上方落語協会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

公益社団法人上方落語協会(かみがたらくごきょうかい)は、関西を中心に活動する落語家などが組織する公益法人上方落語を中心とする寄席芸能の普及向上、継承・保持を図り、日本の文化の発展に寄与することを目的としている。現会長は6代桂文枝

概要[編集]

  • 法人形態:公益社団法人
  • 正式名称:公益社団法人 上方落語協会
  • 主たる事務所:郵便番号530-0041大阪府大阪市北区天神橋二丁目1番34号(天満天神繁昌亭の所在地と同じ)
  • 創立:1957年4月1日
  • 設立:2004年8月25日
  • 代表者:会長6代桂文枝(河村靜也)
  • 目的:上方落語を中心とする寄席芸能の普及向上、継承・保持を図り、もって我が国文化の発展に寄与する。
  • 事業:
    • 上方落語の普及、上方落語鑑賞会の推進
    • 定席寄席公演の推進
    • 上方落語の後進の育成
    • その他この法人の目的を達成するために必要な事業
  • 所管:内閣府(旧主務官庁・文化庁文化部芸術文化課)
  • 加入団体:日本芸能実演家団体協議会(芸団協) 正会員

沿革[編集]

歴代会長一覧[編集]

会長 副会長 在任期間
1 3代目林家染丸 3代目桂米朝 1957年 - 1968年
2 6代目笑福亭松鶴 1968年 - 1977年
3 3代目桂春団治 3代目桂小文枝[4] 1977年 - 1984年
4 3代目桂小文枝[4] 3代目笑福亭仁鶴 1984年 - 1994年
5 2代目露の五郎[5] 4代目林家染丸 1994年 - 2003年
6 6代桂文枝[6] 4代目林家染丸
笑福亭鶴瓶
桂春之輔・笑福亭鶴瓶
→桂春之輔・笑福亭鶴瓶・笑福亭仁智桂米團治桂きん枝[7][8]
2003年 -

所属会員[編集]

落語家[編集]

笑福亭松鶴一門[編集]

森乃福郎一門[編集]

桂米朝一門[編集]

橘ノ圓都一門[編集]

桂文枝一門[編集]

桂春団治一門[編集]

露の五郎兵衛一門[編集]

林家染丸一門[編集]

お囃子[編集]

非所属の者[編集]

関西を中心に活動している落語家の全てが所属しているわけではない。 主な非所属の落語家は以下のとおり。

脱退
除名
未加入

 お囃子

休業
  • 2013年現在は休業扱いの落語家は存在しない。

この他、関西落語文芸協会(2012年に死去した3代目林家染三が結成、事実上染三門下のみで構成)所属のセミプロ・アマチュア落語家が何人か存在するものの、現在公の場で活躍が確認出来るのは林家三笑のみであり、また三笑は「林家流どじょうすくい家元」「三笑会講師」として主に河内音頭などの民芸踊りの活動に力を入れており、落語と距離を置いた色物活動に専念している。

東京で活躍する大阪の落語家
  • 笑福亭鶴光一門、東京での弟子(鶴光は本協会に加盟し、東京の落語芸術協会にも加盟、芸術協会上方真打)
    • 笑福亭里光(東京の落語芸術協会にのみ加盟、芸術協会真打)
    • 笑福亭和光(東京の落語芸術協会にのみ加盟、芸術協会真打)
    • 笑福亭羽光(東京の落語芸術協会にのみ加盟、芸術協会二つ目)
    • 笑福亭竹三(東京の落語芸術協会にのみ加盟、芸術協会二つ目)
    • 笑福亭希光(東京の落語芸術協会にのみ加盟、芸術協会前座)
    • 笑福亭茶光(東京の落語芸術協会にのみ加盟、芸術協会前座)

[編集]

詳しくは繁昌亭大賞を参照。

その他[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 「んなあほな」. 公益社団法人上方落語協会情報誌. 上方落語協会. (2004-).  タイトル関連情報の変更「社団法人上方落語協会誌」 (1号-13号) → 「社団法人上方落語協会情報誌」(14号-20号)
  2. ^ 上方落語界の亡きレジェンドをまつる「高坐招魂社」が10月に大阪天満宮に完成…桂文枝が明かすスポーツ報知
  3. ^ 上方落語2館目の定席、名称「神戸新開地・喜楽館」日刊スポーツ
  4. ^ a b 1992年8月3日より5代目桂文枝
  5. ^ 後の2代目露の五郎兵衛
  6. ^ 2012年7月15日までは桂三枝
  7. ^ “桂文枝「最後にしたい」上方落語協会長8期目へ”. 日刊スポーツ. (2016年6月22日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1667062.html 2016年6月22日閲覧。 
  8. ^ “桂文枝 上方落語協会会長は今期限り”. デイリースポーツ. (2016年6月22日). http://www.daily.co.jp/newsflash/gossip/2016/06/22/0009211877.shtml 2016年6月22日閲覧。 
  9. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa 東西寄席演芸家名鑑. 東京かわら版増刊号. (2015年9月). pp. 228 - 295. 

関連項目[編集]


外部リンク[編集]