吉川元偉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

吉川 元偉(よしかわ もとひで、1951年昭和26年)3月13日 - )は、日本外交官。2013年6月から2016年6月まで国連大使。2017年4月から国際基督教大学特別招聘教授。

人物・経歴[編集]

奈良県御所市出身。1966年奈良県立畝傍高等学校に入学しESSに入部。部長の末吉高明(のちに思想史家・四国学院大学学長)と「松本亨NHKラジオ講座」を勉強する。1968年AFSイリノイ州リロイのリロイ高校に留学。

1974年国際基督教大学教養学部社会学科を卒業する(18期)。大学では柔道部に所属。講道館の黒帯(初段)を取得。

1974年外務省に入る。スペイン語研修としてバリャドリッド大学及びマドリード外交官学校に留学。

外務省中南米局中南米第一課、外務大臣官房人事課、経済協力局無償資金協力課首席事務官、経済局国際機関第二課長、総合外交政策局国連政策課長、経済協力局審議官、国連日本政府代表部政治担当大使、中東アフリカ局長を経て、2006年9月から駐スペイン大使。スペイン最高位イサベラ女王勲章受章。

2009年3月から初代アフガニスタンパキスタン支援担当大使。現在は、経済協力開発機構(OECD)日本政府代表部大使。2010年12月16日、経済協力開発機構(OECD)理事会は、吉川大使を、2011年の理事会に次ぐ最高意思決定機関である執行委員会議長に任命した[1]。2013年6月から2016年6月まで国連大使をつとめた。

2017年4月より、母校である国際基督教大学の特別招聘教授を務める。

妻はスペインで知り合ったフランス人

同期[編集]

脚注[編集]

  1. ^ (日本語) 吉川元偉大使の経済協力開発機構(OECD)執行委員会議長任命”. 外務省ホームページ. 2010年12月17日閲覧。

外部リンク[編集]

先代:
服部則夫
OECD代表部大使
2010年-2013年
次代:
兒玉和夫
先代:
小川郷太郎 (外交官)
アフガニスタン・パキスタン支援担当大使
2009年 - 2010年
次代:
山本忠通
先代:
堂道秀明
外務省中東アフリカ局長
2004年 - 2006年
次代:
奥田紀宏