真打

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

真打(しんうち)とは、

  1. 落語家講釈師の身分のひとつ。身分の中では最も高く、最高の力量を持つ者だけがなれるとされる。また、興行の最後の出番(主任=トリ)で出演できる権利を与えられる。そこから、芸事以外でも、「他より遅れて/一番遅く・最後に登場する人・物」を「最高の力量を持った人・物(メッセージを伝える相手=客にとって最もメリットのある人・物)」とイメージさせるために使われる暗喩となった。この項で記す。
  2. 日本刀を打つ際、数本打った中で一番出来の良い物[要出典]。対義語は影打(かげうち)又は影打ち。真打を依頼主に渡し、影打を手元に残すのが一般的。

語源[編集]

語源に関しては諸説あるが、寄席は当時、灯が全てロウソクだったため、トリで出演する芸人が最後にロウソクの芯を打った(=火を消した)事から転じてそう呼ばれるようになった、というのが最も有力。(例)「お待ちかね!ついに真打登場」。

落語[編集]

  • 落語においては、現在は江戸落語落語協会落語芸術協会円楽一門会落語立川流の4団体が真打制度を導入している。
    • 真打昇進の基準においては各団体や時期によって異なり、団体内での協議や定席新宿末廣亭鈴本演芸場浅草演芸ホール池袋演芸場席亭による推薦で決定されたり、真打昇進試験が導入されたこともある(落語協会・立川流)。ただし、真打昇進の基準を巡って団体内で対立が発生し、分裂騒動へ発展することがしばしばあった(落語協会分裂騒動落語立川流#誕生を参照)。
    • 近年の江戸落語団体では、入門順により真打昇進が運用されているが、特に優れたものに関しては「抜擢真打」として入門順を配慮せず、真打昇進が図られる場合がある。適用例として落語協会では柳家小三治(1969年、17人抜き)、春風亭小朝(1980年、36人抜き)、柳家花緑(1994年、31人抜き)、柳家喬太郎(2000年、12人抜き)、林家たい平(2000年、7人抜き)、春風亭一之輔(2012年、21人抜き)などの例があり、また、落語芸術協会でも春風亭昇太(1992年、7人抜き)の例がある[1](いずれも、本人記事参照)。
  • 上方落語では、現在は明確な制度としては存在していない。大正期までは存在し、戦後に上方落語協会で部外秘扱いで復活したが、すぐに有名無実化した。その後、天満天神繁昌亭の開設を機に、同協会会長の桂三枝(現:6代目桂文枝)が真打制度を復活させる計画を提案したが、反対意見が多く断念している(上方落語#真打を参照)。
    • なお、上方落語協会・落語芸術協会それぞれに所属する笑福亭鶴光は、落語芸術協会の香盤では「真打(上方)」として扱われている[2]。また、円楽一門会から落語芸術協会に「客員」として加入した6代目三遊亭円楽は、円楽一門会・落語芸術協会双方とも真打として扱われる[3]

漫才[編集]

  • 漫才では、東京の漫才協会が、1971年(設立当時は「漫才協団」)より「真打ち」制度を導入している。真打ち昇進披露は、浅草公会堂で行われる同協会の「漫才大会」で行われる(漫才協会#歴代真打ちを参照)。
  • 上方漫才では、落語同様に真打制度は存在しない。

講談[編集]

  • 講談では、東京の講談協会、日本講談協会が真打制度を導入している。また、日本講談協会と提携する落語芸術協会(芸協)に所属する講談師のうち、芸協での寄席修行を受けた一部の講談師が芸協でも「真打」として扱われ(3代目神田山陽ら4名[2])、芸協の定席で昇進披露が行われる(主任を務めることもある)。
なお、落語協会にも所属する講談師および芸協では「色物」として所属する講談師(神田陽子、神田紫神田紅3代目神田松鯉[2])については、両協会の香盤では真打の扱いを受けていない(ただし、芸協所属の「色物」講談師についても主任を務めることがある)。
  • 落語や漫才と異なり、上方講談でも真打制度を導入している。

出典[編集]

  1. ^ 同協会に所属する講談師の神田松之丞も新宿末廣亭の席亭推薦で真打昇進が打診されたが、同協会の理事会で否決されている。
  2. ^ a b c 協会員プロフィール - 落語芸術協会
  3. ^ “円楽 落語芸術協会に加入 落語界“統一”へ一歩”. デイリースポーツ. (2017年6月28日). https://www.daily.co.jp/gossip/2017/06/28/0010321145.shtml 2017年7月6日閲覧。