができ、現実の3次元(3D)空間に近いステージを表現し、その中での動作を可能にしたゲーム。

視点[編集]

一人称視点
プレイヤーキャラの視界によって世界が表現される。臨場感が高いが、プレイヤーキャラの全身の姿を直接見ることができない。接近時の位置関係がわかり辛く、ある程度の距離を置いての操作に向くことから、ファーストパーソン・シューティングゲーム(FPS)などシューティングによく見られる。
三人称視点
プレイヤーキャラの外部の視点によって世界が表現される。とはいえ、プレイヤーキャラの移動にしたがって視点が移動し、常にプレイヤーキャラの周囲が表示される。視点がプレイヤーキャラの背面に固定されるものが多かったが、最近ではこの視界も自分で操作できるものが多い。

攻撃[編集]

ステージには、プレイヤーキャラ以外の敵(モンスターギャング等)が存在することが多く、それらの敵を倒すために攻撃という動作が存在することが多い。

また、特に銃を模したコントローラーで操作するアーケードゲームゲームの場合、画面奥などからプレイヤーの視点に向かって飛んでくる敵の攻撃や障害物など、当たるとミス扱いするオブジェクトには、対象物の周りを赤くするといった方法でプレイヤーに知らされる。対象物を撃ち落とすか、当たらないように避ける行動を とることで回避できる。

リアルタイム性[編集]

プレイヤーの入力によらず、一定の速度でゲームが進行するものは、リアルタイム(即時)での対応が求められる。

主なアクションゲーム[編集]

2Dアクションゲーム[編集]

3Dアクションゲーム[編集]

ハンティングアクションゲーム[編集]

外部リンク[編集]