股野景親

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

股野 景親(またの かげちか、1935年1月16日 - 2007年7月17日)は、日本外交官公正取引委員会委員。京都ノートルダム女子大学大学院客員教授従三位瑞宝重光章

来歴[編集]

熊本県熊本市出身[1]東京都立日比谷高等学校を経て、1958年に東京大学法学部卒業後、1958年外務省入省。同期には斎藤邦彦佐藤嘉恭ら。アジア局北東アジア課長、大臣官房在外公館課長、在アトランタ総領事を経て、駐中国公使臨時代理大使)。1986年に駐ベトナム特命全権大使。1989年1月法務省入国管理局長、1991年12月公正取引委員会委員に就任。1994年、駐スウェーデン特命全権大使に。1997年12月依願免官。のち京都ノートルダム女子大学大学院の客員教授に就任。2007年、肺炎のため72歳で死去[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b “股野景親氏死去 元駐スウェーデン、ベトナム大使”. 共同通信社. 47NEWS. (2007年7月20日). http://www.47news.jp/CN/200707/CN2007072001000417.html 2012年9月3日閲覧。