山梨県第1区

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗山梨県第1区
衆議院小選挙区 山梨県.svg衆議院小選挙区 凡例.svg
行政区域 甲府市韮崎市南アルプス市北杜市甲斐市中央市西八代郡南巨摩郡中巨摩郡
(2017年7月16日現在)
比例区 南関東ブロック
設置年 1994年2013年区割変更)
選出議員 中島克仁
有権者数 (2017年7月16日区割変更前)
433,648人
1.86 倍(一票の格差福島4区との比較)
総務省・2016年9月2日)
テンプレートを表示

山梨県第1区(やまなしけんだい1く)は、日本衆議院議員総選挙における選挙区1994年平成6年)の公職選挙法改正で設置。

区域[編集]

2013年の区割り変更に伴い、区割りが大きく変更された。2013年の区割り変更前は以下の区域であった。

歴史[編集]

小選挙区制導入後の1996年第41回衆議院議員総選挙で、民主党は公認争いで輿石東小沢鋭仁が対立。結果、輿石が選挙区から立候補し、小沢は比例単独候補に回った。しかし、輿石は選挙区で落選し、小沢は比例で当選するという皮肉な結果となった。その後、輿石は参議院に鞍替えした。

それ以降、小沢が選挙区で4回連続当選して地盤を築いたが、2012年第46回衆議院議員総選挙の目前に小沢が民主党を離党、日本維新の会に移った。これに激怒した党幹事長の輿石は、党独自の候補者擁立を模索。引退を表明していた内閣官房副長官斎藤勁を立てて、「小沢落とし」に執念を燃やした。小沢は日本維新の会の比例単独1位に記載されており、落選の可能性はほとんど無かったが、たとえ自由民主党を利することになっても小沢を選挙区で当選させないことに尽力した[1]。結果、自民党の宮川典子が初当選し、16年ぶりに自民党が議席を奪回した。小沢も比例で復活当選した。

山梨県内の小選挙区再編後初めてとなる2014年第47回衆議院議員総選挙では、小沢が維新の党比例近畿ブロック単独1位候補として国替えし、民主党は前回3区で同党の後藤斎に破れるも比例復活当選し、解党されたみんなの党に所属していた中島克仁を擁立。中島が小選挙区で当選し、宮川は比例復活で当選した。みんなの党解党時に所属していた前職衆議院議員のうち当選を果たしたのは、代表であった浅尾慶一郎と中島の2人だけである。

2017年の第48回衆議院議員総選挙では、公職選挙法改正で消滅した山梨3区から出馬していた中谷真一が「コスタリカ方式」で立候補し、宮川は比例単独に回った。民進党前原誠司代表の提案により希望の党への合流を決めていたが、中島は希望の党には合流せず、無所属で出馬した。結果として前回同様、中島が小差で当選し、中谷は比例復活した。なお、第48回衆議院議員総選挙では浅尾慶一郎が落選したため、みんなの党解党時に所属していた議員で連続当選を果たしているのは中島1人となっている[2]

小選挙区選出議員[編集]

選挙名 当選者 党派
第41回衆議院議員総選挙 1996年(平成8年) 中尾栄一 自由民主党
第42回衆議院議員総選挙 2000年(平成12年) 小沢鋭仁 民主党
第43回衆議院議員総選挙 2003年(平成15年) 小沢鋭仁 民主党
第44回衆議院議員総選挙 2005年(平成17年) 小沢鋭仁 民主党
第45回衆議院議員総選挙 2009年(平成21年) 小沢鋭仁 民主党
第46回衆議院議員総選挙 2012年(平成24年) 宮川典子 自由民主党
第47回衆議院議員総選挙 2014年(平成26年) 中島克仁 民主党
第48回衆議院議員総選挙 2017年(平成29年) 中島克仁 無所属

選挙結果[編集]

第48回衆議院議員総選挙 山梨県第1区

解散日:2017年9月28日  投票日:2017年10月22日
当日有権者数:430,155人 最終投票率:57.50%(前回比:ポイント)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧 得票数 得票率 惜敗率 推薦・支持 重複
中島克仁 50 無所属 107,007票
44.3%
―― 民進党山梨県連推薦、社会民主党山梨県連合支持 ×
比当 中谷真一 41 自由民主党 105,876票
43.9%
98.9% 公明党推薦
宮内現 35 日本共産党 21,320票
8.8%
19.9%
西脇愛 32 幸福実現党 7,119票
3.0%
6.7%
第47回衆議院議員総選挙 山梨県第1区

解散日:2014年11月21日  投票日:2014年12月14日
当日有権者数:424,678人 最終投票率:56.26%(前回比:-4.00ポイント)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧 得票数 得票率 惜敗率 推薦・支持 重複
中島克仁 47 民主党 102,111票
44.0%
―― 維新の党県連支持
比当 宮川典子 35 自由民主党 101,026票
43.5%
98.9% 公明党推薦
遠藤昭子 63 日本共産党 29,125票
12.5%
28.5%
第46回衆議院議員総選挙 山梨県第1区

解散日:2012年11月16日  投票日:2012年12月16日
当日有権者数:217,046人 最終投票率:60.26%(前回比:ポイント)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧 得票数 得票率 惜敗率 推薦・支持 重複
宮川典子 33 自由民主党 54,930票
43.6%
――
比当 小沢鋭仁 58 日本維新の会 34,414票
27.3%
62.7% みんなの党推薦
斎藤勁 67 民主党 26,070票
20.7%
47.5% 国民新党推薦
植村道隆 39 日本共産党 10,694票
8.5%
19.5%
第45回衆議院議員総選挙 山梨県第1区

解散日:2009年7月21日  投票日:2009年8月30日
当日有権者数:人 最終投票率:%(前回比:ポイント)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧 得票数 得票率 惜敗率 推薦・支持 重複
小沢鋭仁 55 民主党 91,422票
60.2%
――
赤池誠章 48 自由民主党 46,881票
30.9%
51.3% 公明党推薦
遠藤昭子 57 日本共産党 11,972票
7.9%
13.1%
早瀬浩之 48 幸福実現党 1,480票
1.0%
1.6%
第44回衆議院議員総選挙 山梨県第1区

解散日:2005年8月8日  投票日:2005年9月11日
当日有権者数:人 最終投票率:%(前回比:ポイント)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧 得票数 得票率 惜敗率 推薦・支持 重複
小沢鋭仁 51 民主党 70,281票
47.5%
――
比当 赤池誠章 44 自由民主党 65,426票
44.2%
93.1%
遠藤昭子 53 日本共産党 12,173票
8.2%
17.3%
第43回衆議院議員総選挙 山梨県第1区

解散日:2003年10月10日  投票日:2003年11月9日
当日有権者数:人 最終投票率:%(前回比:ポイント)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧 得票数 得票率 惜敗率 推薦・支持 重複
小沢鋭仁 49 民主党 71,623票
54.9%
――
米田建三 56 自由民主党 45,282票
34.7%
63.2%
遠藤昭子 52 日本共産党 13,545票
10.4%
18.9%
  • 米田はそれまでは比例単独候補として当選してきた。
第42回衆議院議員総選挙 山梨県第1区

解散日:2000年6月2日  投票日:2000年6月25日
当日有権者数:人 最終投票率:%(前回比:ポイント)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧 得票数 得票率 惜敗率 推薦・支持 重複
小沢鋭仁 46 民主党 58,781票
42.0%
――
中尾栄一 70 自由民主党 52,964票
37.8%
90.1%
赤池誠章 38 無所属 15,803票
11.3%
26.9% ×
吉川晴雄 48 日本共産党 12,538票
9.0%
21.3%
  • 小沢は第41回は比例単独候補として当選。
第41回衆議院議員総選挙 山梨県第1区

解散日:1996年9月27日  投票日:1996年10月20日
当日有権者数:人 最終投票率:%(前回比:ポイント)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧 得票数 得票率 惜敗率 推薦・支持 重複
中尾栄一 66 自由民主党 52,111票
38.9%
――
輿石東 60 民主党 45,288票
33.8%
86.9%
後藤斎 39 新進党 25,265票
18.9%
48.5%
小越進 34 日本共産党 10,610票
7.9%
20.4%
市川重元 51 自由連合 753票
0.6%
1.4%

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]