佐藤辰男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

佐藤 辰男(さとう たつお、1952年9月18日 - )は、日本実業家編集者。株式会社コーエーテクモホールディングス社外取締役。

株式会社メディアワークス代表取締役社長・会長、株式会社角川グループホールディングス(現・KADOKAWA)代表取締役社長、株式会社メディアリーヴス代表取締役社長・会長、株式会社KADOKAWA・DWANGO(現 カドカワ株式会社)代表取締役社長(初代)・会長(2代目)、学校法人角川ドワンゴ学園初代理事長を歴任。

来歴[編集]

静岡県出身。写真館の家に生まれる。静岡県立富士高等学校卒業。1976年早稲田大学第一文学部卒業。編集者を目指すもオイルショックの折で採用されず、卒業前の2月に合格した玩具業界紙の日本トイズサービスに記者として入社。

1982年、佐藤の書いたゲーム雑誌(コンプティーク)の企画書を当時、角川書店の専務であった角川歴彦に気に入られ同社に入社。1986年、角川発行のゲーム雑誌コンプティーク』や『マル勝ファミコン』の編集及びキャラクター商品の開発などを担当する子会社・角川メディアオフィスの取締役に就任。1992年に代表権を持つ常務取締役へ昇進するが、同年に角川書店社長であった歴彦の兄・春樹との経営方針を巡る対立から退社した歴彦に同調し角川メディアオフィスに所属していた編集者の大部分を引き連れて独立。同年10月にメディアワークス(後にアスキー・メディアワークス)を設立し、代表取締役に就任、同社専務取締役を経て1995年に代表取締役社長就任。

その後はメディアワークスと角川書店側の関係修復が進み、1999年に古巣の角川書店で取締役に復帰。その後、アスキー角川モバイル代表取締役社長を経て2008年に角川グループホールディングス(現KADOKAWA)代表取締役社長に就任。2014年4月より取締役相談役に就任。2014年10月よりKADOKAWA・DWANGO代表取締役社長に就任、2015年6月に同社代表取締役会長に就任(10月にカドカワへ社名変更)、2017年6月に同社取締役相談役に就任。2015年、学校法人角川ドワンゴ学園理事長に就任[1]。2018年6月、カドカワグループの役職を退任し、株式会社コーエーテクモホールディングス社外取締役に就任。

略歴[編集]

架空の人物[編集]

  • 角川書店分裂以前のコンプティークでは中野豪が佐藤を含む編集スタッフやライターの似顔絵を描いており、「隠れサトウ」として誌面のどこかに潜むという企画まであった[6]。後述のビキニパンツの筋肉キャラも、すでに中野のイラストで登場していた。
  • 山本よしふみ漫画作品『トライアルかおる!』(『月刊電撃コミックガオ!』連載)では、主人公が通う高校の校長として登場。場の雰囲気や話の筋に関係なくビキニパンツ一丁でムキムキの筋肉美をさらすおバカキャラとして扱われている。作中では、本名では呼ばれず「タッちゃん」「佐藤校長」と呼ばれる。
  • また、同じ作者の描くメディアワークスの編集部の内情を描いた裏話ネタ漫画でも常時ビキニパンツ一丁で筋肉美をアピールするだけのキャラとして登場。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 理事長インタビュー 佐藤 辰男”. カドカワ. 2015年10月14日閲覧。
  2. ^ 株式会社角川書店、有価証券報告書 第45期(平成10年4月1日‐平成11年3月31日)12頁
  3. ^ 株式会社角川ホールディングス、有価証券報告書 第52期(平成17年4月1日‐平成18年3月31日)37頁
  4. ^ 株式会社アトラス、有価証券報告書 第20期(平成17年4月1日‐平成18年3月31日)33頁
  5. ^ 社外取締役候補者の選任に関するお知らせ (PDF)”. コーエーテクモホールディングス. 2018年6月25日閲覧。
  6. ^ プロジェクトEGGリニューアル記念スペシャルインタビュー”. D4エンタープライズ. p. 3 (2009年). 2016年12月3日閲覧。

外部リンク[編集]

先代:
(設立)
KADOKAWA・DWANGO社長
(現 カドカワ
初代(2014年 - 2015年
次代:
川上量生
先代:
本間明生
角川グループホールディングス社長
(現 KADOKAWA
第8代(2008年 - 2014年
次代:
松原眞樹
先代:
(設立)
角川ドワンゴ学園理事長
初代(2016年 - 2018年
次代:
山中伸一