杉村虎一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

杉村 虎一(すぎむら こいち、安政4年5月10日[1]1857年6月1日) - 昭和13年(1938年2月10日[2])は、日本の外交官。駐メキシコ公使、駐スウェーデン公使、駐ドイツ大使

経歴[編集]

石川県出身。1976年明治9年)、司法省法学校を卒業し[1]司法省に出仕した[2]。同省での勤務のかたわら明治法律学校(のちの明治大学)にも出講[3]1884年(明治17年)、外務省御用掛に転じ、交際官試補、公使館書記官、駐メキシコ弁理公使、同公使、スウェーデン公使、ドイツ大使を歴任[1]1914年大正3年)、日独戦争のため帰国した[1]。退官後は明治大学の理事や名誉顧問・商議員などの役職を務めた。

栄典[編集]

位階
勲章

親族[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f 人事興信録 1915.
  2. ^ a b 外務省外交史料館日本外交史辞典編纂委員会『新版 日本外交史辞典』山川出版社、1992年、440頁。
  3. ^ 『明治大学小史―人物編』 18-19頁
  4. ^ 『官報』第5920号「叙任及辞令」1903年3月31日。
  5. ^ 『官報』第5848号「叙任及辞令」1902年12月29日。

参考文献[編集]

  • 人事興信所編『人事興信録 第4版』人事興信所、1915年。
  • 明治大学史資料センター 『明治大学小史―人物編』 学文社、2011年 ISBN 978-4-7620-2217-3