コスタリカ方式

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

コスタリカ方式(コスタリカほうしき)とは、小選挙区比例代表並立制における選挙戦術の一つで、同じ政党から競合する候補者が存在する選挙区において1人を小選挙区に、もう1人を比例区に単独で立候補させ選挙毎にこれを交代させるという方法である。

日本独自の呼称である(後述)。

概説[編集]

小選挙区比例代表並立制が行われる選挙において同じ政党から競合する候補者が存在する選挙区が存在する場合、1人を小選挙区に、もう1人を比例区の名簿上位に配分して比例区単独で立候補させる。

候補者同士は選挙があるごとに小選挙区と比例区における協定を結ぶ。「小選挙区選挙で立候補できる権利」と「比例代表選挙(上位順位)で立候補できる権利」は、選挙が行われる度毎に入れ替わるのが通例である。それによって、2人の候補者は当該選挙区において後援会などの選挙基盤を維持する。

コスタリカ方式を利用した場合でも、小選挙区で立候補した立候補者が比例と重複立候補することも可能である。この場合は比例区のみで立候補した立候補者よりも名簿順位は下位順位(大抵は多くの重複候補との同一順位)でなければならない。

「コスタリカ」の名は、コスタリカ友好議員連盟の会長であり、小選挙区比例代表並立制導入当時の自民党幹事長であった森喜朗が国会議員が同一選挙区における連続立候補を禁じたコスタリカの選挙制度を参考にして命名したものである。ただしコスタリカの選挙制度の目的は選挙において特定地域の有権者との癒着を防止することであり、日本のシステムは名前だけ頂いた、似て非なるものである。

沿革[編集]

1994年平成6年)に、衆議院議員総選挙中選挙区制から小選挙区比例代表並立制に移行する際に、自由民主党の候補者が、重複する選挙区が複数存在してきたことから考案された。また連立与党である公明党保守(新)党との協定により連立政党の候補の小選挙区立候補を優先させ、自民党候補を比例上位で立候補させる場合もあった。

なお、新進党民主党では地盤としていた現職議員や出馬を希望していた有力な新人が競合した関係上、第41回総選挙で新進党が3人・民主党が7人を比例上位で立候補させる事実上のコスタリカ方式を採用した。次の第42回総選挙でも元新進党議員が民主党に合流したことで候補者が重複する選挙区が出た関係で、6人の候補者を同様の事実上のコスタリカ方式で遇したことがあるが、それ以降はコスタリカ方式を採用していなかった。

自民党では、第45回衆議院議員総選挙から「コスタリカ方式」を全廃する方針を固めていた[1]が、この時解消できたのは8選挙区のうち3選挙区に留まった[2]

更に第47回衆議院議員総選挙では、熊本県第2区に加え[3]、小選挙区の削減で、現職議員同士が競合した山梨県第1区福井県第2区高知県第1区でも新たにコスタリカ方式を導入せざるを得なくなり、加えて一時はコスタリカ方式を解消した徳島県第1区でも、再度コスタリカ方式が復活した。

第24回参議院議員通常選挙で、鳥取県島根県徳島県高知県で合区が誕生したことにより、参議院でも「コスタリカ方式」が発生することになった。

第48回衆議院議員総選挙では、民進党から希望の党へ移る形となった松浦大悟寺田学が共に秋田県第1区を地盤とすることから、希望の党では松浦を小選挙区公認候補とし、寺田を比例東北ブロック単独公認候補とするコスタリカ方式を採用した[4]

利点と欠点[編集]

コスタリカ方式の導入による、候補にとっての利点としては以下のものがある。

  • 一度当選したら次の選挙は大政党の比例上位に登録されるため次回選挙の当選がほぼ保証される。
  • 選挙区の選挙において双方の後援会を動員でき、得票の増加が見込まれる。

一方、公認権限は党執行部が握っているため反党行為や離党をした場合はその政党から公認されず、選挙区でコスタリカ方式を結んでいた政党候補との激戦が予想され当選が難しくなる恐れがある。さらに小選挙区立候補の際に比例復活できずに完全落選した場合、党執行部によって比例に回っていた候補を小選挙区での党公認候補として完全に定着させる方針が採られると、同選挙区で立候補をして当選して衆議院議員として復帰することが極めて困難になる。また自民党では衆院選比例名簿の73歳定年制が設けられ、73歳を超えた議員は比例名簿に登載されない問題も出ている。

コスタリカ方式適応候補は1回選挙区で当選すれば次回選挙の当選がほぼ保証されているが、通常の候補は毎回選挙の選挙区で勝負しなければならず、またコスタリカ方式のために比例上位候補が1人掲載されているために小選挙区落選での惜敗率による復活当選において当選議席が1つ減ってしまうという不公平もある。

用語[編集]

新規コスタリカ
まだコスタリカ方式を導入していない選挙区においてコスタリカ方式を導入すること。
変則コスタリカ
通常のコスタリカ方式では選挙区と比例区を選挙毎に交互に立候補するが、交互に立候補せずにそれぞれが小選挙区と比例区とで固定化する方式である。また選挙毎ではなく5年などの交代期間を設ける場合もある。愛媛県第1区の様に、比例区ではなく参議院選挙区との間で変則コスタリカを行った例もある。

コスタリカ方式の例[編集]

政党:

  •     自民党
  •     民主党→民進党
  •     日本維新の会→維新の党→おおさか維新の会
  •     公明党
  •     新党大地
  •     新進党
  •     自由党
  •     保守党→保守新党
  •     改革クラブ
  •     国民新党
  •     新党日本
  •     未来の党
  •     次世代の党
  •     無所属

凡例:

  • 単 - 単独での公認候補(連立与党での単独候補も含む)
  • 小 - 小選挙区立候補(野党公認・無所属での出馬も含む)
  • 比 - 比例代表単独登録候補(ほとんどが上位登録)
  • 転 - 他の選挙区から出馬か参院候補などに鞍替え
  • 辞 - 任期途中での辞職 
  • 退 - 引退ないし立候補辞退
  • 補 - 任期途中での補欠選挙で立候補 
  • 当 - 当選
  • 復 - 復活当選
  • 落 - 落選

最上行にある数字は西暦を表す。

選挙区 候補者 1996 2000 2003 2005 2009 2012 2014
北海道第6区 今津寛 単落 単落 小当 比当 単落 単当 単復
金田英行 (旧7区選出) 比当 小落 退
北海道第8区 鉢呂吉雄 小当 小当 (4区から立候補[5])
金田誠一 比当 比当 単当 単当 退
北海道第9区 鳩山由紀夫 小当 単当 単当 単当 単当 退
池端清一 比当 退
北海道第10区 小平忠正 小当 小当 単当 単当 単当 単落 退
中沢健次 比当 比当 退
渡辺孝一 比当 比当
稲津久 比当 小当 小当
北海道第13区
(現7区)
鈴木宗男 単復 比当 [6] 比当 失職
北村直人 小当 単当 単当 単落 退
青森県第4区 津島恭一 単落 比落 比当 単落 単復 単落 退
木村太郎 単当 単当 小当 単当 単当 単当 単当
秋田県第3区 御法川英文 比当 比当 死去
村岡兼造 小当 小当 単落 退
宮城県第2区 中野正志 単当 単落 単復 比当 小落 単落 [6]
秋葉賢也 補当 小当 比当 単当 単当
宮城県第5区 安住淳 小当 小当 単当 単当 単当 単当 単当
日野市朗 比当 比当 死去
福島県第1区 佐藤剛男 単当 単当 単当 比当 退
亀岡偉民 小落 小落 小当 単落 単当 単当
木幡弘道 比当 単落 退
石原健太郎 小落[7] 単落[8] 退
福島県第3区 穂積良行 比当 小落 退
荒井広幸 小当 比当 単落 [6]
福島県第5区 坂本剛二 小当 比当 小当 比当 単落 単当 比落[9]・転
吉野正芳 小当 比当 小当 単復[10]・転 比当[11]・転 単当
茨城県第3区 葉梨信行 比当 小当 退
中山利生 小当 比当 退
栃木県第4区 山岡賢次 小落 単復 単復 単復 単当 単落 退
神田厚 比当 比当 退
群馬県第1区 尾身幸次 小当 比当 小当 比当 小落 退
佐田玄一郎 比当 小当 比当 小当 比当 単当 単当
埼玉県第1区 金子善次郎 単落[12]・転 比当 単落 単復 単落 [6]
武正公一 小当 単当 単当 単当 単復 単復
埼玉県第8区 並木正芳 単当 単落 単落 比当 比落 単落 比落
新井正則 単落 単落 単当・辞
柴山昌彦 補当 小当 単復 単当 単当
埼玉県第12区 小島敏男 単落 小当 比当 単当 単落 退
増田敏男 単当 比当 小当 退
千葉県第1区 北村哲男 比当 単落 退
木田直子 単落 退
千葉県第6区 井奥貞雄 比当 小落
渡辺博道 小当 比当 単復 単当 単落 単当 単当
千葉県第8区 長浜博行 小落 小当 単復[13]・転 [6]
松崎公昭 比当 比当 単当 単落 単当 単落 退
千葉県第9区 水野賢一 単落 小当 単当 単当 単落 [6]
実川幸夫 単当 比当 (新設の13区から立候補[14]) 退
千葉県第11区 森英介 単当 単当 単当 単当 単当 単当 単当
石橋一弥 比当 死去
千葉県第12区 中村正三郎 比当 小当 比当 辞|退
浜田靖一 小当 比当 小当 単当 単当 単当 単当
神奈川県第12区 桜井郁三 単当 単落 小復 小当 小落 死去
江崎洋一郎 単落 単当 比当 比当 比落 退
葉山峻 比当 比当 退
原田尚武 小落 単落 退
山梨県第1区 小沢鋭仁 比当 単当 単当 単当 単当 単復 比当[9]・転
後藤斎 単落 (旧3区から立候補[15]) [16]
輿石東 小落 [6]
宮川典子 単当 小復
中谷真一 (旧3区[17]) 比当
東京都第6区 岩國哲人 小当 比当 (神奈川県第8区から立候補[18]) 退
鈴木淑夫 比当[19]・転 単復 比落 退
石井紘基 単復 小当 死去
東京都第12区 八代英太 単当 小当 比当 小落 [6]
太田昭宏 比当 小当 単当 単落 単当 単当
新潟県第6区 高鳥修 小当 比当 退
白川勝彦 比当 小落 [6]
石川県第1区 奥田建 補当 小復 小当 小落 小当 小落 退
桑原豊 単復 比当 (3区から立候補[20]) [21]
石川県第3区 瓦力 単当 単当 単当 比当 退
北村茂男 小当 単復 単当 単当
福井県第2区 山本拓 単落 単当 単当 単当 単当 比当
高木毅 (旧3区から立候補[22]) 小当
静岡県第4区 望月義夫 単当[23] 小当 小当 単当 単落[8] 単当 単当
倉田雅年 単落 比当 比当 (6区から立候補[24]) 退
愛知県第7区 鈴木淳司 単落 比当 単当 単落 単当 単復
青山丘 単当 比当 小当 比落 [6]
岐阜県第4区 藤井孝男 小当 比当 小当 小落 [6] 比当 比落
金子一義 比当 小当 比当 単当 単当 単当 単当
大阪府第3区 柳本卓治 単復 比当 比当 比当 比当 [6]
田端正広 小当 小落 小当 小当 小落 退
大阪府第10区 林省之介 単落 比当 比落 [6]
石垣一夫 単当 小落 退
松浪健太 補当 小落 単当 単復 単当 単復
大阪府第13区 塩川正十郎 単落 小当 退
西野陽 単当 比当 単当 単当 単当 退
兵庫県第2区 奥谷通 単落[8] 比当 死去
赤羽一嘉 単当 小当 単当 単当 単落 単当 単当
兵庫県第6区 阪上善秀 単復 比当 小落 小落 [25]
小池百合子 単当 小当 比当 (東京都第10区から立候補[26])
奈良県第1区 森岡正宏 単落 小当 比当 小落 単落 退
高市早苗 小当 比当 小落 (2区から立候補[26])
岡山県第5区 村田吉隆 単当 小当 小当 小当 比当 退
加藤勝信 比落 比当 比当 小当 単当 単当
広島県第3区 河井克行 単当 単落 比当 小当 比当 単当 単当
増原義剛 小落 小当 小当 比当 小落 退
島根県第2区 竹下亘 単当 小当 単当 単当 単当 単当
亀井久興 (旧3区選出) 比当 単復 単落 退
徳島県第1区 岡本芳郎 小落 比当 単復 単落 退
七条明 比落[8] 比当 小復 単復[27]・転 比落 [28]
福山守 単当 比当
後藤田正純 (旧3区選出) 小当
愛媛県第1区 関谷勝嗣 単当 (参院議員) 退
塩崎恭久 (参院) 単当 単当 単当 単当 単当 単当
高知県第1区
高知県第2区
福井照 単当 単当 単当 単当 単当 比当
中谷元 単当[29] 単当[29] 単当[29] 単当[29] 単当[29] 単当[29] 小当
山本有二 (旧3区選出) 単当[29]
福岡県第11区 武田良太 単落 単落 小当 小当 小当 単当 単当
山本幸三 小当 小当 単落 単復 比当 (10区選出)
佐賀県第1区 原口一博 小当 単復 単当 単復 単当 単復 単当
愛野興一郎 比当 死去
熊本県第2区 林田彪 単落[8] 比当 小当 比当 小落 比当 比落
野田毅 単当 小当 比当 小当 比当 小当 小当
鹿児島県第3区 宮路和明 比当 小当 小当 単当 単落 単復 退
松下忠洋 小当 比当 比当 単落 単当 死去
沖縄県第1区 下地幹郎 単復 比当 小落 小当 単当 単落 単復
白保台一 単当 小当 単当 単落 退

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 自民党:「コスタリカ方式」全廃の方針 次期衆院選(2008年6月29日 毎日新聞)
  2. ^ 自民のコスタリカ方式、廃止は8選挙区のうち3区だけ(2008年11月25日 読売新聞)
  3. ^ 但し、比例単独で出馬した林田彪は名簿順位35位と下位順位なので正確にはコスタリカ方式ではない。
  4. ^ “希望の党・秋田1区の松浦大悟氏は「安保法廃止」だった 昨夏の参院選で共産、社民と共闘”. 産経ニュース. 産業経済新聞社: p. 1-2. (2017年10月3日). http://www.sankei.com/politics/news/171003/plt1710030091-n1.html 2017年10月3日閲覧。 
  5. ^ 2000年・2003年・2005年・2009年と連続して当選の後、2012年・2014年に落選、その後2016年に参院議員に転出
  6. ^ a b c d e f g h i j k l m 参議院議員選挙に出馬
  7. ^ 新進・民主両党が推薦
  8. ^ a b c d e その後繰り上げ当選
  9. ^ a b 比例近畿ブロックから出馬
  10. ^ 福島県第3区から出馬
  11. ^ 比例中国ブロックから出馬
  12. ^ 5区からの出馬
  13. ^ 千葉県第11区から出馬
  14. ^ 2003年・2005年は選挙区で当選したが、2009年に落選
  15. ^ うち復活当選2回(2000年・2005年)・落選1回(2003年)・選挙区当選2回(2009年・2012年)
  16. ^ 山梨県知事選に出馬、当選
  17. ^ 比例区での復活当選
  18. ^ 何れも比例区での復活当選
  19. ^ 比例東海ブロックからの出馬
  20. ^ 何れも落選
  21. ^ 石川県知事選に出馬、落選
  22. ^ 当選したのは2000年の第42回総選挙から
  23. ^ 新進党が推薦・当選後に自由民主党へ所属
  24. ^ 2006年は比例区で復活当選・2009年は落選
  25. ^ 宝塚市長に
  26. ^ a b 2009年には比例区で復活当選したものの、それ以外は選挙区で当選
  27. ^ 徳島県第2区から出馬
  28. ^ 板野郡上板町長
  29. ^ a b c d e f g 高知県第2区からの立候補

関連項目[編集]