半蔵門駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
半蔵門駅
5番出入口(2008年7月)
5番出入口(2008年7月)
はんぞうもん - Hanzomon
Z04 永田町 (1.0km)
(1.6km) 九段下 Z06
所在地 東京都千代田区麹町一丁目6
駅番号 Z 05
所属事業者 Tokyo Metro logo.svg 東京地下鉄
所属路線 Z 半蔵門線
キロ程 5.1km(渋谷起点)
電報略号 ハン
駅構造 地下駅
ホーム 1面2線
乗降人員
-統計年度-
83,266人/日
-2014年-
開業年月日 1982年昭和57年)12月9日
テンプレートを表示
半蔵門方面改札口(2005年3月29日)
ホーム(2008年5月21日)

半蔵門駅(はんぞうもんえき)は、東京都千代田区麹町一丁目にある、東京地下鉄(東京メトロ)半蔵門線である。駅番号Z 05

半蔵門線で他線との連絡のない駅は当駅と水天宮前駅のみである。

歴史[編集]

駅構造[編集]

島式ホーム1面2線を有する地下駅である。コンコースおよび改札階は地下2階、ホーム階が地下3階にそれぞれ位置し、エレベーターエスカレーターが設置されている。改札口は3か所あり、うち1か所はエレベーター利用の際の専用改札となっている[1]

1989年1月26日に三越前駅まで延伸される以前は終着駅であったことから、九段下駅側に引き上げ線が設置されている。延伸後も朝ラッシュ時及び日中時間帯に渋谷駅方面からの列車の一部が当駅で折り返す[2]。また夜間にも引き上げ線に留置される車両がある(回送入庫、翌朝の当駅始発の押上行きとなる)。

のりば[編集]

番線 路線 行先
1 Z 半蔵門線 永田町渋谷中央林間方面
2 大手町押上〈スカイツリー前〉久喜南栗橋方面

東京急行電鉄5000系では、6ドア車両を連結している編成がある。平日朝ラッシュ時に田園都市線から直通する列車は当駅までは6ドア車両の座席を収納して運行されている。

利用状況[編集]

2014年度の1日平均乗降人員83,266人である[3]。近年の1日平均乗車人員推移は下表のとおり。

年度別1日平均乗降・乗車人員[4]
年度 1日平均
乗降人員[5]
1日平均
乗車人員[6]
1992年(平成04年) 34,392
1993年(平成05年) 32,858
1994年(平成06年) 32,608
1995年(平成07年) 33,525
1996年(平成08年) 34,375
1997年(平成09年) 34,753
1998年(平成10年) 35,367
1999年(平成11年) 34,574
2000年(平成12年) 34,732
2001年(平成13年) 35,841
2002年(平成14年) 35,359
2003年(平成15年) 76,693 36,552
2004年(平成16年) 74,105 36,970
2005年(平成17年) 75,033 37,414
2006年(平成18年) 77,667 38,962
2007年(平成19年) 80,605 40,380
2008年(平成20年) 78,063 38,866
2009年(平成21年) 76,269 37,975
2010年(平成22年) 74,029 36,904
2011年(平成23年) 71,882 35,882
2012年(平成24年) 76,411 37,994
2013年(平成25年) 80,457 40,096
2014年(平成26年) 83,266

駅周辺[編集]

バス路線 [編集]

半蔵門[編集]

都営バスの最寄り停留所は、新宿通りにある半蔵門となる。以下の路線が乗り入れ、東京都交通局(都営)により運行されている。

一番町交差点[編集]

5番出口付近に、千代田区地域福祉交通 風ぐるま日立自動車交通が運行)の一番町交差点停留所がある。

駅名の由来[編集]

江戸城内城の西の門である半蔵門に近いことから、この駅名が付けられた。

隣の駅[編集]

Tokyo Metro logo.svg 東京地下鉄
Z 半蔵門線
永田町駅 (Z 04) - 半蔵門駅 (Z 05) - 九段下駅 (Z 06)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 半蔵門駅構内図 - 東京地下鉄
  2. ^ なお、2014年6月21日実施のダイヤ改正では、日中時間帯の当駅折り返し列車はなく、渋谷駅から回送で折り返す形がとられている。
  3. ^ 東京メトロ 各駅の乗降人員ランキング
  4. ^ 千代田区ホームページ - 行政基礎資料集
  5. ^ 各種報告書
  6. ^ 東京都統計年鑑

関連項目[編集]

外部リンク[編集]