健部伸明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

健部伸明[1](たけるべのぶあき、1966年-)は日本のゲームライター、ゲームデザイナー。青森県出身。中央大学中退[2]

略歴[編集]

1980年代半ば、ゲーム製作会社オーアールジーに所属し新和ダンジョンズ&ドラゴンズの翻訳に携わる。1980年代後半よりはライター集団怪兵隊の設立メンバーとなり、新紀元社のゲーマー向けのファンタジー解説本『Truth in Fantasy』シリーズを共著。1993年、ゲーム製作会社ファーイースト・アミューズメント・リサーチ(F.E.A.R.)の設立メンバーとなる(現在は退社)。バンタングループのゲーム関連スクール講師を経て、現在はフリーランス。主にボードゲームに携わっている。

テーブルトークRPGカードゲームのデザイン、ゲームブック執筆、ボードゲームの翻訳、コンピュータゲーム攻略本執筆からシナリオ作成及びデザインとその活動はゲーム業界の多岐に渡る。

著書[編集]

怪兵隊との共著

山下武師との共著

大原広行との共著

桑原忍との共著

F.E.A.R.との共著

単著

脚注[編集]

  1. ^ 部伸明」という表記は誤記。
  2. ^ 公式HPプロフィール”. 2012年8月22日閲覧。
  3. ^ 下巻は和智正喜との共著。

外部リンク[編集]