ファミ通DS+Wii

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ファミ通DS+Wii』(ファミつうディーエスプラスウィー)は、KADOKAWA・DWANGOが発行している、『週刊ファミ通』の姉妹誌である。発売はKADOKAWA、ブランドはエンターブレイン任天堂系ハード(主にニンテンドー3DSWii U)の記事を扱う。新ハードが発売するのに伴って誌名も変化している。

沿革[編集]

ファミ通64+[編集]

1999年ファミ通64+(ロクヨンプラス)の雑誌名で創刊。編集長は、現在週刊ファミ通編集長のバカタール加藤

ファミ通64+アドバンス[編集]

2001年5月号よりゲームボーイアドバンス発売に合わせてファミ通64+アドバンスに誌名を変更。

ファミ通キューブ+アドバンス[編集]

2001年9月のニンテンドーゲームキューブ発売に伴い10月号で早くもファミ通キューブ+アドバンスに誌名変更。2002年12月号では諸般の事情により発売中止となっていた「大乱闘スマッシュブラザーズDX」のサウンドトラックが本誌付録に。何故か分からないが近年、本誌の値段が特別定価として少しずつ値上げしてきている。 編集長は水間勇一(愛称「水ピン」水間勇一の水と一〔ピン〕から?)になる

ファミ通DS+キューブ&アドバンス[編集]

2006年5月号よりファミ通DS+キューブ&アドバンスに変更。表紙や内容の傾向がいっそう低年齢向けになる。

ファミ通DS+Wii[編集]

2006年12月号からファミ通DS+Wiiに変更。

2006年10月までは、本誌はデンゲキニンテンドーDSと共に、低年齢層向けの任天堂誌として見られてきた。しかし、デンゲキニンテンドーDSを出版しているメディアワークスは、2006年10月から新たに、大人でも楽しめるDENGEKI DS Style(のち電撃DS&Wii)を発刊。また、毎日コミュニケーションズが発刊しているニンテンドードリームは、依然として全年齢向けの内容であるため、結果として、本誌の出版元であるエンターブレインは、任天堂専門誌では3社の中で唯一、低年齢層向け雑誌のみ発刊している格好となってしまった。

2007年8月21日発売の10月号で創刊100号を達成。

2009年4月21日発売の6月号で創刊10周年を達成。

主なコーナー[編集]

現在連載中のコーナー[編集]

  • みんなのクロスアイ
  • 今月の知っ得ニュース
  • イラストギャラクシー→ニュースーパーイラストランド
  • おたよりマンション→おたより倶楽部
  • 強力連載!! 人気ゲーム大集合!
  • 次号予告くん
  • はみだしおたより
  • 編集部なんでも通信
  • 編集部注目ゲーム攻略隊
  • めちゃオシゲーム

終了したコーナー[編集]

  • オレのページグランプリ(1~8)
  • 新着クロスレビュー
  • はじめてのゲームチャレンジ 
  • 裏技研究所

強力連載人気ゲーム大集合[編集]

終了

ファミ2コミック[編集]

ファミ2コミック(ファミツーコミック )は、DS+キューブ&アドバンス2006年2月号から毎号、添付されている別冊付録。ゲーム原作の漫画作品が連載されている。2009年9月号から本誌とドッキングしている。 ところが、最近連載されているのは、カービィと太鼓の達人だけである。

主な連載作品[編集]

過去の連載作品[編集]

ヒーローバトルコロシアム菊野郎

歴代編集長[編集]

  • 初代 田原誠司
  • 2代 バカタール加藤
  • 3代 水ピン
  • 4代 藤谷ソウキチ

ファミ通DS+Wii編集部員[編集]

  • 藤谷ソウキチ
  • 村田コレクション
  • 坂本ウ
  • コダマックス
  • DJ宮本
  • カレー犬童
  • 保田パセリ
  • 飯田でんこ
  • さなぴー
  • ウィステリア舞衣

なお、村田コレクションは、1997年「ファミ通64+」の連載開始当初からファミ通64系の仕事をしている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]