コンテンツにスキップ

福井県第2区

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
日本の旗福井県第2区
行政区域 敦賀市小浜市鯖江市越前市今立郡南条郡丹生郡三方郡大飯郡三方上中郡
(2024年1月1日現在)
比例区 北陸信越ブロック
設置年 1994年
2013年区割変更)
選出議員 高木毅
有権者数 258,406人
1.140 倍(一票の格差鳥取1区との比較)
総務省・2023年9月1日)
テンプレートを表示

福井県第2区(ふくいけんだい2く)は、日本衆議院議員総選挙における選挙区1994年平成6年)の公職選挙法改正で設置。

区域

[編集]

現在の区域

[編集]

2013年平成25年公職選挙法改正以降の区域は以下のとおりである[1][2]。2013年に区割改定が施行となり、第47回総選挙より廃止となる従前の3区のほぼ全域(福井市域以外)を含み、大幅に区域が変更された。これは県政による地区区分の丹南、二州、若狭地区、あるいは市外局番0778、0770の区域と合致する。また、全域が原子力災害対策重点区域(UPZ)に設定されていることも特徴で、1区では福井市のごく僅かが該当するのみであることと大きく異なっている。

2013年以前の区域

[編集]

1994年平成6年)公職選挙法改正から2013年の小選挙区改定までの区域は以下のとおりである[3]

歴史

[編集]

福井県は伝統的に自民党が強い保守王国であり、第41回、42回は元労働大臣牧野隆守が、牧野が引退した第43回以降は第41回は新進党から立候補し牧野に敗れた山本拓(自民党→新進党→自民党)が選出されている。第45回では民主党糸川正晃が山本に約1500票差まで迫った。

第47回衆議院議員総選挙で定数削減に伴う選挙区調整で現在の区になってから山本は比例北陸信越ブロックに転出し、それ以降は旧3区から国替えした高木毅がこの区での地盤を固めている。

小選挙区選出議員

[編集]
選挙名 当選者 党派
第41回衆議院議員総選挙 1996年(平成8年) 牧野隆守 自由民主党
第42回衆議院議員総選挙 2000年(平成12年)
第43回衆議院議員総選挙 2003年(平成15年) 山本拓
第44回衆議院議員総選挙 2005年(平成17年)
第45回衆議院議員総選挙 2009年(平成21年)
第46回衆議院議員総選挙 2012年(平成24年)
第47回衆議院議員総選挙 2014年(平成26年) 高木毅
第48回衆議院議員総選挙 2017年(平成29年)
第49回衆議院議員総選挙 2021年(令和3年) 

選挙結果

[編集]
第49回衆議院議員総選挙2021年(令和3年)10月31日 福井県第2区

時の内閣:第1次岸田内閣 解散日:2021年10月14日 公示日:2021年10月19日
当日有権者数:26万2612人 最終投票率:59.12%(前回比:増加1.59%) (全国投票率:55.93%(増加2.25%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
高木毅65自由民主党81,705票
53.86%
――公明党推薦
斉木武志47立憲民主党69,984票
46.14%
85.65%
第48回衆議院議員総選挙2017年(平成29年)10月22日 福井県第2区

時の内閣:第3次安倍第3次改造内閣 解散日:2017年9月28日 公示日:2017年10月10日
当日有権者数:26万9460人 最終投票率:57.53%(前回比:増加5.61%) (全国投票率:53.68%(増加1.02%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
高木毅61自由民主党80,895票
54.18%
――公明党推薦
比当斉木武志43希望の党55,537票
37.20%
68.65%
猿橋巧63日本共産党12,873票
8.62%
15.91%

斉木は45・46回は静岡県第7区で活動

第47回衆議院議員総選挙2014年(平成26年)12月14日 福井県第2区

時の内閣:第2次安倍改造内閣 解散日:2014年11月21日 公示日:2014年12月2日
当日有権者数:26万6868人 最終投票率:51.92% (全国投票率:52.66%(減少6.66%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
高木毅58自由民主党83,086票
61.52%
――公明党推薦
辻一憲49民主党42,032票
31.12%
50.59%
宇野邦弘63日本共産党9,941票
7.36%
11.96%
第46回衆議院議員総選挙2012年(平成24年)12月16日 福井県第2区

時の内閣:野田第3次改造内閣 解散日:2012年11月16日 公示日:2012年12月4日 (全国投票率:59.32%(減少9.96%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
山本拓60自由民主党68,126票
52.88%
――公明党推薦
糸川正晃37民主党38,354票
29.77%
56.30%国民新党推薦
武田将一朗42みんなの党17,067票
13.25%
25.05%日本維新の会推薦
藤岡繁樹61日本共産党5,273票
4.09%
7.74%
第45回衆議院議員総選挙2009年(平成21年)8月30日 福井県第2区

時の内閣:麻生内閣 解散日:2009年7月21日 公示日:2009年8月18日 (全国投票率:69.28%(増加1.77%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
山本拓57自由民主党80,033票
49.73%
――
比当糸川正晃34民主党78,496票
48.78%
98.08%
河合勇樹47幸福実現党2,403票
1.49%
3.00%
第44回衆議院議員総選挙2005年(平成17年)9月11日 福井県第2区

時の内閣:第2次小泉改造内閣 解散日:2005年8月8日 公示日:2005年8月30日 (全国投票率:67.51%(増加7.65%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
山本拓53自由民主党96,245票
62.60%
――
若泉征三60民主党57,504票
37.40%
59.75%
第43回衆議院議員総選挙2003年(平成15年)11月9日 福井県第2区

時の内閣:第1次小泉第2次改造内閣 解散日:2003年10月10日 公示日:2003年10月28日 (全国投票率:59.86%(減少2.63%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
山本拓51自由民主党62,558票
44.07%
――
比当若泉征三58民主党43,143票
30.40%
68.96%
平泉渉73無所属31,120票
21.92%
49.75%×
宇野邦弘52日本共産党5,118票
3.61%
8.18%
第42回衆議院議員総選挙2000年(平成12年)6月25日 福井県第2区

時の内閣:第1次森内閣 解散日:2000年6月2日 公示日:2000年6月13日 (全国投票率:62.49%(増加2.84%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
牧野隆守74自由民主党98,361票
68.49%
――
京藤啓民59民主党36,125票
25.15%
36.73%
野波栄一郎59日本共産党9,126票
6.35%
9.28%
第41回衆議院議員総選挙1996年(平成8年)10月20日 福井県第2区

時の内閣:第1次橋本内閣 解散日:1996年9月27日 公示日:1996年10月8日 (全国投票率:59.65%(減少8.11%))

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
牧野隆守70自由民主党79,222票
52.35%
――
山本拓44新進党65,024票
42.97%
82.08%
宇野邦弘44日本共産党7,078票
4.68%
8.93%
  • 山本はこの後福井県知事選に立候補し、落選。その後自民党に復党。

脚注

[編集]

関連項目

[編集]