辻一彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
この項目に含まれる文字は、オペレーティングシステムブラウザなどの環境により表示が異なります。

辻 一彦(つじ かずひこ、1924年12月10日 - 2008年9月5日)は、日本政治家参議院議員(1期)、衆議院議員(5期)を務める。福井県遠敷郡口名田村(現・福井県小浜市)谷田部出身。

概要[編集]

1941年千葉農業専門学校千葉大学園芸学部の前身)を卒業し教師や農業講習所講師経て1971年第9回参議院議員通常選挙日本社会党公認で福井県選挙区で当選。1977年第11回参議院議員通常選挙で落選。

1983年第37回衆議院議員総選挙無所属で出馬、当選を果たすも後に社会党を除名される。

1985年院内会派「社会党・護憲共同」に参加、1986年第38回衆議院議員総選挙では社会党推薦で再選し、同年12月復党。

1993年社会党シャドーキャビネットの農林水産委員長に就任(前任は村沢牧)。

社民党から旧民主党の結党を経て民主党の結成に参加。翌年9月の民主党代表選挙では横路孝弘の推薦人となる。

小選挙区比例代表並立制に移行した1996年第41回衆議院議員総選挙では福井3区から出馬し当選。2000年第42回衆議院議員総選挙では前回破った新人高木毅に敗れて落選し、そのまま政界を引退した。2008年9月5日肺炎で死去。叙正四位


議会
先代:
井上一成
日本の旗 衆議院運輸委員長
1995年 - 1996年
次代:
杉山憲夫