宮本雄二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

宮本 雄二(みやもと ゆうじ、1946年昭和21年)7月3日 - )は日本外交官外務大臣秘書官外務省軍備管理・科学審議官等を経て、在中華人民共和国特命全権大使などを歴任。現在は宮本アジア研究所代表、外務省顧問、日本日中関係学会会長、一般社団法人外国語通訳検定協会(FLICA)理事、財団法人日本漢字能力検定協会理事、日本凸版印刷株式会社顧問、公益財団法人日中友好会館副会長。

略歴[編集]

福岡県立修猷館高等学校[1]京都大学法学部卒業。大学在学中の1968年に外務公務員採用上級試験合格に合格し、大学を卒業した1969年に外務省入省。同期には、谷内正太郎田中均今井正財団法人交流協会台北事務所長、国際情報局長)、飯村豊重家俊範堀村隆彦(駐ブラジル大使、中南米局長)、藤崎一郎(駐米大使、外務審議官、北米局長)など。

1978年国際連合日本政府代表部一等書記官、1981年在中華人民共和国日本大使館一等書記官、1983年外務省欧亜局ソヴィエト連邦課首席事務官、1985年外務省国際連合局軍縮課長、1987年外務大臣官房外務大臣秘書官事務取扱、1989年外務省情報調査局企画課長、1990年外務省アジア局中国課長、1991年イギリス国際戦略研究所研究員、1992年外務省研修所総括指導官・副所長、1994年アトランタ総領事

1997年から在中華人民共和国日本大使館特命全権公使杉本信行公使とともに務めた。

2001年軍備管理・科学審議官組織軍備管理・科学審議官(大使)、2002年駐ミャンマー特命全権大使、2004年沖縄担当大使。

2006年から駐中特命全権大使。前任の阿南惟茂大使同様いわゆるチャイナ・スクール出身とされ、北京駐在も3回を数える。

中国の国営通信社である新華社の前外事局長の虞家復が国家機密漏洩罪で逮捕され、宮本雄二から大使就任後に現金約300万円を直接手渡されたとの証言をしたと報道された。日本大使館では「裁判についてはコメントしようがない」とのコメントをおこなっている。[2]

2010年10月、日本日中関係学会会長。2010年12月、外務省顧問。

2012年5月、公益財団法人日中友好会館副会長。

発言[編集]

2012年7月7日の朝日新聞で、尖閣諸島中国漁船衝突事件について「中国側は、日本が仕組んでああいう事件を起こし、国内法を初適用することで実効支配を強めようとしている、と受け取ったのではないか」などと述べた[3]

同期[編集]

著書[編集]

単著[編集]

  • 『これから、中国とどう付き合うか』(日本経済新聞出版社, 2011年)
  • 『激変 ミャンマーを読み解く』(東京書籍, 2012年)

監修[編集]

  • 『若者が考える「日中の未来」Vol① 日中間の多面的な相互理解を求めて』(日本僑報社, 2015年)

参照[編集]

  1. ^ 東京修猷会 第569回二木会(2010年10月14日(木))
  2. ^ http://sankei.jp.msn.com/world/china/090514/chn0905142149007-n1.htm
  3. ^ 2012年7月7日朝日新聞、若宮啓文朝日新聞主筆らとの対談で。

外部リンク[編集]

公職
先代:
服部則夫
日本の旗 外務省軍備管理・科学審議官
2001 - 2002
次代:
天野之弥