西徳二郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
西徳二郎

西 徳二郎(にし とくじろう、1847年9月4日弘化4年7月25日) - 1912年3月13日)は、日本外交官枢密顧問官薩摩藩出身の男爵

若年のころはロシアの帝都サンクトペテルブルクに遊学し、その後はロシア・中国()両勢力圏に挟まれる中央アジアを調査した経歴を持つ。19世紀末に外務大臣を務め、日本とロシアの韓国問題を調停したことで知られる。子に、乗馬の選手として1932年のロサンゼルスオリンピックで活躍し、のち太平洋戦争末期の硫黄島の戦いで戦没した「バロン西」こと西竹一陸軍大佐がいる。

経歴[編集]

栄典[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『官報』第3644号「叙任及辞令」1895年8月21日。
  2. ^ 『官報』第4005号「叙任及辞令」1896年11月2日。

参考文献[編集]

  • 西徳二郎 『中亜細亜紀事』 <異域叢書>青史社、1987年(この著作は1886年に記した)。
  • シルクロード紀行1 中亜細亜紀事』 金子民雄訳
     <海外渡航記叢書3>雄松堂出版、1990年。
  • 『日本外交史人物叢書第2巻 男爵西徳二郎伝』 坂本辰之助 
     ゆまに書房、2002年、吉村道男監修、初版1933年。
  • 金子民雄 『中央アジアに入った日本人』 中公文庫、1992年。

外部リンク[編集]


先代:
大隈重信
外務大臣
第12・13代:1897 - 1898
次代:
大隈重信