金杉憲治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

金杉 憲治(かなすぎ けんじ、1959年9月11日[1] - )は、日本外交官内閣総理大臣秘書官外務省経済局長等を経て、外務省アジア大洋州局長。

経歴・人物[編集]

東京都豊島区出身[2]東京都立竹早高等学校を経て[3]、1983年一橋大学法学部卒業、外務省入省[4]北米局北米第二課長[5]等を経て、2011年には外務省大臣官房総務課長として東日本大震災への各国の緊急支援に対応した[6][7]。同年アジア大洋州局参事官。同年内閣総理大臣秘書官[8]

再びアジア大洋州局参事官を務めたのち[9][10]、同審議官を経て[11]、2014年在大韓民国日本国大使館総括公使。兼社団法人如水会ソウル支部長。2015年には「竹島の日」記念式典松本洋平内閣府大臣政務官が出席したことを受け韓国外交部に呼び出され抗議を受けた[12][13]

2015年外務省経済局長。2016年から外務省アジア大洋州局長[14][15]として北朝鮮によるミサイル発射実験などに対応し[16]六者会合首席代表も務めた[17]。また、2018年米朝首脳会談2019年米朝首脳会談では、現地で情報収集等にあたった[18][19][20]

同期[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『読売年鑑 2017年版』(読売新聞東京本社、2017年)p.221
  2. ^ 「金杉 憲治」
  3. ^ 「第4回 篁会特別セミナー報告」東京都立竹早高等学校同窓会篁会会報2012年No23
  4. ^ 「外務次官に杉山氏決定 アジア大洋州局長は金杉氏 」日本経済新聞2016/6/14
  5. ^ [1]経済産業省
  6. ^ 「東日本大震災時の国際緊急支援受入れと外務省」
  7. ^ 「ARCHIVE」霞関会
  8. ^ 「野田内閣2日発足 細野・平野氏留任、玄葉氏も入閣へ」朝日新聞デジタル2011年9月2日3時2分
  9. ^ 「第183回国会 外務委員会 第2号」国会
  10. ^ 「「第15回 日韓漁業共同委員会」の開催について」水産庁
  11. ^ [2]
  12. ^ 「韓国が竹島の日で公使呼び抗議 政務官出席に」琉球新報2015年2月23日 11:34
  13. ^ 「平成27年7月 定例理事会議事録 」如水会
  14. ^ [3]
  15. ^ 「新しい「霞が関の顔」官僚人事でサプライズは?」日刊工業新聞2016年06月18日
  16. ^ 「米国・韓国と「圧力最大限まで」を確認 外務省幹部」産経ニュース2017.11.29 07:00
  17. ^ 「日本の6者協議首席代表に金杉憲治氏、韓日外相級会議代表も」東亜日報Posted June. 15, 2016 07:26, Updated June. 15, 2016 07:53
  18. ^ 「シンガポールへ安保局長ら派遣 米朝会談の情報収集」2018/6/9付日本経済新聞 朝刊
  19. ^ 「政府高官2人をシンガポールに派遣 米朝首脳会談の情報収集へ」産経ニュース2018.6.8 20:15
  20. ^ 「外務省局長をハノイに派遣 米朝首脳会談控え 」日本経済新聞2019/2/22 20:35
先代:
斎木尚子
外務省経済局長
2015年-2016年
次代:
山野内勘二