木村俊夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
木村 俊夫
きむら としお
Toshio Kimura.jpg
木村俊夫(1971年)
生年月日 1909年1月15日
出生地 日本の旗 日本 三重県東員町
没年月日 (1983-12-01) 1983年12月1日(74歳没)
死没地 日本の旗 日本 東京都
出身校 東京帝国大学(現・東京大学
前職 逓信省官僚運輸省官僚
所属政党 (無所属→)
自由党→)
自由民主党
称号 勲一等旭日大綬章
親族 祖父・木村誓太郎
父・木村秀興

日本の旗 第101代 外務大臣
内閣 第2次田中第1次改造内閣
第2次田中第2次改造内閣
在任期間 1974年7月16日 - 1974年12月9日
テンプレートを表示

木村 俊夫(きむら としお、1909年(明治42年)1月15日 - 1983年(昭和58年)12月1日)は、日本政治家佐藤栄作が最も信頼した側近の一人。

来歴・人物[編集]

1909年(明治42年)三重県東員町生まれ。後に東員町名誉町民となる。祖父・木村誓太郎、父・木村秀興はいずれも衆議院議員第三高等学校 (旧制)を経て、1938年(昭和13年)東京帝国大学法学部卒業の法律科と政治科卒業。[1]高等文官試験に合格して逓信省に入省するも、後に運輸省に転ずる。戦後佐藤栄作に口説かれ、運輸省海運総局総務課長から政界に転身、1949年(昭和24年)の第24回衆議院議員総選挙旧三重1区から保守系無所属で当選(当選同期に池田勇人前尾繁三郎橋本龍伍麻生太賀吉小渕光平西村英一橋本登美三郎塚原俊郎藤枝泉介稲葉修河本敏夫森山欽司床次徳二有田喜一など)。吉田茂が率いる自由党に所属する。当選12回。

目立たない存在であったが佐藤政権が発足すると、1966年(昭和41年)から1971年(昭和46年)にかけて内閣官房の柱として沖縄返還交渉に取り組み、一躍注目されるようになった。1966年(昭和41年)内閣官房副長官1967年(昭和42年)に病気のため退任した福永健司の後を継いで内閣官房長官に登用されるも、翌年の1968年(昭和43年)に佐藤の要請を受け、保利茂に官房長官を譲り木村は再び副長官に戻った。この間沖縄の「核抜き本土並み返還」の実現に尽力した。

その後1971年(昭和46年)に経済企画庁長官に就任。その間、外務大臣を務めていた福田赳夫胆石手術で入院した際には外務大臣臨時代理を務めた。

1972年(昭和47年)の佐藤首相退陣による自由民主党総裁選挙に伴う佐藤派分裂に際しては佐藤の意を体して福田赳夫を支持するも、1974年(昭和49年)に第2次田中角榮内閣において外務大臣に起用された。現職外相として初めてナイジェリアなどサハラ砂漠以南のアフリカ4ヶ国を訪問した。

その後は「最後の佐藤派」として無派閥で通した。また1977年(昭和52年)自由民主党アジア・アフリカ問題研究会(AA研)の代表世話人に就任。党内ハト派の代表的存在として重きをなした。1983年(昭和58年)11月3日、勲一等旭日大綬章を受章。同年12月1日に死去。享年74。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「日本政治史に残る三重県選出国会議員」の190ページの記述。(著者)廣新二。出版年は1985年(昭和60年)三重県選出自由民主党議員の「木村俊夫」の項目


議会
先代:
藤井勝志
日本の旗 衆議院外務委員長
1973年 - 1974年
次代:
有田喜一
先代:
簡牛凡夫
日本の旗 衆議院運輸委員長
1962年 - 1963年
次代:
川野芳満
公職
先代:
大平正芳
日本の旗 外務大臣
第101代:1974年
次代:
宮澤喜一
先代:
佐藤一郎
日本の旗 経済企画庁長官
第21代:1971年 - 1972年
次代:
有田喜一
先代:
亀岡高夫
竹下登
日本の旗 内閣官房副長官 (政務担当)
1968年 - 1971年
1966年 - 1967年
次代:
三原朝雄
亀岡高夫
先代:
福永健司
日本の旗 内閣官房長官
第32代:1967年 - 1968年
次代:
保利茂