渡辺正行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
渡辺わたなべ 正行まさゆき
本名 渡邊正行(わたなべ まさゆき)
ニックネーム リーダー、ナベさん、ナベちゃん、ナベどん、兄貴[要出典]
生年月日 (1956-01-24) 1956年1月24日(68歳)
出身地 日本の旗 日本 千葉県夷隅郡夷隅町(現在のいすみ市
血液型 A型
身長 180cm
言語 日本語
方言 共通語
最終学歴 明治大学経営学部
師匠 杉兵助
トリオ名 コント赤信号
相方 ラサール石井小宮孝泰
芸風 コント
事務所 石井光三オフィス→なべや、ホリプロコム(業務提携)
活動時期 1980年 -
現在の代表番組 剣道まっしぐら!
過去の代表番組 森田一義アワー 笑っていいとも!
クイズ世界はSHOW by ショーバイ!!
アメリカ横断ウルトラクイズ
さんまのSUPERからくりTV
関口宏の東京フレンドパークII
あんたにグラッツェ!
完成!ドリームハウス
関口宏の東京フレンドパーク ドラマ大集合SP!!
他の活動 司会者俳優声優、お笑いライブ主催
配偶者 既婚
テンプレートを表示

渡辺 正行(わたなべ まさゆき、1956年昭和31年〉1月24日 - )は、日本お笑いタレント司会者コメディアン

多くの芸能人やファンたちからはリーダー明石家さんま島田紳助山田邦子など同年代の芸能人からはナベ(さん、ちゃん)と呼ばれている[注釈 1]

個人事務所・なべや所属(石井光三オフィスからの暖簾分け)で、ホリプロコムとマネジメント提携している。

来歴[編集]

千葉県夷隅郡夷隅町(現在のいすみ市)出身。夷隅町立(現:いすみ市立)国吉中学校、千葉県立大多喜高等学校明治大学経営学部卒業。明治大学落語研究会に所属し、同会に受け継がれた名跡である「紫紺亭志い朝」(6代目)を5代目だった立川志の輔から受け継いだ。

大学在学中の1977年劇団テアトル・エコー養成所に入所し、一級上のラサール石井、同期の小宮孝泰と共にコントグループ「コント赤信号」を結成。「赤信号」のリーダーとして活躍した。1980年関西テレビ制作の『花王名人劇場』でテレビデビューし、暴走族コントなどで人気を博す。

1988年から1996年まで日本テレビ系列で放送されたクイズ番組クイズ世界はSHOW by ショーバイ!!』で、逸見政孝福澤朗を補佐するサブ司会者を務めた。逸見を立てつつ場を盛り上げる司会ぶりが高く評価され、1990年代には多くのテレビ番組でサブ司会者として起用される[1]。業界内外で「芸能界のスーパーサブ」の異名をとった[2]

1999年9月に18歳年下の一般人女性と結婚し、44歳の誕生日である翌2000年1月24日に長女が誕生した。

若手お笑い芸人の育成にも積極的で、1986年から「ラ・ママ新人コント大会」を主宰している。同大会は所属事務所の枠を取り払った門戸の広いお笑いライブで、過去にはウッチャンナンチャンを筆頭にダチョウ倶楽部爆笑問題海砂利水魚(現:くりぃむしちゅー)ら、のちに名声を博すことになるお笑い芸人たちも多数出演していた。このほか、若手お笑い芸人の登竜門とされてきた[3]NHK新人お笑い大賞でも2014年から審査員を務めている。

吉本興業が主催する漫才コンクール「M-1グランプリ」では2005年2006年2008年2009年2010年2017年大会の決勝戦で審査員を務めた。このほか、吉本興業が主催するピン芸コンクール「R-1ぐらんぷり」の2004年2019年大会や、吉本興業が主催する漫才コンクール「THE MANZAI」の2011年2014年大会、「G-1グランプリ2022」でも決勝戦の審査員を務めた。

2005年からは「伊東四朗一座」及び「熱海五郎一座」の舞台公演にレギュラーメンバーとして参加し、明治大学落語研究会の先輩でもある三宅裕司とともに東京喜劇の継承と発展に取り組んでいる。

人物[編集]

芸風[編集]

  • コント赤信号時代に披露した暴走族チンピラなどをネタにしたコントが好評を博し、そのコントの役柄である「リーダー」あるいは「兄貴」がいつしか渡辺の愛称として定着するようになった。コント赤信号が事実上休止状態となった後も、テレビ番組の共演者などからは「リーダー」と呼ばれることが多い。

特技[編集]

コーラの一気飲み[編集]

  • コーラペプシコーラ)の一気飲みが特技である。かつてレギュラー出演していた『森田一義アワー 笑っていいとも!』(フジテレビ)では、一般人出場者が渡辺とコーラ(レギュラーサイズ瓶200ml)の一気飲み対決をするゲームコーナー「13日の月曜日」が設けられたが、同コーナーで渡辺はほぼ無敵を誇った。しかし、一般出場者に一度だけ負けたことがあり、終了後の楽屋にプロデューサーの横澤彪が訪れて一言「負けちゃったね」という言葉を残した際に「このコーナーは負けちゃいけないんだ」と初めて理解したとのこと。
  • ザ・ベストテン』(TBS)でこの技を披露した際は、キリンビール(現:キリンビバレッジ)が番組のスポンサーだった都合上、キリンレモンを一気飲みした。
  • 本人が打ち明けたところによると、一気飲みのコツは「無理をすること」と「我慢をすること」[4]。また、冷えたものではなく常温のコーラでないと「喉が締め付けられるために飲みにくい」と語っている。

剣道[編集]

  • 剣道六段の持ち主である。中学[5]・高校と学校の剣道部に所属し、高校時代には関東高校剣道大会に出場した経験がある[6]
  • 芸能界入りしてからも『ウッチャンナンチャンのウリナリ!!』『SMAP×SMAP』『あんたにグラッツェ!』などの企画でその腕前を披露していたが、55歳の時に『炎の体育会TV』のシリーズ企画「体育会TV剣道部」のキャプテンに就任したことをきっかけに本格的に稽古を再開するようになった[7]。「体育会TV剣道部」では高校時代以来に受けた段位審査で剣道四段(のちに六段)に昇進するに至った[7]
  • 「体育会TV剣道部」の企画終了後も剣道の稽古を継続し[8]2019年には第24回シニア健康スポーツフェスティバルTOKYO剣道大会(59〜64歳の部)で準優勝したほか[9]、第33回全国健康福祉祭(ねんりんピック)剣道交流大会東京都代表にも選出された[10]
  • 2020年8月29日YouTubeにて剣道を題材にしたスポーツバラエティ番組『剣道まっしぐら!』の配信を開始した。

家族・親族[編集]

  • 兄と姉が一人ずつおり、渡辺の兄が渡辺の出身地であるいすみ市で焼き鳥屋を経営している[注釈 2]

出演[編集]

現在の出演番組[編集]

レギュラー[編集]

不定期[編集]

特別番組[編集]

過去の出演番組[編集]

テレビ番組[編集]

ラジオ番組[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

ビデオシネマ[編集]

舞台[編集]

  • 赤信号劇団
    • 第1回公演 Magellan Blue(1984年4月21日 - 23日、ザ・スズナリ
    • 第2回公演 白いEXIT(1984年12月、吉祥寺バウスシアター
    • 第3回公演 雨が聞こえない(1985年4月23日 - 28日、駅前劇場
    • 第4回公演 同僚物語(1986年1月、駅前劇場)
    • 第5回公演 A'(1986年4月、渋谷エピキュラス) ※公演中止
    • 第6回公演 恋は愚かと言うけれど(1986年8月9日 - 11日、紀伊國屋ホール
    • 第7回公演 ですから(1987年6月3日 - 8日、駅前劇場)
    • 第8回公演 続同僚物語(1987年10月、駅前劇場)
    • 第9回公演 赤信号劇団の旅公演(1988年、札幌本多小劇場
    • 第10回公演 サバニよ風に乗って走れ(1988年12月25日 - 28日、紀伊國屋ホール)
    • 第11回公演 甚だしくもおびただしい(1989年6月13日 - 18日、本多劇場
    • 第12回公演 幸せのどん底(1991年2月、博品館劇場
    • 第13回公演 No Sex Please(1991年8月、本多劇場)
    • 第14回公演 イメルダ(1995年7月15日・16日、パルテノン多摩小ホール / 7月18日 - 27日、本多劇場)
    • 第15回公演 コント赤信号結成43周年記念 誤餐(2023年3月25日 - 4月2日、ザ・スズナリ)
  • 伊東四朗一座
    • 急遽再結成公演 喜劇 芸人誕生物語(2005年、サンシャイン劇場
    • 帰ってきた座長奮闘公演 喜劇 俺たちに品格はない(2008年、本多劇場)
  • 熱海五郎一座
    • 楽曲争奪ミュージカル 静かなるドンチャン騒ぎ(2006年、サンシャイン劇場)
    • 狼少女伝説 TOH!!(2007年、天王洲銀河劇場
    • 三宅裕司座長30周年記念公演 男と女と浮ついた遺伝子(2010年6月18日 - 7月4日、サンシャイン劇場 / 7月8日 - 11日、サンケイホールブリーゼ
    • 三宅裕司舞台復活記念! 落語日本花吹雪〜出囃子は殺しのブルース〜(2012年6月15日 - 7月1日、サンシャイン劇場 / 7月13日、東京エレクトロンホール宮城
    • 一座結成10周年記念公演 笑劇のミステリー〜天使はなぜ村に行ったのか〜(2013年6月21日 - 7月7日、サンシャイン劇場 / 7月13日・14日、森ノ宮ピロティホール
    • 新橋演舞場進出記念公演 天然女房のスパイ大作戦(2014年、新橋演舞場
    • 新橋演舞場進出第2弾 爆笑ミステリー プリティウーマンの勝手にボディガード(2015年、新橋演舞場)
    • 新橋演舞場シリーズ第3弾 熱闘老舗旅館 ヒミツの仲居と曲者たち(2016年、新橋演舞場)
    • 新橋演舞場シリーズ第4弾 フルボディミステリー 消えた目撃者と悩ましい遺産(2017年、新橋演舞場)
    • 新橋演舞場シリーズ5周年記念 船上のカナリアは陽気な不協和音〜Don’t stop singing〜(2018年、新橋演舞場)
    • 新橋演舞場シリーズ第6弾 東京喜劇 翔べないスペースマンと危険なシナリオ〜ギャグマゲドンmission〜(2019年、新橋演舞場)
    • 新橋演舞場シリーズ第7弾 東京喜劇 Jazzyなさくらは裏切りのハーモニー〜日米爆笑保障条約〜(2021年、新橋演舞場)
    • 新橋演舞場シリーズ第8弾 東京喜劇 任侠サーカス 〜キズナたちの挽歌〜(2022年、新橋演舞場)
    • 新橋演舞場シリーズ第9弾 東京喜劇 幕末ドラゴン 〜クセ強オンナと時をかけない男たち〜(2023年、新橋演舞場)
  • 伊東四朗一座・熱海五郎一座合同公演
    • 喜劇 日本映画頂上決戦〜銀幕の掟をぶっとばせ!〜(2009年、青山劇場
    • 三宅裕司生誕60周年記念 こんにちは赤ちゃん(2011年、赤坂ACTシアター
  • マイホーム・オン・ザ・ビーチ 〜ヘキサな海の家〜(2010年8月26日 - 29日、東京グローブ座) - 増田のおっさん 役
  • 由紀さおり50周年記念公演 下町のヘップバーン(2019年1月6日 - 20日、明治座) - 溝口栄次 役
  • 野に咲く花なら(2022年7月27日 - 31日、テアトルBONBON) - 脚本
    • 野に咲く花なら 2024(2024年1月24日 - 28日、シアターグリーン BOX in BOX THEATER) - 脚本・演出

CM[編集]

著書[編集]

  • ナベちゃんのああ気持ち(ハート)がいい女―「ギャグ版」男を奮い立たせるいい女講座(1989年1月1日、ベストセラーズ)
  • ひかりの中に(渡辺正行作品集)(1989年6月1日、メタモル出版)
  • 渡辺正行の笑いの構造―心の奥から笑いを斬る(1991年1月1日、廣済堂出版)
  • さよならってなんだろう(2004年、双葉社) ※渡辺の愛犬「ゴンタ」とのエピソードを綴った絵本
  • 渡辺正行&田中千尋のサラッと水彩 スケッチ散歩(2005年、ロコモーションパブリッシング)
  • ぐわわわん(2006年12月1日、双葉社) ※わたなべまさゆき名義
  • 関東芸人のリーダー お笑いスター131人を見てきた男(2022年1月20日、双葉社)

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ さんまからはナベ、紳助・邦子からはナベちゃんと呼ばれている。
  2. ^ いすみ鉄道が運行する臨時急行列車のガイドアナウンスでこの店が紹介される。
  3. ^ 『ムーブ』時代には関口宏と、『II』時代には自身の結婚記念で、合わせて2度プレイヤーゲストとして出演したことがある。
  4. ^ 主に冬と夏に年2回放送された特別番組。レギュラー放送時代の『関口宏の東京フレンドパークII』に引き続き、渡辺は副支配人役として司会を務めた。
  5. ^ なお、同じくコント赤信号のメンバーであるラサール石井も金曜日に月1回出演している。
  6. ^ 月1回放送された落語協会落語芸術協会による「チーム対抗大喜利合戦」でコーナー司会を務めた。放送の中では「審査委員長」と呼称されていた。
  7. ^ 番組パーソナリティーの田中裕二が療養のため、ピンチヒッターとして[14]

出典[編集]

  1. ^ BS日テレ おぎやはぎの愛車遍歴:2016年4月16日放送 #164 渡辺正行
  2. ^ “TVで話題の東大生クイズ王・伊沢拓司が表紙を飾る『QUIZ JAPAN vol.9』が7月1日に発売!!”. PR TIMES. (2018年5月14日). https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000003.000027525.html 2020年12月23日閲覧。 
  3. ^ 令和元年度『NHK新人お笑い大賞』本選出場8組が意気込み(2019年10月1日、ORICON NEWS
  4. ^ 渡辺正行、"コーラ一気飲み"コツ伝授(2014年4月9日、ORICON NEWS
  5. ^ 渡辺自身は中学時代、当初は野球部に1週間在籍していたこともあった。
  6. ^ 渡辺正行 剣道大会で3位、「ねんりんピック」東京代表に選出(2017年10月30日、Ameba News)
  7. ^ a b “渡辺正行64歳、剣道修業に絶賛邁進中!40歳年下の若手とも本気地稽古<動画つき>”. FITNESS LOVE. (2020年10月31日). https://www.fitnesslove.net/fitnessinfo/10519/ 2020年12月26日閲覧。 
  8. ^ “成功の秘訣は『コツコツ努力』渡辺正行さんインタビュー”. BUSHIZO. (2017年8月24日). https://bushizo.com/media/201708/905/ 2020年12月24日閲覧。 
  9. ^ “ASKA、剣道のシニア大会に出場も準々決勝敗退…剣道仲間の渡辺正行は準優勝でねんりんピック東京都代表に”. スポーツ報知. (2019年10月24日). https://hochi.news/articles/20191024-OHT1T50181.html 2020年12月24日閲覧。 
  10. ^ “剣道五段の渡辺正行、「ねんりんピック岐阜2020」の東京都代表選手に選出”. スポーツ報知. (2020年3月17日). https://hochi.news/articles/20200317-OHT1T50143.html 2020年12月24日閲覧。 
  11. ^ まだまだ聴ける! 何度でも聴ける!「まんぷくミュージックリクエスト」”. TBSラジオ (2020年5月3日). 2020年6月14日閲覧。
  12. ^ 特別企画「本をヨムヨちゃん」 有名人のオススメ3冊をご紹介”. TBSラジオ (2020年5月10日). 2020年6月14日閲覧。
  13. ^ リーダー渡辺正行、生放送中に爆笑問題に出演オファー?”. TBSラジオ (2020年7月5日). 2020年7月7日閲覧。
  14. ^ 渡辺正行、ラジオで“コーラ早飲み”生披露 代打出演に太田光が感謝 「持つべきものは師匠ですね」 - ORICON NEWS、2020年9月6日、同日閲覧
  15. ^ 田中の代役に古舘伊知郎&渡辺正行!”. TBSラジオ (2020年9月6日). 2020年9月6日閲覧。
  16. ^ 渡辺正行「ちょっと待ってよ! なんで冷やしてあるわけ? 笑」”. TBSラジオ (2022年4月17日). 2022年4月17日閲覧。
  17. ^ プレミアムドラマ「我らがパラダイス」制作開始のお知らせ”. NHKドラマ. 日本放送協会 (2022年9月27日). 2022年9月27日閲覧。
  18. ^ こちら葛飾区亀有公園前派出所 THE MOVIE2 UFO襲来! トルネード大作戦!!”. メディア芸術データベース. 2016年8月6日閲覧。
  19. ^ 「CF撮影余話」『近代企業リサーチ 7月10日』第593号、中小企業経営管理センター事業部、1989年7月10日、77頁、NDLJP:2652094/39 

外部リンク[編集]