真打

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

真打(しんうち)とは、

  1. 落語家講釈師の身分のひとつ。身分の中では最も高く、最高の力量を持つ者だけがなれるとされる。また、興行の最後の出番(主任=トリ)で出演できる権利を与えられる。そこから、芸事以外でも、「他より遅れて/一番遅く・最後に登場する人・物」を「最高の力量を持った人・物(メッセージを伝える相手=客にとって最もメリットのある人・物)」とイメージさせるために使われる暗喩となった。この項で記す。
  2. 日本刀を打つ際、数本打った中で一番出来の良い物[要出典]。対義語は影打(かげうち)又は影打ち。真打を依頼主に渡し、影打を手元に残すのが一般的。

語源[編集]

語源に関しては諸説あるが、寄席は当時、灯が全てロウソクだったため、トリで出演する芸人が最後にロウソクの芯を打った(=火を消した)事から転じてそう呼ばれるようになった、というのが最も有力。(例)「お待ちかね!ついに真打登場」。

落語[編集]

漫才[編集]

  • 漫才では、東京の漫才協会が、1971年(設立当時は「漫才協団」)より「真打ち」制度を導入している。真打ち昇進披露は、浅草公会堂で行われる同協会の「漫才大会」で行われる(漫才協会#歴代真打ちを参照)。
  • 上方漫才では、落語同様に真打制度は存在しない。

講談[編集]

  • 講談では、東京の講談協会、日本講談協会が真打制度を導入している。なお、落語芸術協会に所属する講談師も同協会でも真打として扱われ(3代目神田山陽ら4名[1])、同協会の定席で昇進披露が行われる。
  • 落語や漫才と異なり、上方講談でも真打制度を導入している。

出典[編集]

  1. ^ a b 協会員プロフィール - 落語芸術協会