井口貞夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

井口 貞夫(いぐち さだお、1899年10月18日 - 1980年5月27日)は、日本外交官外務事務次官や在アメリカ合衆国特命全権大使を務めた。1969年勲一等瑞宝章

来歴・人物[編集]

和歌山県生まれ。旧制徳義中学校、旧制和歌山中学校(のち和歌山県立桐蔭高等学校)を経て、旧制東京商科大学一橋大学の前身)入学。

1921年高等試験外交科試験合格し、1922年大学を中退し外務省入省。オックスフォード大学留学等を経て、1940年アメリカ合衆国日本大使館一等書記官1941年同大使館参事官1942年太平洋戦争開戦に伴い交換船で帰国。

1945年終戦連絡中央事務局総務部長兼政治部長、1946年から1950年まで公職追放[1]、、1951年1月外務事務次官就任、1952年5月初代在カナダ特命全権大使、1954年1月から1956年8月まで在アメリカ合衆国特命全権大使、1957年日本電波塔(東京タワー)副社長、1959年4月在中華民国(台湾)特命全権大使。1963年退官。1973年財団法人交流協会設立発起人。

戦後、駐米大使館の怠慢で、太平洋戦争開戦時に宣戦布告を通知する外務省からの文書を英語に翻訳・浄書するのが遅れたとされる宣戦通告遅延問題について、井口が勤務していた駐米大使館に落ち度があったとの指摘を受け、館務統括者としての責任を問われている。

親族[編集]

妻は外交官で外務大臣や駐中華民国大使等を務めた芳沢謙吉の娘。

外交官として外務省官房審議官、駐ニュージーランド大使を務めた井口武夫(妻・捷子は浅尾新甫日本郵船社長の長女)は子。

なお、井口武夫は外務省退職後、東海大学教授、尚美学園大学教授を歴任し、宣戦通告遅延問題について、父親の勤務していた駐米大使館に落ち度はなく、通告の遅れは全て本省と軍部が責任を負うべきものであったとの主張を行なっている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『日本近現代人物履歴事典』38頁。