議員宿舎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
清水谷宿舎

議員宿舎(ぎいんしゅくしゃ)は、地方選出国会議員の在京生活を保障し、議員の職務を円滑に遂行するために設置されている施設である。形態はマンション。宿舎の使用料は国家公務員宿舎法に準じて各施設毎に異なる。原則として東京23区に自宅を所有する議員は入居できない。

議員達の東京事務所合同庁舎たる議員会館とは別の存在。

衆議院議員宿舎[編集]

宿舎名 所在地 完成年 戸数 階数 広さ 間取り 設備 家賃
新赤坂宿舎 港区赤坂 2007年 300戸 地上28階・
地下2階
82m² 3LDK 食堂
会議室、
社交室、
医務室、
地下駐車場
家具等
8万4000円
旧赤坂宿舎[1] 港区赤坂 150戸 2LDK
九段宿舎[2] 千代田区富士見 1973年
1975年
125戸 地上9階 82m²
(81m²)
3LDK 食堂、
冷暖房、
温水
6万3541円
(6万2766円)
青山宿舎[3] 港区六本木 40戸
高輪宿舎[3] 港区高輪 131戸 地上11階・
地下1階

参議院議員宿舎[編集]

宿舎名 所在地 完成年 戸数 階数 広さ 間取り 設備 家賃
清水谷宿舎 千代田区紀尾井町 1969年 31戸 地上7階 48m²
(32m²)
2LDK
(1K&2K)
1万8477円
(1万1209円)
麹町宿舎 千代田区麹町4丁目 1983年
1985年
1997年
40戸
(54戸、
52戸)
66m²
(80m²、
75m²)
2DK
(3DK、
2LDK)
3万1057円
(6万1640円、
6万4966円)

清水谷宿舎は、老朽化を理由に、東側に高層16階建て、3LDK(約80平米)の所帯用の新清水谷宿舎の移転計画が進められていた。これに対し、地元からは「建築反対」「建築賛成」の両意見が出されている。建築反対派は、予定地は紀尾井町の名の由来である紀州藩邸跡で、奇跡的に江戸時代から残った美しい自然林もあり、史跡自然を保護するべきであると主張している。一方、建築賛成派は、周辺地域は江戸時代は武家屋敷商人屋敷が立ち並んでいた地であり、反対運動を行っている住民の居住地も、大半が古くからの家屋敷跡であり、自らも自然を破壊して居住しているのだから、建築に反対するなら、まずは住民自らが範を垂れ、自ら住居を取り壊して屋敷跡を復元するべきと意見している。また、上述のように実態は地元vs地元の争いであるが、賛成派のバックには建設業者及びそれを支援する国会議員が、反対派のバックには、「地元vs地元」の争いを「住民vs国家行政」の争いに転嫁しようとしている付近住民及びそれを支援する都行政がおり、住民・行政マスコミを巻き込んだ大騒動となっている。なお、当初2007年7月の着工が予定されていたが、着工には至っていない。なお完成した場合、3LDK・79㎡・80戸・赤坂宿舎並の家賃になると予定されている[4]

議員以外にも、外国から帰国した外務省職員外交官)などが一時的に居住する場合もある。

問題点[編集]

新赤坂宿舎
  • 都心の一等地にありながら、民間相場からかけ離れた家賃の安さ(月額9万2127円で入れる新赤坂宿舎の場合、近隣で同じ広さの賃貸住宅の民間相場は月額約50万円である)には批判が集まっている(注:国会議員は議員活動を円滑に進め、また、東京から遠い地方を地盤とする議員にも配慮は必要で、また有事の際の国会の緊急召集などを考慮しなければならないため、宿舎の存在自体に批判があるわけではない)。
  • 港区の新赤坂宿舎が2007年4月1日から入居開始となった。民主党鳩山由紀夫幹事長は「民主党議員はあの宿舎に住まない」と発言し、これに対して自民党中川秀直幹事長から「あの議員宿舎の建設には民主党も賛成している」と猛反発を受け、鳩山幹事長は先の発言を撤回している。これらの事態を受けて、2007年4月3日には自民党の逢沢一郎衆議院議運委員長が入居を促す異例の談話を行なっている。
  • 新赤坂宿舎に関して、2007年4月23日の衆議院決算行政監視委員会において、新党大地鈴木宗男は「家賃が月9万2127円という安さが問題だ」としている。
  • 参議院新清水谷議員宿舎に対して苦情を言った地元住民らの個人情報参議院事務局が議員宿舎建設に賛成する地元町会幹部らに提供していたことが判明した。
  • また、議員宿舎に対して議員を送り迎えするドライバーたちがエンジンを付けっぱなしにし駐車違反にならないように車内で待機していることが多く、地元住民からの苦情が多い。
  • 民主党衆議院議員中井洽愛人に赤坂議員宿舎のカードキーを渡していた事が2010年(平成22年)4月1日発売の週刊新潮2010年4月8日号によって暴露された。本来、国会議員のために提供されている議員宿舎が、議員以外の他人に使われている実態が暴露されている。カードキーの交付はかなり厳格で、申請の際には使用者の名前を登録しなければならないといい、中井が規則に違反してカードキーを貸与した可能性もある。また家族以外の部外者をみだりに入れてはいけないとされているが、社民党幹事長(当時)の又市征治が2007年6月21日に発売された「週刊新潮(6月28日号)」において、愛人との密会に用いたとの記事[5]が報道されたり、[6]2009年1月に自民党の鴻池祥肇が、2011年5月後藤田正純ではない女性を入室させていたことが明らかになった[7]
  • フライデーや週刊新潮によると、自民党の参議院議員三原じゅん子が男性秘書のマンションで同棲している期間に両親を議員宿舎に住まわせていたことが明らかになり、後に両親は退去した[8]
  • 2012年12月の衆議院選挙で当選した自民党の宮川典子には青山宿舎があてがわれたが、築年数の浅い新赤坂宿舎への入居を希望し青山宿舎への入居を拒否し続けている。
  • 法務大臣に就任した松島みどりは墨田区に自宅マンションを保有しながら「大臣をやるには遠すぎる」との理由で赤坂宿舎に入居。この問題を追求された松島は警備上の問題から許可を得て入居したと説明したが、週末には自宅に帰っていたことが発覚した[9][10]

日本国外の例[編集]

外国では議員宿舎の事例として、ロシア中国が存在するが例は少ない。フランスでは議員宿舎の代わりに住宅手当が支給されている。台湾ではワンルームタイプの議員宿舎が存在する。

脚注[編集]

  1. ^ 旧赤坂宿舎は、新赤坂宿舎へ変更された。
  2. ^ 河村たかし『この国は議員にいくら使うのか』角川新書2008年9月25日第1版67ページより引用
  3. ^ a b 新赤坂庁舎建設に伴い、売却予定 [1]
  4. ^ 河村たかし『この国は議員にいくら使うのか』角川新書2008年9月25日第1版67ページ
  5. ^ 議員宿舎を「ラブホ」にしちゃった社民党・又市幹事長…元“愛人”の赤裸々な告白 週刊新潮 2007年6月28日号 P32~35
  6. ^ 又市社民幹事長、新潮社を提訴「重大な選挙妨害だ」と(朝日新聞)
  7. ^ J-CAST2011年6月3日
  8. ^ 週刊新潮 2013年10月10日号
  9. ^ 松島法相 特例で議員宿舎借りながら約束破り自宅で寝泊まりスポニチ 2014年10月10日
  10. ^ 「ルールを守らない法務大臣」 松島みどりのお騒がせキャラJ-CASTニュース 2014年10月10日

関連項目[編集]