河相周夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

河相 周夫(かわい ちかお、1952年(昭和27年)11月22日 - 、65歳)は、日本外交官侍従長(第9代)。

外務省北米局長、外務省総合外交政策局長、内閣官房副長官補外務事務次官、外務省顧問、式部官長などを歴任した。

人物[編集]

東京都出身。1975年(昭和50年)一橋大学経済学部を卒業し、外務省に入省する。2005年(平成17年)外務省北米局長就任。2006年(平成18年)4月にヒル国務次官補東京都内のホテルで会談、BSE問題に絡み米国産牛肉の全面輸入禁止措置がとられていることについてヒル次官補から早期解禁を要求されたのに対し、米国の検査体制整備がなされない限り輸入解禁はできない旨を告げた[1]。同年6月にもヒル国務次官補と外務省で会談し、北朝鮮に対するミサイル防衛アメリカ軍と連携を強化する方針を確認した[2]

2012年(平成24年)9月11日外務事務次官就任[3]。同年靖国神社・日本大使館放火事件犯人に対し引き渡し拒絶決定がなされたことに関し、申珏秀駐日韓国大使に遺憾である旨の抗議及び要請を行った。2012年(平成24年)9月24日、沖縄県尖閣諸島問題を話し合うため中国を訪問し、同25日張志軍中国外交部筆頭副部長と4時間に渡り会談した[4]。双方は協議継続で一致したものの、議論は平行線のままで、関係改善の糸口を見いだすには至らなかった[5][6]。 2013年(平成25年)1月に訪米、バーンズ国務副長官ラッセル国家安全保障会議アジア上級部長と安倍晋三首相の2月訪米への調整を行った。

2013年(平成25年)6月、通常2年以上の在職期間となる外務事務次官職を10ヶ月弱で退任。次官就任前から作家の佐藤優による批判をたびたび受けており、佐藤はこの次官退任劇についても安倍首相による事実上の更迭であるとしているが[7]、同月に小笠原倫明総務事務次官真砂靖財務事務次官金子順一厚生労働事務次官坂篤郎日本郵政社長が、いずれも就任1年を満たずに退任した他、7月には森口泰孝文部科学事務次官も退任し、さらにこれに先立って3月に金沢博範防衛事務次官も退任、2012年(平成24年)12月には梅本和義内閣官房副長官補が就任1ヶ月ほどで退任していたなど、次官級職員の異例の退任が相次ぐ中での人事だった。

外務省顧問等を経て、2014年(平成26年)9月1日宮内庁式部官長。同年12月、美智子皇后ベルギー行啓に随行した他、2015年(平成27年)4月の今上天皇・皇后両陛下のパラオ行幸啓を事務方として取り仕切った[8]。 2015年(平成27年)5月1日から侍従長[9][10]。2016年(平成28年)5月半ばから始まった風岡典之宮内庁長官らとの「4+1」会合に参加し、天皇譲位のための検討を進めた[11]

経歴[編集]

  • 1952年(昭和27年)11月 - 東京都出身
  • 1975年(昭和50年)3月 - 一橋大学経済学部卒業
  • 1975年(昭和50年)4月 - 外務省入省
  • 1989年(平成元年)12月 - 在アメリカ合衆国日本国大使館参事官
  • 1995年(平成7年)1月 - 外務省アジア局南東アジア第一課長
  • 1996年(平成8年)1月 - 総合外交政策局企画課長
  • 1996年(平成8年)1月 - 外務大臣(池田行彦小渕恵三秘書官事務取扱
  • 1997年(平成9年)9月 - 総合外交政策局企画課長
  • 1998年(平成10年)2月 - 外務省総合外交政策局総務課長
  • 2000年(平成12年)12月 - 外務省大臣官房外務参事官北米局参事官
  • 2001年(平成13年)1月 - 外務省大臣官房参事官兼北米局参事官
  • 2001年(平成13年)9月 - 駐アメリカ合衆国特命全権公使
  • 2005年(平成17年)1月 - 外務省北米局長
  • 2007年(平成19年)1月 - 外務省総合外交政策局長
  • 2008年(平成20年)7月30日 - 内閣官房副長官補(外政担当)
  • 2008年(平成20年)9月25日 - 外務省大臣官房長
  • 2009年(平成21年)1月30日 - 外務省大臣官房外務省支出総点検担当室長 併任
  • 2010年(平成22年)1月15日 - 内閣官房副長官補(外政担当)
  • 2012年(平成24年)9月11日 - 外務事務次官
  • 2013年(平成25年)6月28日 - 退官、外務省顧問
  • 2013年(平成25年)8月1日 - 株式会社伊藤園顧問
  • 2014年(平成26年)9月1日 - 宮内庁式部官長
  • 2015年(平成27年)5月1日 - 侍従長

同期[編集]

著作[編集]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 日本経済新聞2006年4月12日
  2. ^ 日本経済新聞2006年9月5日
  3. ^ 駐米大使に佐々江氏=丹羽大使交代を決定―政府 ウォール・ストリート・ジャーナル ジャパン 2012年9月11日閲覧
  4. ^ 河相次官北京入り=中国「誤り改めよ」と要求”. 時事ドットコム (2012年9月24日). 2012年9月24日閲覧。
  5. ^ 「日本は幻想捨て誤り正せ」=中国、尖閣問題「棚上げ」促す-外務次官会談”. 時事ドットコム (2012年9月25日). 2012年9月25日閲覧。
  6. ^ 日中外務次官会談 関係改善の糸口もみえず、外相会談も決められず”. MSN産経ニュース (2012年9月25日). 2012年9月25日閲覧。
  7. ^ 河相周夫外務事務次官の辞任は事実上の更迭 佐藤優氏が指摘 SAPIO/ニュースポストセブン 2013年7月12日
  8. ^ 川島侍従長が勇退 後任に河相式部官長 8年ぶり交代”. 朝日新聞デジタル (2017年4月24日). 2017年5月1日閲覧。
  9. ^ 川島侍従長が勇退 後任に河相式部官長 8年ぶり交代”. 朝日新聞デジタル (2017年4月24日). 2017年5月1日閲覧。
  10. ^ 侍従長に河相氏が就任へ、式部官長は秋元氏”. 日本経済新聞 (2017年4月24日). 2017年5月2日閲覧。
  11. ^ 「5月から検討加速 宮内庁幹部ら5人」毎日新聞2016年7月14日 15時00分

外部リンク[編集]


先代:
川島裕
侍従長
2015年 -
次代:
-
先代:
小田野展丈
宮内庁式部官長
2014年 - 2015年
次代:
秋元義孝
先代:
林景一
内閣官房副長官補(外政担当)
2010年 - 2012年
次代:
木寺昌人
先代:
安藤裕康
内閣官房副長官補(外政担当)
2008年
次代:
林景一