角川源義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

角川 源義(かどかわ げんよし、1917年大正6年)10月9日 - 1975年昭和50年)10月27日)は、日本実業家国文学者俳人角川書店(現・KADOKAWA)の創立者。俳号は源義(げんぎ)、水羊(すいよう)。

辺見じゅん(作家、幻戯書房代表)、角川春樹(俳人、角川春樹事務所会長兼社長、幻戯書房会長)、角川歴彦KADOKAWA会長)の父。

経歴[編集]

出生から学生時代まで[編集]

富山県中新川郡東水橋町(現富山市)に父・源三郎、母・ヤイの三男として生まれた[1]。父・源三郎は源義誕生時は鮮魚を商っていたが、後に米穀商に転じ成功している[1]

1930年(昭和5年)、富山県立神通中学校(現在の富山県立富山中部高等学校)に入学した[2]。中学入学時に、すでに俳句にかなり深い関心を抱いていた[3]。中学3年生の頃、従兄弟が持っていた雑誌『改造』で、折口信夫(釈迢空)の「大倭宮廷の剏業期」という論文を読んで感動した[3]。これが折口信夫との最初の出会いであった[3]

文学書の読書にのめり込んでいった源義は、その結果として数学英語を苦手とするようになり、医師志望熱もさめていった[4]。そのかわり国語、なかんずく国文法と漢文には抜群の出来を示すようになり、漢文の教師などは源義の質問にしばしば立ち往生させられた[4]

第四高等学校受験に失敗し、1935年(昭和10年)に中学を卒業すると受験浪人第1年目の生活に入った[5]。そして、勉学のため京都に出て、平安高等予備校で学ぶことにした[5]

1936年(昭和11年)に上京して東京市立一中(東京都立九段高等学校)の補習科に通った。

古書店で折口の著書『古代研究』に出会ったことが契機となり、父の反対を押し切って國學院大學予科に入学、柳田国男、折口信夫、武田祐吉の指導を受ける[6]。また折口の短歌結社「鳥船」に入会した。1941年12月、臨時徴兵制度によって大学を繰り上げ卒業する。

角川書店設立・私生活[編集]

城北中学校教師を経て、1945年(昭和20年)11月東京都板橋区小竹町で角川書店を設立した。既に岩波書店から刊行されベストセラーになっていた阿部次郎著『三太郎の日記』を合本として上梓し、成功を収めた。

1949年角川文庫を発刊する。文庫本という分野は岩波書店新潮社という二つの老舗によって既に開拓されていたため、新興出版社である角川書店の進出が成功するかどうか危ぶまれたが、結果としては関係者が驚くほどの成功ぶりだった。

1952年6月、俳句総合誌『俳句』を創刊。1954年、短歌総合誌『短歌』創刊。1955年、両誌でそれぞれ新人賞角川俳句賞および角川短歌賞を設立。1967年に蛇笏賞迢空賞を設立。1961年の俳人協会設立への参加、俳句文学館の建設などとあわせ俳壇・歌壇の興隆に尽力した[6]

1952年11月に発刊した『昭和文学全集』(全25巻)は、1巻あたり15万部強の記録的な売れ行きを示し、これによって文芸出版社としての角川書店の評価が確立した。社内では「角川天皇」、私生活の面では鬼源と綽名された癇癪持ちであると同時に漁色家でもあり、自らの家庭を顧みずに複数の愛人を作って私生児を産ませるなど奔放な生き方を貫いた。長男・角川春樹は、父に対しての反逆心が出発点だったと「私の履歴書」ほかで述べている。

1972年、『雉子の聲』で日本エッセイスト・クラブ賞を受賞する。1975年、58歳の若さで急逝。1979年(昭和54年)に角川源義賞が開始される。毎年国史部門・国文学部門の研究者に授与される学術賞で、25回目(2003年)から、文学研究部門・歴史研究部門に名称が変更された。

俳人として[編集]

前述のように中学時代から俳句に興味を持ち始めており、中学2年生のとき(1931年)に校友会誌に「俳人一茶の生涯」を寄稿したり、翌年より伊藤月草主宰の「草上」に投句するなどしていた。角川書店設立後、1947年に金尾梅の門の「古志」(のち「季節」に改題)に幹部同人として参加。1958年12月、叙情性の回復と伝統への回帰を標榜し「」を創刊、死去するまで主宰を務めた[6]。1975年、第5句集『西行の日』で読売文学賞を受賞。

代表句として、「何求(と)めて冬帽行くや切通し」(『ロダンの首』所収)「篁(たかむら)に一水まぎる秋燕」(『秋燕』所収)「花あれば西行の日と思ふべし」(『西行の日』所収)などがある。飯田蛇笏の格調の高い句風を慕い、また石田波郷の俳句精神に傾倒。自身の句も二句一章の構造を持つ格調の高い句が多く、客観・写実に徹すれば叙情がにじみ出るという考えに立っていた[6]

中世への民俗学的関心や古典への傾倒などから難解な句を作る傾向があったが、第4句集『冬の虹』(1972年)からは日々の生活に目を向け、「軽み」に通じる平明で直接的な叙情を目指した[7]。「篁に」の句にちなみ、源義の忌日は「秋燕忌」(しゅうえんき)とも呼ばれる[8]

家族・親族[編集]

  • 祖父・源三郎[1] 1909年(明治42年)没[9]
  • 祖母・シナ[9]
  • 父・源三郎[1]鮮魚商、米穀[1]1877年(明治10年)生[9]
    • 小学校にも満足に通わず幼時から刻苦して働いた[9]船乗りになったり、魚を売り歩いたりして生活を支えた[9]。後に米穀商として成功した[9]。米穀商といっても小売商ではなく、いわゆる廻米商だった[11]農家地主から米を買いつけ、精米して県外に移出する商業である[11]
  • 母・ヤイ[1]
  • 弟・源蔵[11]
  • 前妻・冨美子
    • 真弓、春樹、歴彦の母。
  • 後妻・照子 1928年生-2004年没
    • 俳人。「河」の同人。1949年に源義と結婚。源義との間に一男(道夫)一女(真理)を儲けたが、いずれも成人前に亡くなった。源義の没後「河」を主宰した。
  • 長女・真弓[12](歌人・作家、筆名辺見じゅん1939年7月生 - 2011年9月没
  • 長男・春樹 1942年1月生 -
  • 次男・歴彦 1943年9月生 -

その他[編集]

井沢元彦の小説『GEN-源氏物語秘録』や荒俣宏の小説『帝都物語』に作中人物として角川源義が登場する。

著書[編集]

  • 語り物文芸の発生(東京堂出版、1975年)
  • 角川源義俳句批評(角川書店、1979年)
  • 角川源義全句集(角川書店、1981年)
  • 季題別角川源義全句集(村山古郷編、角川書店、1986年)
  • 角川源義全集(全5巻、角川書店、1988年)
  • 源義経(高田実共著、新版は講談社学術文庫

序数句集[編集]

  • ロダンの首(近藤書店、1956年)
  • 秋燕(狼玕堂、1966年)
  • 神々の饗宴(牧羊社、1969年)
  • 冬の虹(東京美術、1972年)
  • 西行の日(牧羊社、1975年)

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j 鎗田清太郎『角川源義の時代 角川書店をいかにして興したか』9頁
  2. ^ 鎗田清太郎『角川源義の時代 角川書店をいかにして興したか』11頁
  3. ^ a b c 鎗田清太郎『角川源義の時代 角川書店をいかにして興したか』13頁
  4. ^ a b 鎗田清太郎『角川源義の時代 角川書店をいかにして興したか』12頁
  5. ^ a b 鎗田清太郎『角川源義の時代 角川書店をいかにして興したか』21頁
  6. ^ a b c d 小島健 「角川源義」 『現代俳句大事典』普及版、149-150頁
  7. ^ 山本健吉 『定本現代俳句』 295-296頁
  8. ^ 山本健吉 『定本現代俳句』 294-295頁
  9. ^ a b c d e f 鎗田清太郎『角川源義の時代 角川書店をいかにして興したか』17頁
  10. ^ a b c 鎗田清太郎『角川源義の時代 角川書店をいかにして興したか』10頁
  11. ^ a b c 鎗田清太郎『角川源義の時代 角川書店をいかにして興したか』18頁
  12. ^ 鎗田清太郎『角川源義の時代 角川書店をいかにして興したか』30頁

参考文献[編集]

  • 鎗田清太郎『角川源義の時代 角川書店をいかにして興したか』 角川書店、1995年
  • 山本健吉 『定本 現代俳句』 角川書店、1998年
  • 『現代俳句大事典』普及版、三省堂、2008年
  • 杉並区立郷土博物館 『角川源義 出版・俳句・学問への熱意 平成22年度特別展展示図録』 杉並区立郷土博物館、2010年 

関連書籍[編集]

  • 『角川源義読本』俳句編集部編 (角川学芸出版 2005年)
  • 吉田鴻司編 『角川源義の世界』(昭和俳句文学アルバム11、梅里書房、1989年)
  • 加藤勝代 『わが心の出版人 角川源義・古田晁臼井吉見』(河出書房新社、1988年)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]