護国寺駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
護国寺駅
Tokyo-Metro-Gokokuji-station-Exit1.jpg
1番出入口(2020年1月5日撮影)
ごこくじ
Gokokuji
Y 10 東池袋 (1.1km)
(1.3km) 江戸川橋 Y 12
所在地 東京都文京区大塚五丁目40-8
駅番号 Y11[1]
所属事業者 東京地下鉄(東京メトロ)
所属路線 [1]有楽町線
キロ程 13.5km(和光市起点)
電報略号 ココ
駅構造 地下駅
ホーム 1面2線
乗降人員
-統計年度-
43,428人/日
-2019年-
開業年月日 1974年昭和49年)10月30日
テンプレートを表示

護国寺駅(ごこくじえき)は、東京都文京区大塚五丁目にある、東京地下鉄(東京メトロ)有楽町線である。駅番号Y 11。駅名の由来は護国寺が近隣にあることに由来する。文京区最西端の駅である。

歴史[編集]

駅構造[編集]

島式ホーム1面2線を有する地下駅である。

バリアフリー対応施設として、改札階とホームを連絡するエスカレーターエレベーター、地上と改札階を連絡するエレベーター、および多機能トイレが設置されている。

建設当初は、当駅から中村橋へ至る8号線分岐線が計画されており(詳細は「東京メトロ有楽町線」を参照)、不忍通りに分岐線の駅が設けられる予定だったため、それとの乗り換え・立体交差を考慮した構造で建設された[5]。ただし都市計画上、分岐線の駅は有楽町線と直角に交差しており、直通は考慮されていなかった為、小竹向原駅豊洲駅のような本線からの分岐構造は存在していない。

のりば[編集]

番線 路線 行先
1 Y 有楽町線 飯田橋有楽町新木場方面
2 池袋和光市森林公園飯能方面

(出典:東京メトロ:構内図

発車メロディ[編集]

2011年3月26日からスイッチ制作の発車メロディ(発車サイン音)を使用している。

曲は1番線が「冒険電車」(福嶋尚哉作曲)、2番線が「かざぐるま」(塩塚博作曲)である[6]

利用状況[編集]

2019年(令和元年)度の1日平均乗降人員43,428人であり[7]、東京メトロ全130駅中88位。

近年の1日平均乗降乗車人員推移は下表の通り。

年度別1日平均乗降・乗車人員[8]
年度 1日平均
乗降人員[9]
1日平均
乗車人員[10]
出典
[11]1974年(昭和49年) 10,020 [* 1]
1975年(昭和50年) 21,975 11,252 [* 2]
1976年(昭和51年) 24,048 12,220 [* 3]
1977年(昭和52年) 26,289 13,294 [* 4]
1978年(昭和53年) 26,540 13,348 [* 5]
1979年(昭和54年) 27,070 13,515 [* 6]
1980年(昭和55年) 28,000 14,225 [* 7]
1981年(昭和56年) 29,218 14,571 [* 8]
1982年(昭和57年) 28,986 14,544 [* 9]
1983年(昭和58年) 29,964 14,939 [* 10]
1984年(昭和59年) 31,468 15,840 [* 11]
1985年(昭和60年) 32,281 16,338 [* 12]
1986年(昭和61年) 33,061 16,561 [* 13]
1987年(昭和62年) 34,043 16,981 [* 14]
1988年(昭和63年) 34,844 17,583 [* 15]
1989年(平成元年) 35,675 17,927 [* 16]
1990年(平成02年) 36,235 18,181 [* 17]
1991年(平成03年) 35,739 18,104 [* 18]
1992年(平成04年) 36,296 18,088 [* 19]
1993年(平成05年) 35,283 17,721 [* 20]
1994年(平成06年) 35,167 17,690 [* 21]
1995年(平成07年) 34,929 17,753 [* 22]
1996年(平成08年) 34,963 17,934 [* 23]
1997年(平成09年) 35,405 18,004 [* 24]
1998年(平成10年) 35,404 17,999 [* 25]
1999年(平成11年) 34,430 17,247 [* 26]
2000年(平成12年) 34,251 17,163 [* 27]
2001年(平成13年) 33,998 16,956 [* 28]
2002年(平成14年) 33,292 16,863 [* 29]
2003年(平成15年) 33,794 17,137 [* 30]
2004年(平成16年) 33,561 16,808 [* 31]
2005年(平成17年) 33,346 16,748 [* 32]
2006年(平成18年) 33,963 17,096 [* 33]
2007年(平成19年) 34,217 17,393 [* 34]
2008年(平成20年) 35,212 17,748 [* 35]
2009年(平成21年) 35,394 17,893 [* 36]
2010年(平成22年) 34,988 17,654 [* 37]
2011年(平成23年) 36,933 18,687 [* 38]
2012年(平成24年) 36,990 18,644 [* 39]
2013年(平成25年) 37,859 19,129 [* 40]
2014年(平成26年) 39,052 19,630 [* 41]
2015年(平成27年) 41,548 20,981 [* 42]
2016年(平成28年) 41,976 21,184 [* 43]
2017年(平成29年) 44,262 22,342 [* 44]
2018年(平成30年) 44,691 22,551 [* 45]
2019年(令和元年) 43,428

駅周辺[編集]

6番出入口。背後の建物は講談社(2006年5月4日)。

バス路線[編集]

最寄りのバス停留所は、1・4番出入口付近にある「護国寺前」(都営バス)、「アカデミー音羽」(Bーぐる)と、5・6番出入口付近にある「音羽二丁目」(都営バス)、「護国寺駅」(Bーぐる)である。東京都交通局日立自動車交通Bーぐる)によって運行される以下の路線バスが発着する。

護国寺前
アカデミー音羽
音羽二丁目
護国寺駅

隣の駅[編集]

東京地下鉄(東京メトロ)
Y 有楽町線
東池袋駅 (Y 10) - 護国寺駅 (Y 11) - 江戸川橋駅 (Y 12)

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 東京地下鉄 公式サイトから抽出(2019年5月26日閲覧)
  2. ^ “「営団地下鉄」から「東京メトロ」へ” (日本語) (プレスリリース), 営団地下鉄, (2004年1月27日), オリジナルの2006年7月8日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20060708164650/https://www.tokyometro.jp/news/s2004/2004-06.html 2020年3月25日閲覧。 
  3. ^ “PASMOは3月18日(日)サービスを開始します ー鉄道23事業者、バス31事業者が導入し、順次拡大してまいりますー” (日本語) (PDF) (プレスリリース), PASMO協議会/パスモ, (2006年12月21日), オリジナルの2020年5月1日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20200501075147/https://www.tokyu.co.jp/file/061221_1.pdf 2020年5月5日閲覧。 
  4. ^ “千川駅、豊洲駅、辰巳駅に設置し、有楽町線全駅にホームドアの設置が完了します! 全179駅中84駅にホームドアの設置が完了しホーム上の安全性が向上” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 東京地下鉄, (2013年8月9日), オリジナルの2019年7月19日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20190719233649/https://www.tokyometro.jp/news/2013/pdf/metroNews20130809_k092.pdf 2020年3月7日閲覧。 
  5. ^ 東京地下鉄道有楽町線建設史帝都高速度交通営団、1996年、446頁。2020年6月30日閲覧。
  6. ^ 音源リスト|東京メトロ”. 株式会社スイッチオフィシャルサイト. 株式会社スイッチ. 2019年9月28日閲覧。
  7. ^ 各駅の乗降人員ランキング - 東京メトロ
  8. ^ 文京の統計 - 文京区
  9. ^ レポート - 関東交通広告協議会
  10. ^ 東京都統計年鑑 - 東京都
  11. ^ 1974年10月30日開業。開業日から1975年3月31日までの計153日間を集計したデータ。

出典[編集]

東京都統計年鑑

関連項目[編集]

外部リンク[編集]