西田恒夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

西田 恒夫(にしだ つねお、1947年昭和22年)4月1日 - )は、日本外交官2010年6月から2013年6月まで、国連大使

経歴[編集]

東京都出身。東京大学法学部在学中の1969年(昭和44年)外務上級試験に合格、翌1970年(昭和45年)東大法学部を卒業し外務省に入省した。

外務審議官更迭[編集]

2005年(平成17年)8月、外務省事務方のナンバー2である政務担当外務審議官に就任するが北朝鮮政策をめぐり慎重論を唱えたことと、安倍晋三首相らを批判したことで事実上、更迭され、2007年(平成19年)1月 カナダ大使に任命された。

国連大使[編集]

2010年(平成22年)6月、高須幸雄国連大使の後任に任命された。これは外務省総合外交政策局長として国際連合安全保障理事会改革、常任理事国入りの対策を経験した経歴を買われての起用と観測された[誰によって?]。着任後の8月25日、会見で日本の常任理事国入りも視野に入れた国連安保理改革と、国連を舞台に北朝鮮問題の解決について努力することを表明した[3]

同期[編集]

脚注[編集]

  1. ^ (日本語) 大使館案内・西田大使略歴(日)”. 在カナダ日本国大使館. 2011年3月20日閲覧。
  2. ^ (日本語) 代表部案内”. 国際連合日本政府代表部 Permanent Mission of Japan to the United Nations. 2011年3月20日閲覧。
  3. ^ 新国連大使・西田恒夫氏が着任会見 日テレNEWS24
先代:
谷内正太郎
外務省総合外交政策局長
2002年-2005年
次代:
河野雅治
先代:
飯村豊
外務省経済協力局長
2001年-2002年
次代:
古田肇