荒井清和

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

荒井 清和(あらい きよかず、1959年1月29日 - )は、日本漫画家イラストレーター埼玉県蕨市出身。代表作に『べーしっ君』など。

経歴[編集]

1979年、法政大学社会学部在学中に『ラストクイック』(週刊少年ジャンプ増刊号)でデビュー。 大学卒業後、『ログイン』1983年12月号にて4コマ漫画『マイコン坊さん』を書いたのをきっかけに同誌で翌年から『べーしっ君』の連載を開始。その後『べーしっ君』は『ファミコン通信』でも同時連載され、初期のファミコン通信を代表する漫画となった。また、この頃『MSXマガジン』のアートディレクターとしても活動。また、ファミ通時代からファミ通のクロスレビューのレビュアーのイラストを手掛けている。

糸井重里とは『べーしっ君』1巻の帯を書いてもらったり、彼のエッセイ連載に4コマ漫画を提供するなど、20年以上交流が続いている。2005年には彼のサイトで、第1回ほぼ日マンガ大賞を受賞した。

まんがパロ野球ニュース』など、アスキー以外の雑誌では、当初、マスクドカートゥニスト満塁策(まん るいさく)、素浪院周人(すろういん しゅうと), スリマーきよ名義で執筆していた。

エピソード[編集]

  • 学生時代の夏休みに高橋よしひろアシスタント経験がある。(本人談)
  • 入稿直前の版下をうっかりゴミ箱の上に置いて仕事をしていたところ、掃除のオバサンがそれをゴミと思って捨ててしまった。先輩の社員と一緒にビルのゴミ集積所に行って必死に掘り返し発見、無事入稿に間に合った。(元同僚談)

主な作品[編集]

漫画[編集]

コンピュータゲーム[編集]

外部リンク[編集]

関連項目[編集]