柳下毅一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

柳下 毅一郎やなした きいちろう1963年12月30日 - )は、日本の翻訳家殺人研究家。自称「特殊翻訳家」(後述)。多摩美術大学造形表現学部映像演劇学科非常勤講師(映像芸術論)。

経歴・人物[編集]

大阪府生まれ。甲陽学院中学校・高等学校から東京大学理科一類を経て東京大学工学部建築学科卒業。東京大学在学中は、山形浩生と共に、「東京大学SF研究会」に属し、共同でウィリアム・バロウズについての研究ファンジン「バロウズ本」を作成した。卒業後、宝島社に勤務し雑誌『宝島』等の編集者をへて、フリーに。町山智浩とは、『宝島』編集部時代の同僚であった。

「ガース柳下」や「曲守彦」の筆名を使うこともある。ただし「曲守彦」は、宝島社勤務時代に使った名前で、現在は使用されない。

町山と共に仕事をするときは「ガース柳下」「ウェイン町山」の「ファビュラス・バーカー・ボーイズ」を名乗ることが多い。なお、ウェイン、ガースは『ウェインズ・ワールド』のボンクラ・コンビの名前である。「ファビュラス・バーカー・ボーイズ」は映画『ファビュラス・ベイカー・ボーイズ』のもじりである。

「特殊翻訳家」の謂いは、普通の翻訳家が手を出さない特殊な文献・文学作品を好んで翻訳することからで、「特殊漫画家」と自称した根本敬から影響を受けた自称である。

またサッカー愛好家でもあり、サイモン・クーパーをはじめサッカーについて政治的に論じた書の翻訳も行っている他、ヨコハマ・フットボール映画祭の審査委員長も務める。

妻は、サイレント映画伴奏者のピアニスト・柳下美恵

著書[編集]

単著[編集]

  • 『世界殺人鬼百選/Ultimate Murder File』ぶんか社、1996年9月。(ガース柳下名義)
  • 『世界殺人ツアー 殺人現場の誘惑』原書房、1998年2月。→文庫化にあたって改題 『殺人マニア宣言』ちくま文庫、2003年9月。
  • 『愛は死より冷たい 映画嫌いのための映画の本』洋泉社、1998年9月。
  • 『シー・ユー・ネクスト・サタデイ 完全収録 『激殺!映画ザンマイ』』ぴあ、2003年10月。
  • 『興行師たちの映画史 エクスプロイテーション・フィルム全史』青土社、2003年12月。
  • 『シネマ・ハント ハリウッドがつまらなくなった101の理由』エスクァイアマガジンジャパン 2007年12月。
  • 『新世紀読書大全 書評1990-2010』洋泉社、2012年8月
  • 『皆殺し映画通信』カンゼン、2014年3月
  • 『皆殺し映画通信 天下御免』カンゼン、2015年10月
  • 『皆殺し映画通信 冥府魔道』カンゼン、2016年6月
  • 『柳下毅一郎の特殊な本棚』本の雑誌社、2016年2月(電子書籍オリジナル)

共著[編集]

  • 『ファビュラス・バーカー・ボーイズの地獄のアメリカ観光』洋泉社、1999年1月。(町山智浩と共著) - のちちくま文庫
  • 『コンプリート・チャールズ・マンソン チャールズ・マンソンシャロン・テート殺人事件』コアマガジン、1999年10月。(共著)
  • 『ファビュラス・バーカー・ボーイズの映画欠席裁判』1-3 洋泉社、2002-07(町山智浩と共著) - 3冊からセレクトして『ベスト・オブ・映画欠席裁判』文春文庫
  • 『バッド・ムービー・アミーゴスの日本映画最終戦争 邦画バブル死闘編〈2007‐2008年版〉』洋泉社、2009年3月。(江戸木純、クマちゃんと共著)
  • 『日本映画空振り大三振 〜くたばれ!ROOKIES』洋泉社、2010年6月。(江戸木純、クマちゃんと共著)
  • 『「監督失格」まで: 映画監督・平野勝之の軌跡』ポット出版、2013年4月(平野勝之共著)
  • 『雑食映画ガイド』(町山智浩,ギンティ小林と共著 双葉社、2013年4月)

編書[編集]

  • 『ティム・バートン 期待の映像作家シリーズ』 キネマ旬報社、2000年3月。
  • 『実録殺人映画ロードマップ』 洋泉社、2004年4月。

監修書[編集]

  • 『実録殺人映画ロードマップ』洋泉社、2004年4月。
  • 『実録!マーダー・ウォッチャー 2005 summer issue』洋泉社、2005年7月。
  • マット・ウェイランド ,ショーン・ウィルシー編『世界の作家32人によるワールドカップ教室』越川芳明と共同監訳 白水社、2006年5月
  • 『女優・林由美香』洋泉社、2006年10月。(編集は、直井卓俊林田義行
  • 『凶悪犯罪の歴史』ぶんか社文庫 2008年2月。
  • 『Murder Watcher 明治・大正・昭和・平成 実録殺人事件がわかる本』洋泉社、2008年6月。
  • 『Murder Watcher 実録 この殺人はすごい!』洋泉社、2008年12月。
  • 『Murder Watcher 殺人大パニック!!』洋泉社、2009年4月。
  • 『実録殺人事件がわかる本 2010 spring マーダー・ウォッチャー vol.6』 洋泉社、2010年2月。
  • 『J・G・バラード短編全集1 (時の声)』J・G・バラード (著), 柳下毅一郎 (監修), 浅倉久志他 東京創元社 2016年9月
  • 『J・G・バラード短編全集2 (歌う彫刻)』J・G・バラード (著), 柳下毅一郎 (監修), 浅倉久志他 東京創元社 2017年1年

編訳書[編集]

訳書[編集]

DVD[編集]

  • 『20世紀の冷酷犯罪史 4枚組BOX』監修・解説、アーティストハウスエンタテインメント 2007年4月

外部リンク[編集]