麹町駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
本来の表記は「麴町駅」です。この記事に付けられた題名は、技術的な制限により、記事名の制約から不正確なものとなっています。
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字が含まれています詳細
麹町駅
駅出入口。左側のビルは日本テレビ放送網麹町分室。(旧マイスタ前)(2008年3月)
駅出入口。左側のビルは日本テレビ放送網麹町分室。(旧マイスタ前)
(2008年3月)
こうじまち - Kojimachi
Y 14 市ケ谷 (0.9km)
(0.9km) 永田町 Y 16
所在地 東京都千代田区麹町三丁目2
駅番号 Y 15
所属事業者 Tokyo Metro logo.svg 東京地下鉄(東京メトロ)
所属路線 Y 有楽町線
キロ程 18.4km(和光市起点)
電報略号 コウ
駅構造 地下駅
ホーム 2面2線(2層式)
乗降人員
-統計年度-
59,871人/日
-2014年-
開業年月日 1974年昭和49年)10月30日
テンプレートを表示
麹町駅の地上部分から市ケ谷駅方向を撮影(麹町駅とその周辺区間はこの「日本テレビ通り」の地下に建設されている)
麹町駅の地上部分から市ケ谷駅方向を撮影
(麹町駅とその周辺区間はこの「日本テレビ通り」の地下に建設されている)
ホーム
ホーム

麹町駅(こうじまちえき)は、東京都千代田区麹町三丁目にある、東京地下鉄(東京メトロ)有楽町線である。駅番号Y 15

正式には麴町駅だが、構内表示をはじめ混在している。

歴史[ソースを編集]

駅構造[ソースを編集]

3層式構造の地下駅。地下1階部分にコンコース改札口があり、地下2階が1番線ホーム、地下3階が2番線ホームとなっており、どちらも進行方向の右側に単式ホームが設置されている。なお、改札階を通らずに両フロアのホームを行き来することはできない。このような構造になっている理由は、地上の道路の幅が狭いためである。

のりば[ソースを編集]

番線 路線 行先
1 Y 有楽町線 永田町有楽町新木場方面
2 池袋和光市森林公園飯能方面

利用状況[ソースを編集]

2014年度の1日平均乗降人員59,871人である[1](前年度統計より3.0%増)。有楽町線の単独駅では最多である。近年の1日平均乗降・乗車人員推移は下表のとおり。

年度別1日平均乗降・乗車人員[2]
年度 1日平均
乗降人員[3]
1日平均
乗車人員[4]
1992年(平成04年) 30,649
1993年(平成05年) 29,444
1994年(平成06年) 28,353
1995年(平成07年) 28,306
1996年(平成08年) 28,203
1997年(平成09年) 28,110
1998年(平成10年) 27,690
1999年(平成11年) 26,500
2000年(平成12年) 26,710
2001年(平成13年) 27,512
2002年(平成14年) 27,132
2003年(平成15年) 54,543 25,970
2004年(平成16年) 50,712 24,967
2005年(平成17年) 52,578 25,888
2006年(平成18年) 54,889 27,230
2007年(平成19年) 56,348 27,888
2008年(平成20年) 55,276 27,321
2009年(平成21年) 53,560 26,458
2010年(平成22年) 52,399 25,917
2011年(平成23年) 51,325 25,509
2012年(平成24年) 54,843 27,101
2013年(平成25年) 58,149 28,819
2014年(平成26年) 59,871

駅周辺[ソースを編集]

駅北端に隣接して日本テレビ放送網麹町分室の社屋があり、本社が汐留日本テレビタワーに移転するまでは当駅の入口が同社のテレビ番組に映ることが多かった。敷地内にも出入口があり、コンコースの途中に日テレ学院の入口がある。

バス路線[ソースを編集]

最寄り停留所は「麹町四丁目」と「番町」である。

麹町四丁目

番町

  • 都営バス
    • 橋63系統:小滝橋車庫行/新橋駅行

隣の駅[ソースを編集]

Tokyo Metro logo.svg 東京地下鉄
Y 有楽町線
市ケ谷駅 (Y 14) - 麹町駅 (Y 15) - 永田町駅 (Y 16)

脚注[ソースを編集]

[ヘルプ]

関連項目[ソースを編集]

外部リンク[ソースを編集]