立川談之助

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
立川 談之助たてかわ だんのすけ
立川 談之助
丸に左三蓋松は、立川流の定紋である。
本名 山林 博(やまばやし ひろし)
生年月日 (1953-06-22) 1953年6月22日(63歳)
出身地 日本の旗 日本群馬県前橋市
師匠 7代目(自称5代目)立川談志
名跡 1. 立川談Q(1974年 - 1978年)
2. 立川談之助(1978年 - )
出囃子 ぜんづと
活動期間 1974年 -
所属 落語協会(1974年 - 1983年)
落語立川流(1983年 - )

立川 談之助(たてかわ だんのすけ、1953年6月22日 - )は、日本の落語家、元参議院議員秘書。群馬県前橋市出身。本名、山林 博(やまばやし ひろし)。出囃子は『ぜんづと』。群馬大学教育学部附属中学校群馬県立前橋高等学校明治大学商学部卒業。

略歴[編集]

人物[編集]

  • 高校時代に落語研究会を創設して活動する。
  • 大学時代は明治大学落語研究会に所属。三宅裕司は同会の先輩、立川志の輔は同級生、立川談幸渡辺正行は後輩にあたる。在学中に立川談志に弟子入り。
  • 弟子入り時に談志が参議院議員であり、ほぼ毎日参議院会館に通う必要があったことから、談志の私設秘書となった。
  • 古典落語を演じることもあるが、主に新作落語に取り組む。2代目快楽亭ブラックらと「トンデモ落語の会」に参加。
  • テレビゲームアニメなど、オタク関係の知識も豊富であり、『ポプコム』で美少女ゲーム関係の連載記事を執筆していたこともある。
  • と学会会員。
  • 渋谷区長選挙(2007年4月22日投開票)に立候補を表明した快楽亭ブラックに、立川門下でただ一人、応援のメッセージを送っていた。ただし、後にブラックは立候補を断念した。
  • 談志一門の流転から談志の最期までを記した、著書「立川流騒動記。」の中で師である談志や弟弟子に対し、歯に衣着せぬ批判を行い、更に若い落語ファンに対しても辛辣な批評を行い一部で話題となった。
  • 談之助と総務省事務次官を務めた桜井俊は小学校から高等学校まで共に同級生であり、親交が深い間柄である[1]
  • 2016年3月に故郷である前橋市の『まえばし観光大使』に、同郷の後輩落語家の三遊亭竜楽、竜楽の兄弟子である6代目三遊亭円楽と共に委嘱されている[2][3]

主な著書[編集]

出演番組[編集]

参考文献[編集]

  • 立川流騒動記(2012年、ぶんがく社)

脚注[編集]

外部リンク[編集]