ファミ通

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ファミ通』(ファミつう)は、カドカワが発行する日本家庭用ゲーム雑誌。発売はKADOKAWA、ブランドはエンターブレイン。かつてはアスキー(創刊から2000年3月まで)、エンターブレイン(2000年4月から2013年9月まで)、KADOKAWA(2013年10月から2015年3月まで)が発行していた。かつての誌名は「ファミコン通信」。『週刊ファミ通』は毎週木曜日に発売、派生雑誌は月刊、隔月、季刊、不定期刊で発売。2015年時点での公称発行部数は30万部(2007年は50万部)。

1986年パソコン雑誌『Login(ログイン)』より派生したテレビゲーム専門誌『ファミコン通信』として創刊。1995年より、創刊当初から使われていた略称『ファミ通』を正式名称とした。現在は国内で発売されるほぼ全ハードのゲームソフトの他、映画・DVD、TV番組、書籍などの総合情報誌も扱う、国内でほぼ唯一のゲーム系週刊誌となっている。

沿革[編集]

  • 1986年6月6日 - Loginから独立した雑誌『ファミコン通信』として創刊(6月20日号)。パソコン雑誌『Login(ログイン)』1985年3月号(2月8日発売)の一コーナーとして「ファミコン通信」誕生。『Login』内の「ファミコン通信」は1986年12月号(11月8日発売)をもって終了。最初に掲載されたニュースはファミコンの海外版(Nintendo Entertainment System)発売の第一報である。最初に紹介したゲームは、ディスクシステム発売記念RPGとして製作された『ゼルダの伝説』である。第1回目の売り上げランキングで1位を獲得したのは『ゲゲゲの鬼太郎 妖怪大魔境』。前年に爆発的なヒットを記録した『スーパーマリオブラザーズ』はディスクライター分も含めて2位だった。創刊号の表紙は『べーしっ君』。裏表紙は『スーパーマリオブラザーズ2』の広告で、後に裏表紙は『ファミリーコンピュータMagazine』ともども長らく任天堂の広告が続いた。
  • 1991年7月12日 - 第135号(7月26日号)発売。この号より週刊誌化。その際のキャッチコピーは「ゲーム誌はファミコン通信でウッドボールだね」。決まり→木+鞠→ウッドボールという洒落である。
  • 1995年12月22日 - 第368号(1996年1月5日12日合併号)発売。正式名称が「ファミ通」となった。
  • 1996年6月7日 - 創刊10周年記念号(6月21日号)発売。
  • 1998年7月3日 - 通巻500号(7月17日号)発売。7月25日〜26日にかけて秋葉原駅電気街口前の駅前広場で記念イベント「ゲームサーカス500 in 秋葉原」を開催。
  • 2000年4月1日 - アスキーの分社化により、出版元がエンターブレインとなる。
  • 2004年3月18日 - エンターブレインの持株会社メディアリーヴス角川ホールディングスの傘下に入り、これにより同じ傘下のメディアワークスと業務が重複することになった。角川は「『ファミ通』、『電撃』のゲーム誌両ブランドは当面の間継続する」とのコメントを出している。
  • 2004年11月12日 - 通巻832号(11月26日増刊号)発売。832をファミ通と語呂合わせしている。
  • 2006年6月2日 - 創刊20周年記念号(6月16日号)発売。この号より5号連続で20周年記念スペシャルを掲載。
  • 2008年2月1日 - 通巻1000号(2月15日増刊号)発売。
  • 2009年8月20日 - 通巻1081号(9月3日号)発売。この号より発売日を金曜日から木曜日に変更。
  • 2011年10月28日 - 通巻1197号(11月10日号)よりiOS・Androidで電子版の提供開始。配信は毎週金曜日で、価格は350円。角川グループが運営する電子書籍サイト「BOOK☆WALKER」内にあるゲーム館[注 1]で購入する形になる。ただしダウンロードコード付録や応募券添付型プレゼント企画などの一部企画・コンテンツは非対応となっている。バックナンバーは過去3ヶ月のものまで購入可能になっている[1]
  • 2013年10月1日 - エンターブレインがKADOKAWA吸収合併された(エンターブレインはブランドとして存続)。これにより、同じく吸収合併された旧メディアワークスの『電撃』(ゲーム誌)とは同じ会社内での刊行となる。
  • 2015年4月1日 - KADOKAWA・DWANGO(現・カドカワ)がKADOKAWAの旧エンターブレインブランドカンパニーが行っていたゲームメディア関連事業、マーケティングリサーチ事業及びこれらの事業に付随して広告本部が行う広告事業を吸収分割の方法により承継(承継後もエンターブレインのブランドは継続して使用)。

掲載内容[編集]

主に発売の近いゲームソフトに関する記事を取り扱っている。

クロスレビュー[編集]

ファミ通を代表する人気コーナーとしてクロスレビューがある。これは4人の編集者がレビュアーとしてゲームソフトをプレイし、各人10点満点、計40点満点で採点するコーナーで、1986年10月31日号より開始された。

このコーナーは影響力が高く、このクロスレビューによって、脚光を得た新規作品も少なくない。また、ファミ通がこのレビュー形式を導入すると、他の家庭用ゲーム雑誌もこぞって模倣したコーナーを設けるようになった。

その反面、影響力の大きさゆえに記事に公正さを欠くとの批判を受けることもある[2]。『ゼルダの伝説 時のオカリナ』がクロスレビュー史上初めて40点満点を獲得した際にはそれまでの同レビューと比べて異常に甘い採点であると疑問視する指摘が他のゲーム雑誌に掲載された[3]

中には実際のゲームの製品版をプレイしたのかすら怪しいレビューもある。例えば2006年9月1日号のクロスレビューで、ディンプルから発売されたゲームソフト『あやかしびと -幻妖異聞録-』にレビュアーの一人が「選択肢が少ない」という点を根拠に4点という低い評価を下したが、文中で例示された「どの女の子と一緒に戦うか」という選択肢がゲーム中には存在しないことを開発元のpropellerのウェブサイトで指摘された[4]。過去には、ファミ通の連載漫画だった『おとなのしくみ』(鈴木みそ著)の作中で、鈴木みそとゲームクリエイターである飯野賢治がレビューの問題点を議論している。 また、The Elder Scrolls IV: オブリビオン・GOTYバージョンの時にも、PS3版は武器による効果音が完全に消えており、プレイすればすぐに分かるレベルのはずなのだが、この問題については一切触れておらず、あたかも何も問題がないような紹介をしている。ジョジョの奇妙な冒険 オールスターバトルでは40点満点をつけたが、発売後に永久パターン等の不具合が発覚した。海外ソフトの日本版のみの仕様変更にも触れる事はほぼなく、40点満点のGTA5でも同様の対応を行った。

殿堂入りに関してはシルバー・ゴールド・プラチナの順に高くなって行く。

販売ランキング[編集]

一部の店舗の売り上げサンプルから統計的に全体の推定販売数の集計をする方法で、家電量販店最大手のヤマダ電機ベスト電器の集計はゲーム取扱い店舗の一部に限られており、コジマケーズデンキ、ネットショップ最大手のAmazon等は集計のサンプルに含まれていない。(全体の推定販売本数には含まれている)そのため、同様の集計を行っているメディアクリエイトアスキー総合研究所(「電撃」系)との間で著しい差分が発生する時がある。

エンターブレインによる調査・集計データとして他のマスメディアでも一部が報じられることが多い(新型ゲーム機や大型ソフトの発売1週目の売上、月間や年間の累計データなど)。

メタリックガバス[編集]

ファミ通誌上で使えるポイントサービス。通称『ガバス』。

これは『ファミ通町内会』などの読者ページにお便りが採用されるとそのガバスチケットを入手でき、一定のガバスチケットを編集部に送付すると必ずその商品に交換できる。

商品については、ゲーム機本体や周辺機器、ゲームソフトの中から選べる。

マスコットキャラクター[編集]

マスコットキャラクターは、松下進によってデザインされたキツネのキャラクター・ネッキー。「ネッキー」は、創刊当時に「ファミコン」という言葉そのものが新しかったこともあり、イラスト担当の松下進が「ファミ『コン』ならキツネのキャラクターだ」ということでキツネのマスコットキャラクターとなったと語っている。

名称は、読者による公募により決定された。ちなみに「ネッキー」という名前は、キツネを逆から読んだものであり、「アスキー」「ミッキー」などに似ており語感が良かったことから採用となった。

ファミ通アワード[編集]

2005年より開催されているその年に発売されたソフトの中で秀逸なソフト・ゲームクリエーター・制作会社などを読者からの投票・販売本数・話題性などを元に選び贈られる賞である。大賞であるゲーム・オブ・ザ・イヤーの他にも様々な賞があるが、クロスレビューの評価をしなかったソフトに受賞されるなど読者投票をベースとした評価が行われている。

なお任天堂マリオ宮本茂は前年度受賞という理由で2008年度では投票対象外となっていたが、2009年度からは殿堂入りとして投票対象外とされた。また、前年度受賞での投票対象外は2008年度以降は行われていない。

インターネット展開[編集]

ファミ通.com[編集]

最新ニュース・販売ランキングなどの他、2010年から誌上のクロスレビューにユーザーの評価を加味した「みんなのクロスレビュー」[5]、2011年からゲームに特化したブログなどのコミュニティサービス「コミニー」[6]を開始した。

インターネットラジオ[編集]

『ファミ通.com』サイト内で配信されている。

配信中[編集]

配信終了[編集]

インターネット番組[編集]

ファミ通Live
ファミ通Xbox360編集部とエンターブレイン渉外担当のジャム爺が主体で行っているMIDNIGHT LIVE360に代わる番組として予定されていた。
全1回。2回目は事実上中止。この後MIDNIGHT LIVE360はこれ以降Usreamに場所を移して配信していた。
MIDNIGHT LIVE
旧MIDNIGHT LIVE360をXbox360のみならず各ハードを総合的に取り扱う番組としてリニューアルさせた。MCはジャム爺が引き続き務める。
ファミ通TV 3rd SEASON
パソコン、スマートフォン、携帯電話で試聴ができる、クラウド型ストリーミングサービスである、Fan+(ファンプラス)にて2011年3月より毎月配信しているインターネット番組。

ファミ通一族[編集]

『ファミコン通信』時代より、テレビコマーシャルを中心に同誌の増刊・派生誌を総称して「ファミ通一族」と呼称している。この場合、姉妹誌であっても『LOGiN』やその系列誌である『LOGOUT』、『E-LOGIN』、『B's-LOG』、TECH系列の『テックウィンDVD』、『TECH GIAN』他は含まない。

週刊ファミ通
「ファミ通」といえば一般にこれを指す。現在販売されているすべてのハードについて扱う総合誌である。
ファミ通DS+Wii
ニンテンドー3DSWii Uの雑誌。タイトルは任天堂が新ハードウェアを発売する毎に変化する。また、他ハードの情報も若干ある。タイトルに「DS」が付いたのは2006年3月20日発売の5月号から。同年12月号(10月21日発売)より現タイトルに変更。
ファミ通コネクト!オン
不定期刊行(2015年9月号までは月刊)のオンラインゲーム専門誌。家庭用ゲーム機の主要ソフトを取り扱っている。ゲーム情報や攻略法のほか、プレイヤーへのインタビューやプレイ中のエピソード、投稿を数多く掲載。ゲームの不満意見を吸い上げメーカーに送ることもある。
オトナファミ
インドア系エンタメ総合誌。2010年11月より月刊化。雑誌名の通り20代以上の大人をターゲットにしている。ターゲット層の小中学生時代のなつかしグッズ等の記事を掲載している。芸能人へのインタビュー記事などが多く、コアゲーマー層以外の読者を意識した作り。2014年5月号より『エンタミクス』に誌名変更。
ファミ通Mobageファミ通GREE
二誌共にソーシャルゲーム専門誌。『ファミ通Mobage』ではDeNAが運営するMobageのゲーム、『ファミ通GREE』ではGREEが運営するゲームをそれぞれ取り扱う。

休廃刊した姉妹誌・増刊など[編集]

ファミ通ブロス/月刊ファミ通Bros
1993年の発刊時は「別冊ファミコン通信・攻略スペシャル」。低年齢層を意識した誌面で「月刊ファミコン通信・攻略スペシャル」へ改題し月刊化。その名称通り、月刊でゲームの攻略記事を掲載していた。1995年には「月刊ファミ通Bros.」へ改題。その後、1998年に「ファミ通ブロス」となり小・中学生向けのコミック雑誌としてリニューアル。小学生から絶大な支持を得ていた『月刊コロコロコミック』を強く意識した誌面になっており、連載作品の『ジバクくん』(柴田亜美)、『時空探偵ゲンシクン』(園田英樹)がアニメ化された。2002年9月号で休刊した。ただし「ブロスコミックス」のレーベルは2010年にファミ通コミッククリア単行本の「ファミ通クリアコミックス」としてリニューアルするまで存続した。
サテラビュー通信
スーパーファミコン周辺機器BS放送データ配信システムサテラビュー専門誌。『月刊ファミコン通信』の1995年5月号増刊として創刊準備号を刊行、その後月刊誌となり1996年5月号まで全12号発売された。当時のアスキーはサテラビュー向けにゲームソフトを多数供給するサテラビュー対応ソフトを発売するなど積極的に関与したものの、サテラビューの不振と番組内容縮小に伴い廃刊。
ファミ通Sister.
1995年と1997年に増刊で刊行されたギャルゲー特集誌。この路線は2000年創刊の『DearMy...』(2000年に「マジキュー・プレミアム」と統合)へ発展したのち『ファミ通キャラクターズDVD』(2008年まで)に継承された。
ファミ通DC
ドリームキャスト専門誌。『ゲーメスト』(新声社)の元編集長・石井ぜんじが寄稿していた。本誌の刊行時、エンターブレインはCSKセガの傘下企業だったため本誌がセガのオフィシャル誌だった。
バーチャルボーイ通信
1995年に増刊で刊行されたバーチャルボーイ特集誌。
ファミ通コミック
1992年頃発刊の漫画誌。『ファミ通DS+Wii』の別冊付録「ファミ2コミック」や、下記の『ファミコミ』とは異なる。
ファミコミ
1994年に増刊として発刊された季刊漫画誌。1995年に本誌と『月刊アスキーコミック』が休刊となり、両誌を引き継ぐ形で『コミックビーム』が創刊された。
ファミ通WaveDVD
ファミ通の番組やエンターブレイン主催のイベントなどの映像なども収められているゲーム映像雑誌。ファミ通の人気コーナーであるやりこみ○○(雑誌により違う)の映像も納められている。2011年5月号をもって休刊。
ファミ通PSP+PS3
PlayStation 2PlayStation 3およびPlayStation Portableの専門誌。廃刊。誌名は「プレイステーション通信」から始まり、以後「ファミ通PS」、「ファミ通PS2」、「ファミ通PLAYSTATION+」と変遷し2008年5月に現在の誌名になったが2010年5月号が最後の刊行となった。
ファミ通Xbox360
ゲーム雑誌業界唯一のXboxプラットフォーム専門雑誌。初代Xbox時代の誌名は「ファミ通Xbox」だった。ファミ通DCの元スタッフが中心になって立ち上げた。2013年から発刊されず休刊状態となっている。

広告費[編集]

2009年8月時点での誌面広告費は次の通り[7]

  • 段差タイアップ(貼付面含む記事9p) : \6,500,000
  • 袋とじタイアップ(記事8P) : \5,400,000
  • 独占スクープ片観音(記事3P+広告3P) : \2,800,000
  • 独占スクープ特報タイアップ(記事2P) : \1,500,000

歴代編集長[編集]

  • 初代 小島文隆(小島ファミ隆) - アクセラ社長(2000年解散)。
  • 2代目 塩崎剛三(東府屋ファミ坊) - アクセラ取締役を経て、現アイスコメット社長。
  • 3代目 浜村弘一(浜村通信) - エンターブレイン社長、KADOKAWA常務取締役を経て、現カドカワ取締役。2009年2月まで誌上に浜村通信を掲載。
  • 4代目 加藤克明(バカタール加藤) - 誌上にバカタール加藤のアノ人に聞きたい!を掲載。
  • 5代目 長田英樹(カミカゼ長田、旧ペンネーム、うしろから長田)
  • 6代目 林克彦(フランソワ林) - 編集長代理から編集長になる。

関連人物[編集]

編集スタッフ[編集]

連載執筆者[編集]

不祥事[編集]

  • ファイナルファンタジーXI』では、担当ライターが特定ジョブの罵倒やゲーム中で編集者としてあるまじき行為を行っていたなどの理由で一部ユーザーがゲーム内で抗議活動を起こすに至った[8]。後に担当ライターが別のライターが書いたものと弁解した。
  • 2007年に公式サイト上でマジコンや改造ツールへのリンクをしていた。後に任天堂他52社がマジコン制作会社を提訴した際にlivedoor ニュースでもこの件が取り上げられた[9]
  • 2015年12月30日、ファミ通.com上にて「SCEが携帯ゲーム機は続けない意向が報道された」という記事が掲載された[10]。翌日に「EGX 2015での吉田修平の発言に対する海外報道への言及で、SCEが正式なアナウンスをしたものではない」と謝罪[11]。2016年1月5日にはファミ通.com編集部が「誤解を招く表現があった」と認め、記事の全文を削除した[12]

その他[編集]

  • 東京ゲームショウ2013のSCEブースにて、同じ角川系列のゲーム雑誌である『電撃PlayStation』とのダブル編集の冊子が無料配布され、初のコラボレーションが実現した[13]
  • クロスレビューの初期に女性視点でゲームを論評していた森下万里子については、その文体から長年「本当は存在しない」「男性編集者が女性の振りをして書いている」と噂されていたが、同誌の元編集長である浜村通信は「(架空の人物ではあったが)でも、中の人はちゃんと女性がやっていました。なんかね、アイドルみたいなのを作りたかったんですよ(笑)」とコメントしている。[14]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ iOS版での正式サービス開始は11月1日より。10月31日まではライトノベル・コミック館での配信だった。

出典[編集]

  1. ^ 週刊ファミ通(電子版)が10月28日から販売スタート! ファミ通App(2011年10月27日)
  2. ^ kotakuより。
  3. ^ Game Walker1999年1月号
  4. ^ 詳細はpropellerオフィシャルホームページの06年08月25日の日記を参照。
  5. ^ ファミ通.comの新サービス、“みんなのクロスレビュー”を公開”. ファミ通.com (2010年1月19日). 2012年7月15日閲覧。
  6. ^ ファミ通.comの新サービス、“みんなのクロスレビュー”を公開”. ファミ通.com (2010年1月19日). 2012年7月15日閲覧。
  7. ^ http://www.enterbrain.co.jp/ad/ad-kikaku/wf_spadplan2009.pdf
  8. ^ 2003年6月13日号 105ページ
  9. ^ “任天堂が提訴した『R4』をファミ通が販売か”. ロケットニュース24. (2008年7月31日). http://rocketnews24.com/2008/07/31/任天堂が提訴した『r4』をファミ通が販売か/ 2012年7月15日閲覧。 
  10. ^ 御徒町デブーチョの“Road to デブートン”第7回目【2015年12月30日時点のアーカイブ】” (2015年12月30日). 2016年1月7日閲覧。
  11. ^ 御徒町デブーチョの“Road to デブートン”第7回目【2015年12月31日時点のアーカイブ】” (2015年12月31日). 2016年1月7日閲覧。
  12. ^ ものすごく久々に書いてみた! 2015年中に伝えたいことをまとめました【御徒町デブ―チョの“Road to デブートン”・第7回】【追記あり】” (2016年1月6日). 2016年1月7日閲覧。
  13. ^ 電撃PlayStationx週刊ファミ通 一番ビックリしたのは当事者たちかもしれない(?)史上初のコラボ冊子が東京ゲームショウ2013のSCEブースに!(ファミ通.com 2013-09-12)
  14. ^ http://ch.nicovideo.jp/indies-game/blomaga/ar626342

関連項目[編集]

外部リンク[編集]