渡辺正行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
渡辺 正行
本名 渡邊 正行
ニックネーム リーダー、ナベさん、ナベちゃん
生年月日 (1956-01-24) 1956年1月24日(62歳)
出身地 日本の旗 日本 千葉県いすみ市
血液型 A型
身長 180cm
言語 日本語
方言 共通語
最終学歴 明治大学経営学部
師匠 杉兵助
トリオ名 コント赤信号
相方 ラサール石井小宮孝泰
芸風 コント
事務所 石井光三オフィス→なべや、ホリプロコム(業務提携)
活動時期 1980年 -
現在の代表番組 完成!ドリームハウス
関口宏の東京フレンドパーク ドラマ大集合SP!!
過去の代表番組 森田一義アワー 笑っていいとも!
クイズ世界はSHOW by ショーバイ!!
アメリカ横断ウルトラクイズ
あんたにグラッツェ!
関口宏の東京フレンドパークII
さんまのSUPERからくりTV
他の活動 司会者声優、お笑いライブ主催
配偶者  既婚

渡辺 正行(わたなべ まさゆき、1956年1月24日 - )は、日本お笑いタレント声優司会者。愛称はリーダーナベさん(ちゃん)明石家さんまなど一部の先輩・目上からは「ナベ」と呼ばれる。

千葉県いすみ市出身。なべや所属(石井光三オフィス系列の暖簾分けの個人事務所)、ホリプロコムとマネジメント提携。

来歴[編集]

夷隅町立(現:いすみ市立)国吉中学校、千葉県立大多喜高等学校を経て、1978年明治大学経営学部を卒業する。大学時代は落語研究会に所属し、同会に受け継がれた名跡である「紫紺亭志い朝」(6代目)を当時の5代目・立川志の輔から襲名した。ちなみに4代目は三宅裕司である。

大学在学中の1977年劇団テアトル・エコー養成所に入所する。ここで一級上のラサール石井、同期の小宮孝泰とともにコントグループ「コント赤信号」を結成した。1980年関西テレビ制作の『花王名人劇場』でデビューし、暴走族コントなどで人気を博す。

1988年から1996年まで日本テレビ系列で放送されたクイズ番組クイズ世界はSHOW by ショーバイ!!』で、逸見政孝(逸見の死後は日本テレビアナウンサー福澤朗)を補佐するサブ司会者を務めた。逸見を立てつつ場を盛り上げる司会ぶりが高く評価され、1990年代には多くのテレビ番組でサブ司会者として起用される。業界内外で「芸能界のスーパーサブ」の異名をとった[1]

1999年9月に18歳年下の一般人女性と結婚し、翌2000年1月24日に女児が誕生した。

若手お笑い芸人の育成にも積極的で、1986年から「ラ・ママ新人コント大会」を主宰している。同大会は所属事務所の枠を取り払った門戸の広いお笑いライブで(現在はホリプロコムが協力)、過去にはウッチャンナンチャンを筆頭にダチョウ倶楽部爆笑問題海砂利水魚(現:くりぃむしちゅー)ら、のちに名声を博すことになるお笑い芸人たちも多数出演していた。

吉本興業が主催する漫才コンクール「M-1グランプリ」では2005年2006年2008年2009年2010年2017年各大会の決勝選で審査員を務めた。2010年大会までの過去5回の審査では、渡辺がファーストラウンドで最高点を付けたコンビはファーストラウンド1位通過、最低点を付けたコンビはファーストラウンド最下位となり、2017年大会までの全ての審査において最終決戦で投票したコンビはすべて優勝している。このほか、吉本興業が主催するピン芸コンクール「R-1ぐらんぷり」の2004年大会や、吉本興業が主催する漫才コンクール「THE MANZAI」の2011年2014年両大会でも決勝戦の審査員を務めた。

人物[編集]

芸風[編集]

  • コント赤信号時代に披露した暴走族チンピラなどをネタにしたコントが好評を博し、そのコントの役柄である「リーダー」がいつしか渡辺の愛称として定着するようになった。コント赤信号が事実上休止状態となった後もテレビ番組の共演者からは「リーダー」と呼ばれることが多い。
  • バナナマン設楽統はかつて渡辺の付き人をしていた。
  • 剣道五段の持ち主である。中学・高校と学校の剣道部に所属し、高校時代には関東高校剣道大会に出場した経験がある[2]。『ウッチャンナンチャンのウリナリ!!』『SMAP×SMAP』『あんたにグラッツェ!』などの企画でその腕前を披露したことがあるほか、『炎の体育会TV』では「体育会TV剣道部」のキャプテンとして大塚家具剣道部や菅原小織イネス・ロイディらと対決した[3][4][5]
  • 「笑い上手」としての一面がある。長年レギュラー出演していた『さんまのSUPERからくりTV』(2014年9月放送終了)では、同じく「笑い上手」の関根勤とともに番組を盛り上げていた。
  • 涙脆い一面がある。中年期以降はその傾向がさらに強まり、特に自身に子どもが生まれてからは番組で見せられる視聴者投稿ビデオなどに映った子どもの懸命な姿を見ては涙をこぼし、動物の健気な様子を見ては飼っていた愛犬を思い出して涙ぐむことがしばしばある。
  • 高所恐怖症である。『あんグラ☆NOW!』では、本来はくじ引きで「当たり」を引いた際のご褒美であるヘリコプター遊覧などで、不覚にも当たりくじをひいてしまい、飛行中はずっと眼をつぶって滝のような汗をかいていた。

プライベート[編集]

  • お笑い芸人の中でも屈指のプレイボーイとして名を馳せ、芸能人・一般人を問わず数多くの女性と浮名を流した。家庭を持った現在では良き夫・良き父親となっているが、明石家さんま主催の合コンには現在でも欠かさず参加している。
  • 中高生時代に通っていた剣道道場や大学の落語研究会などでも上下関係を教えられたが、芸能界での師匠である杉兵助から芸事での先輩後輩のありかたを厳しく教えられた。後輩への指導は厳しいが、仕事や稽古が終わると必ず労いの言葉をかけ、時には食事を振る舞うなど面倒見もよい。
  • ゴルフを趣味としており、時間を工面してはラウンドを回っている。腕前もかなりのもので、スコアはセミプロ並みの79をマークしている。しかし、2009年3月25日放送分の『クイズ!ヘキサゴンII 宮古島合宿3時間SP』内の「昼食決めヨーイドン!ゴルフ」に里田まいとのコンビでピンクチーム代表として参加した際は、あまりの過酷さにミスを連発する。17番ホールではグリーンオンが狙える第3打で痛恨のミスショットをし、OBという最悪の結果になったが、3チーム中(MCチームを除いて)トップの成績でホールアウトした。
  • 50歳ぐらいの頃、出演した舞台公演の初日にこれまで経験したことがないほどあがってしまい、それ以降も「血が逆流する」ような状態が治まらなくなった[6]。知り合いの医師に相談したところ、男性の更年期症状の一つであるうつ病と診断されたが、薬を服用することで完治したという[7]

特技[編集]

コーラの一気飲み[編集]

コーラペプシコーラ)の一気飲みが特技である。かつてレギュラー出演していた『森田一義アワー 笑っていいとも!』(フジテレビ系列)では、一般出場者が渡辺とコーラの一気飲み対決をするゲームコーナー「13日の月曜日」が設けられたが、同コーナーで渡辺はほぼ無敵を誇った。しかし、一般出場者に一度だけ負けたことがあり、終了後の楽屋にプロデューサーの横澤彪が訪れて一言「負けちゃったね」という言葉を残した際に「このコーナーは負けちゃいけないんだ」と初めて理解したという。

ザ・ベストテン』(TBS)でこの技を披露した際は、スポンサー(当時:キリンビール、現:キリンビバレッジ)の都合上、キリンレモンを一気飲みした。このほか、地方の営業でコーラの一気飲みを披露し、ギャラの100万円を貰うとすぐにその場から消えたという逸話もある。

本人が打ち明けたところによると、一気飲みのコツは「無理をすること」と「我慢をすること」だという[8]。また、冷えたものではなく常温のコーラでないと「喉が締め付けられるために飲みにくい」のだという。

オールスター感謝祭[編集]

  • 番組改編期である春と秋の土曜日に生放送されているTBSの特別番組『オールスター感謝祭』では、1991年秋の初回放送から解答者としてすべての回に皆勤して出演し、事実上の番組レギュラーを担っていた。しかし、2015年春の第48回放送を最後に番組への出演が途絶えている。
  • 自身の結婚直後に生放送された『オールスター感謝祭 '99秋』では、自身の結婚を「Period 1」第1問のネタにされた。その際、渡辺と旧知の仲である総合司会の島田紳助から「この幸せの裏には、多くの犠牲者がいたことを忘れてはなりません」「今テレビの前で何人かの方が本当に気分を悪くされています」とコメントされた。
  • 2015年1月20日午前(19日深夜)に放送されたTBSのバラエティ番組『時間がある人しか出れないTV』が『オールスター感謝祭』全47回(調査当時)でクイズ正解数が多かった芸能人を調査したところ、渡辺が計1180問を正解した正解数第1位の出場者であることが判明した[9]。ちなみに、第2位は岡江久美子であった。

家族・親族[編集]

  • ラサール石井と同様に兄と姉が一人ずつおり、渡辺の兄が渡辺の出身地であるいすみ市で焼き鳥屋を経営している[10]。渡辺の兄によれば、焼き鳥屋なのにラーメンを食べに来る客が多いとのことである。『クイズ!ヘキサゴンII』の「相手が書かない答えでシュート PKクイズ」でこの焼き鳥屋のメニューを当てるクイズが出題されたが、焼き鳥系のメニューより古漬けが多いと指摘された。
  • やや年齢が高くなってから(44歳)第一子が誕生したこともあり、長女を溺愛している。学校行事には極力参加する子煩悩である。
  • 2012年12月20日放送の『高田文夫のラジオビバリー昼ズ』に出演した際、清水ミチコに娘の本名をばらされ、リアクションで慌ててしまったために不覚にもその名前が正しいことを示してしまった。このほか、「この番組に出ると必ずイメージダウンして帰ることになる」「スペシャルウィークの前にしか呼んでもらえない(なぜか、聴取率調査週間の前週のゲストに呼ばれることが恒例となっている)」などとぼやいている。
  • 女性マネージャーの夫は浜谷健司(ハマカーン)である。
  • 自身の母親が留守番電話に『岸壁の母』を吹き込んだというエピソードがある[11]。このエピソードを紹介した『クイズダービー』の放送回には渡辺自身がギャンブラーとして出演していた。
  • TBSのバラエティ番組『ズバリ言うわよ!』にゲスト出演した際、収録数時間前に母親が亡くなった事実を周囲には伏せていたものの、細木数子にその事実を言い当てられた。渡辺は人目をはばからず落涙し、細木は「今日はよく来てくれました」と渡辺を気遣った。

出演[編集]

レギュラー番組[編集]

過去の出演番組[編集]

テレビ番組[編集]

ラジオ番組[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

ビデオシネマ[編集]

舞台[編集]

CM[編集]

著書[編集]

  • さよならってなんだろう(2004年、双葉社) ※渡辺の愛犬「ゴンタ」とのエピソードを綴った絵本
  • 渡辺正行&田中千尋のサラッと水彩 スケッチ散歩(2005年、ロコモーションパブリッシング)
  • ぐわわわん(2004年、双葉社)

脚註[編集]

  1. ^ BS日テレ おぎやはぎの愛車遍歴:2016年4月16日放送 #164 渡辺正行
  2. ^ 渡辺正行 剣道大会で3位、「ねんりんピック」東京代表に選出(2017年10月30日、Ameba News)
  3. ^ 「炎の体育会TV」元日SP、渡辺正行チームが剣道対決(2012年12月30日、お笑いナタリー
  4. ^ MBS:炎の体育会TV 2011年 11月14日放送
  5. ^ 渡辺正行オフィシャルブログ:『炎の体育会TV』!!(2014年7月13日)
  6. ^ うつ病告白 渡辺正行も苦しんだ「男性更年期障害」の深刻度(2015年1月17日、日刊ゲンダイ
  7. ^ 渡辺正行が「うつ病」告白、いま40代、50代に異常が起きている!(2015年1月25日、アサ芸プラス
  8. ^ 渡辺正行、"コーラ一気飲み"コツ伝授(2014年4月9日、ORICON NEWS
  9. ^ 渡辺本人は当該回には出演していない。
  10. ^ いすみ鉄道が運行する臨時急行列車のガイドアナウンスでこの店が紹介される。
  11. ^ クイズダービー』第661回(1988年10月8日放送分)の2問目の三択問題より
  12. ^ なお、同じくコント赤信号のメンバーであるラサール石井も金曜日に月1回出演している。
  13. ^ 冬と夏に放送される年2回の特別番組。レギュラー放送の『関口宏の東京フレンドパークII』に引き続き、渡辺は副支配人役として司会を務める。
  14. ^ 『ムーブ』時代には関口宏と、『II』時代には自身の結婚記念で、合わせて2度プレイヤーゲストとして出演したことがある。
  15. ^ 月1回放送された落語協会落語芸術協会による「チーム対抗大喜利合戦」でコーナー司会を務めた。放送の中では「審査委員長」と呼称されていた。
  16. ^ こちら葛飾区亀有公園前派出所 THE MOVIE2 UFO襲来! トルネード大作戦!!”. メディア芸術データベース. 2016年8月6日閲覧。

外部リンク[編集]