竹谷とし子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
竹谷 とし子
たけや としこ
Toshikotakeya.jpg
生年月日 (1969-09-30) 1969年9月30日(47歳)
出生地 北海道標津郡標津町
出身校 創価大学経済学部
前職 経営コンサルタント
所属政党 公明党
公式サイト 参議院議員 公認会計士 竹谷とし子

選挙区 東京都選挙区
当選回数 2回
在任期間 2010年7月26日 - 現職
テンプレートを表示

竹谷 とし子(たけや としこ、1969年9月30日 - )は、日本政治家公認会計士経営コンサルタント公明党所属の参議院議員(2期)。現姓:菊地(きくち)。

参議院災害対策特別委員長財務大臣政務官第2次安倍改造内閣第3次安倍内閣)などを歴任した。

経歴[編集]

政策・主張[編集]

  • 2011年、ODA削減案に反対する超党派連合のメンバーとして名を連ねた[2]
  • 複式簿記発生主義の公会計制度改革による「財政の見える化」を主張する。
  • 食品ロスの解消やフードバンクへの支援を訴える[3]
  • 待機児童介護の問題を東京の深刻な課題として捉え、介護施設の確保、待機児童ゼロや賃金アップに向けた取り組みなど、保育士や介護職員の待遇改善を主張する[3]
  • 選択的夫婦別姓制度に賛成である[4]。「性別にかかわらず、自らの意志や個人の尊厳が尊重される社会を築きたい」としている[5]

現在の役職[編集]

参議院[編集]

公明党[編集]

  • 女性委員会 副委員長
  • 東京都本部 副代表
  • 国際局次長
  • 税制調査会 事務局次長
  • 決算・行政監視部会 部会長
  • 財政・金融部会副部会長
  • 行政改革推進本部公会計・行政評価委員会委員長
  • 参議院公明党政策審議会副会長

過去の役職[編集]

内閣[編集]

参議院[編集]

公明党[編集]

  • 青年委員会副委員長
  • 遊説局次長
  • 財政・金融部会長代理
  • 参議院国会対策副委員長
  • 環境部会長代理

著作[編集]

単著[編集]

  • 心に太陽 笑顔で挑戦 ― わたしを変えた10の言葉(鳳書院) ISBN 978-4871221580

共著[編集]

  • 日本の食卓を守る食料安全保障政策(雄山社) ISBN 978-4990122263
  • 最新EAMの基本と仕組みがよ〜くわかる本(秀和システム) ※EAM研究会としての共著 ISBN 978-4798024233

掲載記事[編集]

  • 2010年5月27日 - 日刊工業新聞(37面) 「社会インフラのリスクとEAM(上)」
  • 2010年5月29日 - フジサンケイビジネスアイ(24面) 「著者は語る 『最新EAMの基本と仕組みがよ~くわかる本』」
  • 2010年6月3日 - 日刊工業新聞(25面) 「社会インフラのリスクとEAM(下)」
  • 2011年9月18日 - 日経ヴェリタス(56面) 「活躍のフィールド広がる「なでしこ会計士」(下)」
  • 2012年9月4日 - BLOGOS 『「財政の見える化」で公会計制度改革! これからのお金の使い方は国民みんなで考えよう 竹谷とし子議員インタビュー[6]
  • 2013年8月13日 - WEB 第三文明『【対談】「財政再建」への道は、まず「財政の見える化」から[7]
  • 2015年3月10日 - WEB 第三文明『公会計改革の実現へ――公明党が全国で推進する「財政の見える化」[8]

人物[編集]

  • 実家は、干物珍味造りなど地元の水産加工業を営む。兄4人、姉1人の6人兄妹の末っ子である[1]
  • 小中学生時代のあだ名は「とっこ」[1]
  • 日本の女性国会議員としては唯一の公認会計士である[9]。公認会計士には学生時代の1991年に現役合格している。
  • 愛猫家であり、「ネコを見た瞬間ネコ語になる」説を認めている[10]
  • オタク文化にも理解が深い。自宅にはボーカロイドの仮想アイドル・初音ミクフィギュアが並んでおり、「初音ミクに癒やされる人たちに共感した。国会議員がフィギュア好きでもいいんじゃない?」と語っている[11]

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]


議会
先代:
横山信一
日本の旗 参議院災害対策特別委員長
2013年 - 2014年
次代:
秋野公造
公職
先代:
葉梨康弘山本博司
日本の旗 財務大臣政務官
大家敏志と共同

2014年 - 2015年
次代:
大岡敏孝中西祐介