中島克仁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
中島 克仁
なかじま かつひと
生年月日 (1967-09-27) 1967年9月27日(50歳)
出生地 日本の旗 山梨県[1]
出身校 帝京大学医学部
前職 開業医
所属政党 みんなの党→)
民主党→)
民進党→)
無所属
称号 医師
医学士
親族 父・中島真人(元参議院議員)
公式サイト 衆議院議員 中島かつひと オフィシャルWebサイト

選挙区 比例南関東ブロック→)
山梨1区
当選回数 3回
在任期間 2012年12月16日 - 現職
テンプレートを表示

中島 克仁(なかじま かつひと、1967年9月27日 - )は、日本政治家医師衆議院議員(3期)。本名は中嶋克仁[2]

父は元参議院議員中島真人

来歴[編集]

山梨県出身。山梨県立韮崎高等学校帝京大学医学部卒業。大学卒業後、帝京大学医学部附属病院山梨大学医学部附属病院韮崎市立病院の勤務医を経て、北杜市で診療所を設立[3]

2012年第46回衆議院議員総選挙みんなの党公認で山梨3区から出馬。選挙区では民主党後藤斎自由民主党中谷真一の後塵を拝し得票数は3位だったが、重複立候補していた比例南関東ブロックで復活し、初当選した。

2014年11月19日、所属するみんなの党の両院議員総会において浅尾慶一郎代表が解党を決定。同月23日、民主党に入党し、第47回衆議院議員総選挙では山梨1区2013年に選挙区の区割が変更されたため山梨3区は廃止され、全域が山梨1区に編入された)で公認を受けた[4]。なお、当初は旧山梨1区が地盤であった維新の党小沢鋭仁国会議員団幹事長も山梨1区から出馬する意向であったが、12月1日、選挙区調整により比例近畿ブロックへ転出し[5]、山梨1区の野党候補が中島に一本化された(日本共産党は公認候補を擁立)。第47回衆議院議員総選挙で、山梨1区において自民党前職の宮川典子を1,085票の僅差で破り、再選(宮川も比例復活)。みんなの党の解党が決定した時点で同党に所属していた衆議院議員のうち、議席を維持したのは中島、浅尾慶一郎の2名に留まった。

2015年民主党代表選挙では長妻昭の推薦人に名を連ねる[6]が、長妻は1回目の投票で最下位に終わった(当選者は岡田克也[7]2016年5月3日、民進党山梨県連代表に就任。

2017年10月第48回衆議院議員総選挙希望の党公認を得られず、無所属で出馬し、コスタリカ方式で自民党から出馬した中谷真一を破り、3選。11月1日の首班指名選挙では前民進党代表前原誠司に投票した[8][9][10]

2018年5月に民進党と希望の党が合流して結成した新党「国民民主党」には参加せず無所属となった[11]

政策・主張・人物[編集]

  • 2013年11月26日特定秘密保護法案衆議院本会議における採決で賛成票を投じた[12]が、2014年第47回衆議院議員総選挙に際しては、特定秘密保護法への反対意見を表明した[13]
  • 選択的夫婦別姓制度導入について、「どちらとも言えない」としている[14]
  • 憲法改正や安保法に反対している[15]
  • 日教組のドンといわれた輿石東を「子どもの未来を守る」と訴えてきたとして尊敬している。2016年の参議院選挙前には引退した興石の議席を守るために新人を必ず当選させることを表明している。中島は2014年の民主党入党の記者会見でも「お世話になった(興石)先生と日本のため、地元山梨のために(民主党に)入党させていただけるのは政治家として新たな一歩だ」と語っている。民主党入党の際には輿石に意向を伝えて入党しているなど、興石が中島の高校の先輩だったことや父親の友人だったことから親しい[16][17]
  • 2018年1月に民進党が政党交付金の申請をする際、中島は民進党籍はあるものの「無所属で戦ったのに、民進党の政党交付金を受け取るのは筋が通らない」として自分の議席分について政党交付金申請への同意を拒み、受け取りを辞退した[18]

脚注[編集]

  1. ^ 時事ドットコム:国会議員 中島 克仁(なかじま かつひと)
  2. ^ 平成29年山梨県選挙管理委員会告示第58号(平成29年10月24日山梨県公報)
  3. ^ プロフィール|民主党衆議院議員 中島かつひと オフィシャルwebサイト
  4. ^ “衆院選 民主1区で中島氏公認”. 読売新聞. (2014年11月23日). オリジナル2014年11月30日時点によるアーカイブ。. https://archive.li/20141130040620/http://www.yomiuri.co.jp/local/yamanashi/news/20141123-OYTNT50136.html 2014年12月25日閲覧。 
  5. ^ “時事ドットコム:維新、比例名簿を発表=近畿1位に小沢氏【14衆院選】”. 時事通信. (2014年12月1日). http://www.jiji.com/jc/zc?k=201412/2014120100831 2014年12月25日閲覧。 
  6. ^ “民主代表選候補の推薦人名簿”. 時事ドットコム (時事通信社). (2015年1月7日). オリジナル2015年1月7日時点によるアーカイブ。. https://archive.fo/20150107162414/http://www.jiji.com/jc/zc?k=201501/2015010700415&g=pol 2015年1月18日閲覧。 
  7. ^ “民主代表選:新代表に岡田氏 挙党態勢を重視”. 毎日新聞. (2015年1月18日). オリジナル2015年1月18日時点によるアーカイブ。. https://archive.fo/20150118162014/http://mainichi.jp/select/news/20150118k0000e010143000c.html 2015年1月18日閲覧。 
  8. ^ “枝野氏に社民、自由も投票=無所属の会は大塚氏―首相指名”. Yahoo!ニュース. 時事通信. (2017年11月1日). https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171101-00000125-jij-pol 
  9. ^ “首相指名:2位、衆参ねじれ 64年ぶり、民進の分裂余波”. 毎日新聞. (2017年11月1日). https://mainichi.jp/articles/20171102/k00/00m/010/108000c 
  10. ^ “首相指名選挙 野党統一どころか…離合集散受けバラバラ 最多は立民・枝野幸男代表も共産は全員志位和夫委員長 希望は「暫定」渡辺周氏”. 産経新聞. (2017年11月2日). http://www.sankei.com/politics/news/171102/plt1711020003-n2.html 
  11. ^ “国民民主党:県内国会議員不参加 中島、宮沢両氏は無所属で活動 /山梨”. 毎日新聞. (2018年5月8日). https://mainichi.jp/articles/20180508/ddl/k19/010/061000c 
  12. ^ 特定秘密保護法 国会議員の投票行動”. 東京新聞. 2014年12月13日閲覧。
  13. ^ “2014衆院選 山梨1区 中島 克仁”. 毎日jp (毎日新聞社). http://senkyo.mainichi.jp/47shu/meikan.html?mid=A19001001001&st=tk 2015年2月3日閲覧。 
  14. ^ 朝日新聞、2014年衆院選、朝日・東大谷口研究室共同調査
  15. ^ [1]
  16. ^ [2]【名言か迷言か】「バッジ」のためなら「変節」なんか気にしない 「みんな」前議員たちのなりふり構わぬ“移籍”,2014年11月30日
  17. ^ [3]
  18. ^ “「民進」名乗らぬ無所属12人分、交付金を申請”. 読売新聞. (2018年2月3日). http://www.yomiuri.co.jp/politics/20180203-OYT1T50043.html 2018年2月3日閲覧。 

外部リンク[編集]