白木義一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
白木 義一郎
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 東京都
生年月日 1919年9月20日
没年月日 (2004-01-25) 2004年1月25日(84歳没)
身長
体重
174 cm
66 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1946年
初出場 1946年
最終出場 1952年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

白木 義一郎(しらき ぎいちろう、1919年大正8年)9月20日 - 2004年平成16年)1月25日)は、日本プロ野球選手投手)・政治家

日本プロ野球界出身者初の国会議員創価学会の会員であり、初代大阪支部長、ついで、初代関西総支部長も務めた。池田大作の妻の従兄弟にあたる[1]。また、池田の著書『人間革命』に登場する「春木征一郎」のモデルともなっている[2]

球歴[編集]

エピソード[編集]

  • 顎が長い風貌の為、チームメイトから「ロング・ロング・アゴー」と呼ばれた事がある。[3]
  • 東急在籍中は白木が登板する試合で、相手の打者がピッチャーゴロになると、白木はそのまま一塁手の飯島滋弥に送球せずに捕手の熊耳武彦に一旦送球して、熊耳が飯島に送球するというトリックプレーを度々見せていた。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1946 セネタース
東急
急映
東急
59 48 43 4 7 30 22 -- -- .577 1843 440.0 414 13 111 -- 6 158 6 0 169 126 2.58 1.19
1947 59 45 44 6 8 26 25 -- -- .510 1745 439.0 364 15 67 -- 9 121 1 0 127 85 1.74 0.98
1948 25 24 19 2 3 7 12 -- -- .368 817 199.2 196 2 35 -- 1 59 1 1 69 62 2.79 1.16
1949 35 29 24 2 9 16 14 -- -- .533 1018 248.2 250 22 36 -- 1 88 1 2 116 101 3.65 1.15
1950 37 31 23 2 9 14 13 -- -- .519 1097 264.0 281 26 35 -- 2 82 0 0 121 99 3.38 1.20
1951 18 17 7 0 3 4 10 -- -- .286 495 112.2 140 12 19 -- 1 21 0 1 73 51 4.06 1.41
1952 阪急 9 2 0 0 0 0 2 -- -- .000 104 21.0 38 0 4 -- 0 5 0 0 19 18 7.71 2.00
通算:7年 242 196 160 16 39 97 98 -- -- .497 7119 1725.0 1683 90 307 -- 20 534 9 4 694 542 2.83 1.15
  • 各年度の太字はリーグ最高
  • セネタースは、1947年に東急(東急フライヤーズ)に、1948年急映(急映フライヤーズ)に、1949年東急(東急フライヤーズ)に球団名を変更

タイトル[編集]

背番号[編集]

  • 18 (1946年 - 1951年)
  • 15 (1952年)

経歴[編集]

白木義一郎
しらき ぎいちろう
Giichiro Shiraki 01.jpg
1956年頃撮影
所属政党 (無所属→)
(公明政治連盟→)
公明党
称号 勲一等旭日大綬章

選挙区 大阪府選挙区
当選回数 5回
在任期間 1956年7月9日 - 1986年7月6日
テンプレートを表示

    8月26日 - 創価学会関西総支部長に就任。

出典[編集]

  1. ^ 聖教新聞』、2004年1月28日付
  2. ^ 池田大作『人間革命』第10巻
  3. ^ 辺見じゅん『大下弘 虹の生涯』新潮社、1992年、ISBN 4103846011
  4. ^ 聖教新聞』、2004年1月28日付

関連項目[編集]


議会
先代:
羽生三七
日本の旗 参議院懲罰委員長
1968年 - 1970年
次代:
中尾辰義