佐藤嘉恭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

佐藤 嘉恭(さとう よしやす、1934年9月27日 - )は外交官外務省大臣官房長、駐中華人民共和国特命全権大使などを務めた。

人物[編集]

チャイナ・スクールとみなされることが多いが、実際は英語研修を受けたアメリカ・スクールで、経済と日米外交が専門であった。

経歴[編集]

論文[編集]

  • 「私の提言 「歴史が求める指導的国家」へ向けて」(外交.17(2)(通号98)2001年6月7日)
  • 「私の提言 隣国に深い思いを--新世紀を迎えるにあたり」(外交.16(5)(通号95)2000年1月12日)
  • 「私の提言 サミットは文明の融和役を」(外交.16(2)(通号92)2000年6月)
  • 「日中両国の国益を踏まえて理解を深める--前中国駐在日本大使・佐藤嘉恭氏に聞く」(北京週報.38(13)(通号1882)2000年3月28日)
  • 「新春対談 21世紀に向けての世界秩序を考える--米・中・日を中心として」(住生総研レポート.11(12)(通号128)2000年1月)
  • 「座談会 中国経済の発展と日本の役割(特集 建国50周年を迎えた中国の現状と展望)」(にちぎんクオータリー.14(4)(通号56)1999年12月)
  • 「21世紀の米・中・日関係への視点--「三国志」的発想を排す--対話:前駐中国大使 佐藤嘉恭・東京大学東洋文化研究所教授 田中明彦」(公研.37(5)(通号429)1999年5月)
  • 「2年目にはいった江・朱体制下の中国」(日本工業倶楽部木曜講演会講演要旨(通号 1114)1999年5月13日)
  • 「現地対談 21世紀の日中関係--歴史・文明・国際関係(中国--徹底分析 香港返還、日中関係の将来(日中国交正常化25周年))」(外交フォーラム.10(10)1997年9月)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 〔名門高校の校風と人脈〕/238 成城学園高校/上(私立・東京都世田谷区)=猪熊建夫エコノミスト 第95巻 第17号 通巻4498号(2017.4.25)
公職
先代:
渡邊幸治
日本の旗 外務省経済局長
1988年 - 1989年
次代:
林貞行