平松賢司

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
駐ブータン大使としてダムチョ・ドルジ外務大臣(右)を表敬訪問する平松賢司(2016年)

平松 賢司(ひらまつ けんじ、1956年12月22日[1] - )は、日本外交官2011年平成23年)から2012年(平成24年)まで、外務省地球規模課題審議官、2012年から外務省総合外交政策局長、2015年から駐インド特命全権大使。2019年から駐スペイン特命全権大使。

経歴・人物[編集]

大阪府出身。京都大学法学部卒業後、1979年昭和54年)外務省に入省した。外務省南東アジア二課長総合外交政策局安全保障政策課長、外務大臣秘書官事務取扱を経て、2001年からアジア大洋州局北東アジア課長を務め、瀋陽総領事館北朝鮮人亡命者駆け込み事件で、川口順子外務大臣より厳重注意処分を受けた[2]。2003年7月1日から駐米公使兼ハーバード大学研究員。在英国日本国大使館総括公使兼ロンドン総領事、中南米局参事官兼経済局参事官を経て、2008年7月から中南米局審議官兼経済局審議官、2011年(平成23年)1月から外務省地球規模課題審議官、2012年から外務省総合外交政策局長[3]。2015年から駐インド特命全権大使[4]。また、非常駐の駐ブータン特命全権大使も兼轄しており、2018年6月23日にブータンで持たれた日本とブータンの外相会談には、平松大使が駐ブータン日本国大使としてヴェツォプ・ナムギャル駐日ブータン大使と共に同席している[5]。2019年駐スペイン特命全権大使[6]

同期[編集]

( )は現在の役職

脚注[編集]

  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.196
  2. ^ 「在瀋陽総領事館事件に関する処分 」外務省
  3. ^ International Business Green Economies Dialogues” (日本語) (2012年4月4日). 2013年3月22日閲覧。
  4. ^ 「ロシア大使に上月氏を起用 ドイツ大使は八木氏」日本経済新聞2015/11/13
  5. ^ 日・ブータン外相会談 | 外務省
  6. ^ 人事、外務省日本経済新聞2019/9/27 22:32

外部リンク[編集]