嗤う伊右衛門

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
嗤う伊右衛門
著者 京極夏彦
発行日 1997年6月
発行元 中央公論社
日本の旗 日本
言語 日本語
形態 四六判
ページ数 385
コード ISBN 4-12-002689-2
Portal.svg ウィキポータル 文学
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

嗤う伊右衛門』(わらういえもん)は、京極夏彦による日本小説。第25回泉鏡花文学賞受賞作、第118回直木賞候補作。

四代目 鶴屋南北の「東海道四谷怪談」と実録小説「四谷雑談集」を下敷きに執筆された、江戸怪談シリーズの第1弾。『このミステリーがすごい!』で第8位に、『週刊文春ミステリーベスト10』で第9位にランクインした。2003年蜷川幸雄監督、唐沢寿明小雪主演で映画化され、しかくの作画で漫画化もされた。

概要[編集]

本作の四谷怪談を京極独自の解釈でアレンジされており、大まかな設定を除くと全くの別物となっている。お岩は毒を盛られて醜くなったという設定が大きく変化しており、お岩は伊右衛門と出会う以前から既に病により既に醜くなっていたという設定から物語が始まっている。そして、伊右衛門もまた、理不尽な離縁が迫られた事や、伊藤家の策謀に翻弄されながらお岩の事を愛し続ける正義芯の強い男として描かれている。

あらすじ[編集]

登場人物[編集]

民谷 伊右衛門(たみや いえもん)
ついぞ笑ったことがないと言われる摂州浪人。民谷家へ婿入りする。旧姓・境野。岩の事を醜いとも厭だとも思っていないが、岩には信じてもらえずに癇癪をおこされる。しかし怒鳴り返しもせず、黙って罪滅ぼしのように家や道具の修理をするので、余計に悋気の的となる。剣の腕はかなりのものらしい。浪人時代は木匠を生業としていたため、普請の腕もいい。
民谷 岩(たみや いわ)
伊右衛門の妻。疱瘡を病み、美しかった顔が醜く崩れてしまうが、凛とした態度を保ち続ける。しかし、家柄も落ちぶれ、醜い顔である自分に抵抗もせず婿入りした伊右衛門の本心がわからず、憐れみもなにも欲しくないと思っているので癇癪をおこすが、伊右衛門のことをおもって、家督をゆずって家を出る。
直助(なおすけ)
深川万年橋の町医者・西田尾扇のもとで住み込みで働く下男。妹の袖が自殺して以来行方をくらます。
御行の又市(おんぎょうのまたいち)
小股潜り。伊右衛門と岩の縁結びを行う。『巷説百物語シリーズ』にも登場する。彼の発言から、『前巷説百物語』の『旧鼠』から2年程が経過していると分かる。
灸閻魔の宅悦(やいとえんまのたくえつ)
足力按摩。百姓の生まれで、按摩を始めてから髪が抜け、目も見えなくなった。民谷家に仕事で出入りする。
伊藤 喜兵衛(いとう きへい)
四谷左門殿町の御先手御鉄砲組与力。悪い噂が尽きない外道で、剣の腕だけは立つ色狂い。実は先の組頭・三宅讃井の子だが、札差の総領として育った。
民谷 又左衛門(たみや またざえもん)
四谷左門町の御先手御鉄砲組同心。岩の父。鉄砲の暴発で重傷を負い、岩の祝言を見届けたのちに亡くなる。
民谷 梅(たみや うめ)
両国の薬種問屋・利倉屋の娘。喜兵衛にさらわれ手籠めにされた。父親が又市に依頼したことで民谷又左衛門の養女となり、伊藤喜兵衛に輿入れする。
秋山 長右衛門(あきやま ちょうえもん)
同心。多額の借財を喜兵衛に返済してもらったことから、彼の従順な家来となり悪事の片棒すら担ぐようになった。しかし、喜兵衛からは嫌われている。
堰口 官蔵(せきぐち かんぞう)
同心。喜兵衛の腰巾着の一人。悪知恵の働く小悪党。
西田 尾扇(にしだ びせん)
深川万年橋の町医者。『前巷説百物語』の『二口女』にも登場する。

書誌情報[編集]

小説
漫画

映画[編集]

嗤う伊右衛門 Eternal Love
監督 蜷川幸雄
脚本 筒井ともみ
出演者 唐沢寿明
小雪
音楽 宇崎竜童
撮影 藤石修
編集 川島章正
配給 東宝
公開 2004年2月7日
上映時間 128分
製作国 日本の旗
言語 日本語
テンプレートを表示

2004年2月7日東宝の配給により公開。PG-12指定。第16回東京国際映画祭に特別招待作品として出品された。

第49回アジア太平洋映画祭で助演男優賞(香川照之)と美術賞(中澤克巳)を、第17回日刊スポーツ映画大賞で主演女優賞(小雪)を受賞した。

キャスト[編集]

外部リンク[編集]