角川歴彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
かどかわ つぐひこ
角川 歴彦
増田宗昭(左)、奥谷禮子(右)と
(2009年6月19日、東京都にて)
生誕 1943年9月1日(70歳)
日本の旗 東京都
出身校 早稲田大学第一政経学部卒業
職業 KADOKAWA 取締役会長
テンプレートを表示

角川 歴彦(かどかわ つぐひこ、1943年9月1日 - )は日本の実業家。株式会社KADOKAWA取締役会長。

東京都出身。学歴早稲田大学高等学院を経て早稲田大学第一政経学部卒業学位政治学士(早稲田大学)神戸芸術工科大学客員教授

角川書店創業者の角川源義は父、実兄の角川春樹は角川書店元社長。姉は歌人の辺見じゅん

経歴[編集]

角川書店には1966年の大学卒業と同時に入社。1975年に専務、1992年に副社長に昇格した。テレビ情報誌の『ザテレビジョン』や都市生活情報誌の『東京ウォーカー』など雑誌部門を育てて経営に貢献したと言われる。ゲーム分野の子会社の角川メディアオフィスの社長も務めていたが、1992年の9月に経営路線の対立で春樹により角川書店副社長を辞任させられる。角川メディアオフィスの従業員のほとんどが歴彦について退社し、歴彦は主婦の友社の協力を得てメディアワークス(現在は角川グループ系列)を創業した。翌1993年、春樹が角川書店社長を解任されたことで、顧問として角川書店復帰、同年に社長に就任した。

その後しばらく、角川グループホールディングス代表取締役会長兼CEOとして、角川書店を始めとする角川グループを率いた。また2002年より社団法人日本映像ソフト協会会長を務めるなど、出版・映像関連の業界団体の多くで役員を務めている。

2007年2月11日に関谷幸一が角川グループホールディングス社長に就任すると、自身は代表取締役会長に退く。2010年6月には取締役の代表権とCEOから退任、取締役会長となり経営の第一線から退き、2012年には角川書店の会長職からも退いた。2013年現在は角川マガジンズブックウォーカーの取締役会長や角川書店の取締役を務め、KADOKAWAの筆頭株主でもある。

DVDのコピーガードの解除や特定のリージョンコード以外のDVDを再生する行為に反対している一人である。一方で同人文化に許容を示し、積極的に同人作家からの新人発掘を薦めたり、MADムービーなどにも一定の理解を示してYouTubeでの公認MADムービー制度を作り上げるなど、柔軟な姿勢を取っている。著書『クラウド時代と<クール革命>』を出した際には期間限定で全文無料公開した。

少年時代将棋奨励会に入っていたことがある。デザイナー芦田淳とは親友。

家庭環境[編集]

他にも妹がいる。詳細は、岩上安身による下記の解説に詳しい。

著書[編集]

  • クラウド時代と〈クール革命〉(監修:片方善治、角川書店〈角川oneテーマ21〉、2010年3月10日、ISBN 978-4-04-710226-2
  • グーグル、アップルに負けない著作権法(角川グループホールディングス〈角川EPUB選書〉、2013年10月10日、ISBN 978-4-04-080001-1

外部リンク[編集]