大鷹正次郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

大鷹 正次郎(おおたか しょうじろう、1892年明治25年)2月15日[1] - 1966年(昭和41年)11月4日[1])は、日本外交官。駐ラトビア公使

経歴[編集]

岩手県出身[2]1917年大正6年)、東京帝国大学法科大学を卒業し、翌年に高等試験外交科に合格した[2]。外交官補としてベルギーに、ついで領事官補としてハルビン天津に勤務した[3]。さらにドイツ大使館三等書記官、オーストリア公使館三等書記官、オランダ公使館二等書記官、ベルギー公使館一等書記官、満州国大使館一等書記官、青島総領事を歴任[3]1938年(昭和13年)、駐ラトビア公使に任命され、駐リトアニア公使・駐エストニア公使も兼ねた[2]

家族[編集]

子息の大鷹弘大鷹正大鷹市郎、孫の大鷹正人も外交官を務めた。参議院議員を務めた山口淑子や、日本チェコ友好協会会長を務めた大鷹節子は義娘。

脚注[編集]

  1. ^ a b 戦前期官僚制研究会編『戦前期日本官僚制の制度・組織・人事』東京大学出版会、1981年、p.58。
  2. ^ a b c 日本官界名鑑 1940.
  3. ^ a b 大衆人事録 1937.

参考文献[編集]

  • 帝国秘密探偵社編『大衆人事録 第12版』帝国秘密探偵社、1937年。
  • 日本官界情報社編『日本官界名鑑 昭和十五年版』日本官界情報社、1940年。