怪兵隊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

怪兵隊(かいへいたい) とは、1980年代後半から1990年代前半にかけて活躍していたライター集団。主にテーブルトークRPG関係の記事を執筆していた。

概要[編集]

神話伝説などの知識に強いライターが多く、テーブルトークRPGのユーザー向けにファンタジーのイメージの理解に役立つ「薀蓄記事」を多数著述していた。特に、新紀元社が発売しているゲーマー向けのファンタジー解説本『Truth In Fantasy』シリーズは主要な活躍の場所となっており、解散後にも元・怪兵隊のライターの多くがこのシリーズを執筆している。

解散時期は不明だが[1]、メンバーの一部はファーイースト・アミューズメント・リサーチに参加。ただし、移籍したメンバー達も多くは後に独立して、2011年現在では鈴吹太郎以外にファーイースト・アミューズメント・リサーチ社に怪兵隊のメンバーは残っていない。

所属していた主なメンバー[編集]

脚注[編集]

  1. ^ RPGマガジン』1994年5月号に掲載された『トーキョーN◎VA』リプレイ「支配者の逃亡」(連載企画「無限のきらめき」の一環)の著者は「田中信二と怪兵隊」となっており、少なくともこの頃までは「怪兵隊」の名義は残っていた。『ゲーマーズ・フィールド別冊 Vol.21 かわいそうとはこういうことだ』 ゲーム・フィールド、2011年、7ページ。ISBN 978-4-86224-061-3

関連項目[編集]