太田出版

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
株式会社 太田出版
OHTA PUBLISHING COMPANY
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
160-8571
東京都新宿区愛住町22 第3山田ビル4階
設立 1985年11月25日
業種 情報・通信業
事業内容 書籍・雑誌の発行及び販売業務
代表者 代表取締役社長:岡 聡
資本金 24,000千円
売上高 715,427千円(2007.10~2008.9)
従業員数 24名(2009年4月現在)
関係する人物 周防正行(監査役)
外部リンク http://www.ohtabooks.com/
テンプレートを表示

株式会社太田出版(おおたしゅっぱん)は、東京都新宿区にあるサブカルチャー系の出版社

概要[編集]

1985年、お笑い系芸能事務所太田プロダクションに所属していたビートたけしの本を出版する目的で、太田プロダクション出版部から有限会社太田出版として独立。後に株式会社になる。サブカルチャー系の書籍や漫画を中心に出版しており、特に『QuickJapan』や『批評空間』は1990年代のサブカルチャーを代表する雑誌である。 また、『完全自殺マニュアル』(1993年)、『バトル・ロワイアル』(1999年)、『永遠の0』(2006年)、『絶歌』(2015年)など話題作を提供している。

定期刊行物[編集]

Web雑誌[編集]

出版物一覧[編集]

  • たけしの挑戦状攻略本(1)』(1987年)
  • 『たけしの挑戦状攻略本(2)』(1987年)-攻略本(1)を再編集した改訂版[注釈 1]
  • 『174,140円の教訓』(末井昭 1989年)
  • 『気弱なギャンブラー』(蛭子能収 1990年)
  • 『なんとかなるかも』(蛭子能収 1993年)
  • 『東京サイテー生活-家賃月二万円以下の人々』(大泉実成 1993年)
  • 完全自殺マニュアル』(鶴見済 1993年)[注釈 2]
  • 『無気力製造工場』(鶴見済 1994年)
  • 『完全失踪マニュアル』(樫村政則 1994年)
  • 『ぼくたちの「完全自殺マニュアル」』(鶴見済 1994年)
  • 『人格改造マニュアル』(鶴見済 1996年)
  • 電波系』(根本敬+村崎百郎 1996年)[注釈 3]
  • 自殺直前日記』(山田花子 1996年[注釈 4]
  • 『消えたマンガ家』1巻-3巻(大泉実成、1996年-1997年)
  • 『爆音に焦がれて 森且行の挑戦』(大泉実成 1997年)
  • 『檻のなかのダンス』(鶴見済 1998年)
  • バトル・ロワイアル』(高見広春 1999年4月21日)
  • アストロ球団』復刻版(1999年 集英社から移籍出版)
  • 『駅前花嫁』(駕籠真太郎 2000年)
  • 『実録企画モノ』(卯月妙子 2000年)
  • 『新家族計画 Vol.1』(卯月妙子 2001年)
  • 『と学会年鑑2001』(2001年1月 と学会
  • 『トンデモ超常現象56の真相』(2001年8月 と学会)
  • 『トンデモ本の世界R』(2001年10月 と学会)
  • 『と学会年鑑2002』(2002年2月 と学会)
  • 『カリクラ―華倫変倶楽部 (上)』 (華倫変 2002年4月)
  • 『カリクラ―華倫変倶楽部 (下)』 (華倫変 2002年5月)
  • 『高速回線は光うさぎの夢を見るか?』 (華倫変 2002年9月)
  • 『新家族計画 Vol.2』(卯月妙子 2002年)
  • 『大葬儀』(駕籠真太郎 2002年)
  • 『と学会年鑑BLUE』(2003年5月 と学会)
  • 『喜劇駅前虐殺』(駕籠真太郎 2003年)
  • 『駅前浪漫奇行』(駕籠真太郎 2003年)
  • 『封印作品の謎』(安藤健二 2004年)
  • ゲームセンターCX』(2004年)
  • 『トンデモ本の世界S』(2004年6月 と学会)
  • 『トンデモ本の世界T』(2004年6月 と学会)
  • 『スエイ式人生相談』(末井昭 2004年)
  • 『奇人画報』(駕籠真太郎 2004年)
  • 『かすとろ式』(駕籠真太郎 2005年)
  • 『封印作品の謎2』(安藤健二 2006年)
  • 永遠の0』(百田尚樹 2006年)
  • ライチ☆光クラブ』(古屋兎丸 2006年6月)
  • ドヒー!おばけが僕をぺんぺん殴る!』(押切蓮介 2006年)
  • 『ゲームセンターCX2』(2006年)
  • 『ゲームセンターCX3』(2007年)
  • おばけのおやつ』(押切蓮介 2007年)
  • 『封印歌謡大全』 (石橋春海 2007年)
  • 自殺サークル』(2008年 古屋兎丸)
  • ピコピコ少年』(押切蓮介 2009年)
  • 『ピコピコ少年TURBO』(押切蓮介 2011年)
  • 『ぼくらの☆ひかりクラブ 上(小学生編)』(古屋兎丸 2011年11月29日)
  • 『ぼくらの☆ひかりクラブ 下(中学生編)』(古屋兎丸 2012年4月19日)
  • 『輝け!大東亜共栄圏』(駕籠真太郎 2013年)
  • 『殺殺草紙 大江戸無残十三苦』(駕籠真太郎 2013年)
  • 『殺殺草紙 大江戸奇想天外』(駕籠真太郎 2013年)
  • 『超動力蒙古大襲来』(駕籠真太郎 2014年)
  • 『ピコピコ少年SUPER』(押切蓮介 2015年)
  • 絶歌』(元少年A 2015年)[注釈 5]

注釈[編集]

  1. ^ 関係者インタビューによると、当時本作の攻略本を制作した太田出版には、「攻略本を読んでも解けない」との苦情電話が、問い合わせのものと合わせて一日400件も殺到したという。対応に追われ辟易した当時の編集者は、「担当者は死にました」と虚偽の回答をしていたそうである。1冊目がほとんど攻略本として役に立たなかったことから「攻略本の攻略本」として2冊目が出版された。この本の後書きで、たけしが「これで解けないからといって、間違っても傘と消火器を持って太田出版に殴りこまないように」と書いている。
  2. ^ 10代から20代の支持を受けてブームを巻き起こし、100万部以上を売上げるミリオンセラーとなったが内容をめぐり賛否両論が起こり、各自治体では有害図書指定を受けた(本書が主たる原因とされる自殺事例は確認されていない)。しかし、記載内容は読者に自殺を促す項目も扇動する項目も、それを阻止する項目もなく、極めて客観的に書かれており、むしろ海外の新聞、雑誌では批判的な論調は少なく、アメリカの文芸誌『ハーパーズ』は「日本のジェネレーションXのための最後の出口」というタイトルで本書の抄録を掲載するなど、新しい時代の人生観として捉えられた側面が大きい。
  3. ^ 特殊漫画家の根本敬と鬼畜系ライターの村崎百郎によるアウトサイダーの人々を研究した書籍。その後も村崎は虚実交えた「電波系」の寄稿を行った末、そのような表現にひきつけられた読者により2010年に殺害された。
  4. ^ 夭逝の特殊漫画家山田花子が残した20冊以上に及ぶ日記、膨大なメモの多くを再編集した書籍となっており、彼女がどのような葛藤の末、飛び降り自殺をするに至ったかを知ることが出来る。
  5. ^ 1997年に発生した神戸連続児童殺傷事件の加害者男性による手記。幻冬舎の没企画を拾いあげる形で太田出版より出版されたが、世間の非難が殺到し、社会問題にまで発展した。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]