国立演芸場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
国立演芸場
National Engei Hall

National Engei Hall of Japan.jpg

情報
正式名称 国立演芸場
完成 1979年
開館 1979年3月23日
開館公演 日本の寄席芸 東西芸人揃いぶみ[1]
客席数 300席
用途 落語・演芸の興行
運営 独立行政法人日本芸術文化振興会
所在地 102-8656
東京都千代田区隼町4-1
位置 北緯35度40分50.8秒 東経139度44分33.5秒 / 北緯35.680778度 東経139.742639度 / 35.680778; 139.742639座標: 北緯35度40分50.8秒 東経139度44分33.5秒 / 北緯35.680778度 東経139.742639度 / 35.680778; 139.742639
アクセス 東京メトロ永田町駅4番出口および半蔵門駅1番出口より徒歩5分
公式サイト 国立演芸場

国立演芸場(こくりつえんげいじょう、英語National Engei Hall)は、東京都千代田区隼町の国立劇場の一部として1979年昭和54年)に開場した国立の演芸場。独立行政法人日本芸術文化振興会が運営している。

概要[編集]

1階には演芸資料館、2階には舞台(全席300席)と売店がある。

公演形態は上席(1日~10日)と、中席(11日~20日)であり、通常の寄席にはある下席(21日~30日)は無い。なお、原則的に昼の部のみであるが、夜の部が行われる日もあり、この場合は二回公演となる。(大阪・なんばグランド花月や名古屋・大須演芸場と同様に、一回目と同じ出演者が二回目も勤める。)

落語協会落語芸術協会が上席と中席を分け合い、各々出演者を配給している。どの協会が上席で、どの協会が中席かはその月による。なお、上席が無い月もある。

月に一度、「国立名人会」が行われる。かつての東宝名人会と同様に、主演者は協会の垣根を超えて顔付けされる。開催日時はその月による(上席や中席の公演が終わった後に開催する場合と、21日以降の昼間に開催する場合がある。)。一月上席は「新春国立名人会」が行われる(出演者は日替り)。

毎月最終週の週末の昼間には、出演者を若手に絞った「花形演芸会」が行われる。土曜日に開催されるか、日曜日に開催されるかはその月による。

定紋[編集]

関連項目[編集]

日本芸術文化振興会
その他

出典[編集]

外部リンク[編集]