大野功統

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本の旗 日本の政治家
大野 功統
おおの よしのり
Yoshinori Ohno.jpg
生年月日 (1935-10-16) 1935年10月16日(81歳)
出生地 日本の旗 日本台湾(現・中華民国の旗中華民国
出身校 東京大学法学部
前職 国家公務員大蔵省
衆議院議員
(香川県第3選挙区支部長)
所属政党 自由民主党山崎派
称号 法学士
レジオンドヌール勲章シュヴァリエ
旭日大綬章
親族 岳父・加藤常太郎(衆議院議員)
長男・大野敬太郎(衆議院議員)

日本の旗 第70-71代 防衛庁長官
内閣 第2次小泉改造内閣
第3次小泉内閣
在任期間 2004年9月27日 - 2005年10月31日

選挙区 旧香川2区→)
香川3区
当選回数 8回
在任期間 1986年7月6日 - 2012年11月16日
テンプレートを表示

大野 功統(おおの よしのり、1935年昭和10年)10月16日 - )は、日本の政治家、大蔵官僚

防衛庁長官(第7071代)、文部科学副大臣第2次森改造内閣)、衆議院議院運営委員長(第62代)、衆議院議員(8期)などを歴任した。

衆議院議員を務めた加藤常太郎は岳父、衆議院議員の大野敬太郎は長男。

来歴[編集]

日本統治時代台湾生まれ[1]。父は大野乾、母はカツエ。台湾で第二次世界大戦敗戦を迎える。小学校が閉鎖されたため、引き揚げまでは新聞配達のアルバイトをして過ごしていた[1]1947年香川県三豊郡豊浜町(現観音寺市)に引き揚げ[1]高松第一高等学校東京大学法学部卒業。大学卒業後、大蔵省に入省。入省同期に柿澤弘治(元外務大臣)、尾崎護角谷正彦ら。国際機構課長を経て退官し、1978年香川県知事選挙に出馬したが、惜敗。1986年第38回衆議院議員総選挙に、引退する岳父・加藤常太郎に代わり自由民主党公認で旧香川県第2区から出馬し、初当選する。1996年以降は小選挙区比例代表並立制の導入に伴い、香川県第3区から出馬し当選を重ねる。

2004年第2次小泉改造内閣防衛庁長官に任命され、第3次小泉内閣まで務める。2007年12月、日朝国交正常化を目指す議員連盟・自民党朝鮮半島問題小委員会を立ち上げ、副委員長に就任した。

2009年第45回衆議院議員総選挙では、自民党に全国的に猛烈な逆風が吹き荒れる中、香川3区で8回目の当選。2011年6月、同じ近未来政治研究会(山崎派)に所属する甘利明経済産業大臣が立ち上げた政策グループ「さいこう日本」に参加。2012年8月、次期衆議院議員総選挙に出馬せず、政界を引退する意向を表明した[2]。同年12月の第46回衆議院議員総選挙では、香川3区からは大野の政策秘書である長男・敬太郎が自民党公認で出馬し、初当選した。

人物[編集]

政策[編集]

所属団体・議員連盟[編集]

家族・親族[編集]

大野家[編集]

香川県三豊郡豊浜町(現観音寺市))
  • (元香川県副知事
    明治38年(1905年)生[5]香川県出身[5]大阪外語仏文科卒[5]台湾総督府に入り昭和22年(1947年香川県庁に移り[5]、三豊地方事務所長、渉外食糧各課長、経済部長、出納長を経て昭和32年(1957年)3月副知事に就任[5]
    大野によれば「オヤジは何事も真面目にやる男だった。踊りを習えば、家庭に帰って来ても、夜更に至るまでレコードをかけておさらいをしていた。死ぬ直前は真剣に字を習っていた。毎夜欠かさず墨をすった。忙しかったのであろう。連夜十二時近くに帰ってきても、それから酒を飲みながら何度となく同じ字を練習した。酒がまわってくると書いた字を自慢した。われわれ見物人がそれをほめないと機嫌が悪かった。そして一区切りつくと、親子はとりとめのない世間話をした。そこには、憂き世を忘れた天真らんまんのオヤジの姿があった。わたくしはそんなオヤジが一番好きであった。」という。
  • 姉は大阪大学教授藤田広志に嫁いだ。
  • 家族は妻、一男、一女。妻とは見合い結婚であった。

親戚[編集]

著書[編集]

  • 『ウォームハート-構造改革のあとにくるもの-』パレード発行、星雲社発売、2006年7月
  • 『特恵関税』日本関税協会、1969年。
  • 『南と北-世界経済の新路-』日本関税協会、1968年2月

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 首相官邸ホームページ
  2. ^ 大野氏「明鏡止水の心境」 今期限り政界引退表明
  3. ^ 野田聖子「選択的夫婦別姓制度」2001年11月6日
  4. ^ “甘利氏の「さいこう」発会式 自民党議員19人が参加”. 産経新聞. (2011年6月23日). http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/politics/politicsit/513880/ 2011年7月31日閲覧。 
  5. ^ a b c d e 第二十一版 大衆人事録 西日本編』お二三二頁

外部リンク[編集]

議会
先代:
鳩山邦夫
日本の旗 衆議院議院運営委員長
第62代:2002年 - 2003年
次代:
武部勤
先代:
杉山憲夫
日本の旗 衆議院運輸委員長
1997年 - 1998年
次代:
石破茂
公職
先代:
石破茂
日本の旗 防衛庁長官
第70-71代:2004年 - 2005年
次代:
額賀福志郎
先代:
(創設)
日本の旗 文部科学副大臣
河村建夫と共同
2001年
次代:
青山丘
岸田文雄