バンタングループ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
カドカワ > ドワンゴ > バンタングループ

バンタンは、クリエイティブ分野に特化した専門教育を主体とした日本の企業グループ。

デザイン系の教育施設「バンタンデザイン研究所」を母体に、フード・ゲーム・アニメ・マンガなど、幅広い分野のクリエイターの教育育成、芸術文化の発信や人材の育成を展開している。

東京では恵比寿(本部)、渋谷、代官山、中目黒に校舎を持つ。その他は大阪校(デザイン研究所・レコールバンタン)ほか名古屋・福岡の日本国内4箇所と海外に提携校をもつ。

学校法人格を取得していない通常の営利法人による私企業経営であり、専修学校各種学校に該当しない、いわゆる無認可校である。しかし、私企業運営による柔軟な体制を生かし、教員免許を持っている常勤講師の授業を排除し「業界最先端の現況を反映させたカリキュラムと、全員業界の現役プロによる、応用レベルまでの実践教育」を全事業分野に貫くことで、優秀なクリエイターを業界に多数輩出している。

バンタンの名前は、フランス語20歳 「20 ans」「vingt ans」 (ヴァンタン)を語源とした造語である[1]

会社概要[編集]

  • 社名:株式会社バンタン (Vantan Inc.)
  • 代表取締役社長 石川広己
  • 本部所在地:〒150-0022 東京都渋谷区恵比寿南3-1-8

事業内容[編集]

  • ファッション、ヘアメイク、ビューティ、グラフィックデザイン、映画映像、フォト、ゲーム、アニメ、マンガ、サウンド、パティシエ、カフェ、フードコーディネーター等の分野におけるクリエイター養成スクール運営事業
  • 卒業生の独立支援事業

おもなグループ企業[編集]

  • 株式会社バンタンデザインマネジメント
  • 株式会社バンタンフューチャークリエイション
  • 株式会社バンタンコンテンツトラックス
  • 株式会社バンタンインターナショナル
  • 株式会社バンタンプロモーションセンター 

運営する施設[編集]

<全日制スクール>

  • バンタンデザイン研究所 (東京・大阪・名古屋・福岡)- ファッション・ヘアメイク・ビジュアル・インテリア・映像など、未経験からプロを目指せる多彩なコースを有し、各業界への人材輩出で高い実績を誇るスクール。2010年度で創立45周年を迎えた。
  • バンタンヘアスタイリングラボ - (美容師養成施設認定校)高感度ヘアスタイリストの育成を目的とした、美容師養成スクール。国家資格取得のための指定カリキュラムとクリエイター養成カリキュラムの並行受講が可能。
  • レコールバンタン(東京・大阪)- パティシエブランジェ(パン職人)、カフェオーナー、フードコーディネーターを目指す「食」のプロ育成スクール。
  • バンタンゲームアカデミー(東京)- ゲーム・アニメ・マンガ分野のプロ育成スクール。
  • ヴィーナスアカデミー(東京)- ヘアメイク、ネイル、アロマ・エステ,ファッション、ブライダルを学ぶ。

<キャリアスクール>

  • バンタンデザイン研究所・キャリアカレッジ(東京・大阪)- 週末を利用して1年間、働きながら学べる、ファッション・ヘアメイク・ビジュアル・インテリア・映像分野の総合デザインスクール
  • バンタンインターナショナルプログラム(東京)- 海外デザインスクール・大学への留学支援プログラム。海外での活躍を見据え、世界基準のカリキュラムを提供。
  • ストリートバンタンTOKYO(東京)- 東京発信のファッションに特化し、独立・起業を目指す方に向けた専門スクール。
  • レコールバンタン・キャリアカレッジ(東京・大阪) - 週末を利用して最短3ヶ月から働きながら学べる、パティシエ(製菓)・ブランジェ(製パン)・カフェオーナー・フードコーディネーターを目指す「食」のプロ育成スクール。
  • バンタンドットライブアカデミー(東京)- ソーシャルメディア・スマートフォンアプリに特化した専門スクール。
  • バンタンプロフェッショナルランゲージスクール(東京)- クリエイティブ業界で活躍するための日本語学習を特徴とした日本語学校。

<ハイスクール>

  • バンタンデザインハイスクール - ファッション・ヘアメイク分野の高等教育スクール。高校卒業資格の取得も可能。
  • レコールバンタンハイスクール(東京)- パティシエ(製菓)のプロ育成を行う高等教育スクール。高校卒業資格の取得も可能。
  • ヴィーナスアカデミーハイスクール - ネイル・エステ・ヘアメイク・ファッション・ブライダルのトータルビューティを学ぶ高等教育スクール。高校卒業資格の取得も可能。

沿革[編集]

  • 1965年 バンタンデザイン研究所 東京・恵比寿に創設。当時の日本のアパレル業界にて、欧米の模倣が主流だった中、"デザイン"という概念を広め、オリジナリティのあるデザイナーを育て業界に輩出するため、芸術家や企業の企画・広告担当者等が集まりデザインについて語りあうデザインの私塾としてスタート。「業界の最先端の現役プロが、若手のプロを教育する」というスタイルで運営され、現在のグループの教育ポリシーが確立される。
  • 1969年 バンタンキャリアスクール(現:バンタンデザイン研究所)開校 - 社会人のステップアップに向けたデザイン教育をスタート。
  • 1972年 流行予測情報誌「トレンド」発刊
  • 1980年 「新フラットパターン技法書」、「ファッションビジネス基礎用語辞典」発刊
  • 1991年 バンタン電脳ゲーム学院(現:バンタンゲームアカデミー)開校 - 「デザイン」と「テクノロジー」の融合を目指し世界初の[要出典]ゲームクリエイター育成校。
  • 1998年 バンタン製菓学院(現:レコールバンタン)、バンタンルソン・ド・シュルプリーズ(現:レコールバンタン・キャリアカレッジ)開校 - それまでの製菓・調理学校と全く異なり、レシピだけではなくフードコーディネート・デザイン・ビジネスなどを含めた、「フードデザイン」を軸に置いた食の専門教育を開始する。菓子職人を意味するフランス語の「パティシエ」という呼称を広める。
  • 2000年 バンタン映画映像学院(現:バンタンデザイン研究所映像デザイン学部)が開校 - フィルム中心だった映画・映像業界のデジタル化を考え、デジタル環境に対応した人物育成を開始。
  • 2002年 組織再編成を行い、新規法人として「株式会社バンタン」を設立
  • 2004年 ヴィーナスアカデミー開校 - 「セルフビューティ」をカリキュラムに取り入れたトータルビューティスクールを業界に先駆けて開校。
  • 2007年 バンタン電影アニメマンガ学院(現:バンタンゲームアカデミー)開校 - コンテンツ時代の先駆けとして、世界でも活躍できるアニメ、マンガ業界のクリエイター人材を育成。ゲーム開発レーベル「WASABI」立ち上げ・ゲーム分野でのインキュベーション活動をスタート。「ダブルダッチデライト」 スポンサー契約開始・若者や子供たちに人気の競技を通して、夢に向かって輝くことの素晴らしさを伝える。
  • 2007年 「未来のしごと研究所」運営開始・小中学生を中心に、将来の職業について自らが考えることへの啓蒙活動を開始。
  • 2007年 バンタンヘアスタイリングラボ 開校 - バンタン独自のクリエイター育成カリキュラムに加え 国家資格取得のための指定カリキュラムを開始。
  • 2008年 バンタンデザイン研究所ファッション分野のインキュベーションオフィス「atelier X-SEED」開設 日本で唯一のパーソンズ大学単位互換提携校となる。バンタンデザイン研究所ファッション分野のインキュベーションオフィス「atelier X-SEED」開設 ・「AGURI SAGIMORI」の史上最年少での東京コレクションデビューをはじめ、これまでにないインキュベーション活動が各方面から注目を集める。
  • 2009年 バンタンデザイン研究所とバンタンキャリアスクールを統合 - バンタンデザイン研究所が民間教育機関で初めて外国人の入学受け入れ認可を受ける。
  • 2010年 レコールバンタンハイスクール、ヴィーナスアカデミーハイスクール開校。 - 高校卒業資格の取得とともに、早い段階からのスタートによるメリットを活かしたクリエイティブ教育によって、「10代でプロデビューし、成功する」ことを目指す方への人材育成を開始。
  • 2011年 ストリートバンタンTOKYO開校 - ファッションを中心としたマイクロビジネスでの独立・起業といす新たなコンセプトを発信する。
  • 2011年 バンタンドットライブアカデミー開校 - 業界に先駆けソーシャルメディア、スマートフォンに特化した初のスクールとして注目を集める。
  • 2011年 バンタンプロフェッショナルランゲージスクール開校 - クリエイティブ業界での活躍を目指す外国籍の方への日本語教育を開始する。
  • 2014年11月13日 ドワンゴが同年12月25日付で完全子会社化すると発表。これによりKADOKAWA・DWANGOグループの運営となる。

脚注[編集]

  1. ^ 2004年時点の会社HP内理事長挨拶ページ 2016年9月19日確認

外部リンク[編集]